FC2ブログ






水上温泉へ日帰り旅行 (その2)

こちらから続いています(クリックすると移動します)


上野駅から高崎駅までは電気機関車で、
高崎駅からは蒸気機関車D-51に引っ張られる[奥利根号]、
水上駅へ向かって山を登ります。

高崎駅から1時間・・・

081012-渋川駅

渋川駅に到着。
ここでイベントを行う為に30分ほど停車、
『 こー 』はその様子を少し離れて見てみる事に・・・

081012-渋川駅 (1)

こちら、隣のホームから撮った様子ですが、すっごい人です(汗
[奥利根号]に乗ってる人の大多数がD-51に群がってます。
人波が引くのを待って・・・

081012-渋川駅 (2)

081012-渋川駅 (4)

081012-渋川駅 (5)

改めてD-51を撮ってみました♪
やっぱり重厚でカッコいいです☆
ここでは運転台が公開され、お子様向けの撮影イベントが行われていましたが、
共に大盛況のうちに終了。
定刻で沼田駅を出発、ここから先は登りもさらに厳しくなっていきます。

沼田駅 → 後閑(ごかん)駅と進んで行く中、
車内ではジャンケン大会が行われました。
勝ち抜けると記念品がもらえるとの事、ジャンケン大会は3回行われたんですけど、
そのうちの1回で、なんと!『 こー 』一行様が勝ち抜けまして(笑
こちら・・・

081012-SLステッカー

[奥利根号]のステッカーを頂いてしまいました(v
無欲の勝利です(違

ジャンケン大会後には・・

081012-SL記念乗車証

081012-SL記念乗車証 (1)

この記念乗車証も配られました♪

渋川駅から1時間、スピードもあまり出せないくらいの登りが続きました。
山並みも目の前に迫ってきた頃・・・

081012-水上駅

[奥利根号]は終点の水上(みなかみ)駅に到着☆

081012-水上駅 (1)

081012-水上駅 (2)

081012-水上駅 (3)

081012-水上駅 (4)

ここまで引っ張ってきたD-51が切り離されました。
その先へ行ってみると・・・

081012-水上駅転車台

「転車台」がありました(画像右が高崎方面、左が越後鵜沢・長岡・新潟方面。)
蒸気機関車は電気機関車や電車と違って運転台が片方にしか付いてません、
向きを180度入れ換えないと「逆向き」に走る事が出来ないんです。
(後進は出来ますが、長距離走行には適していません。)
D-51はここで折返して、数時間後には再び高崎駅まで[奥利根号]を
引っ張っていかなければなりません・・・
そこで、この転車台を使って180度向きを変える事になります。

先ほどの様に切り離した向きに走って行って待避線へ、そこから・・・

081012-水上駅転車台 (1)

081012-水上駅転車台 (2)

後進で入ってきて・・・(画像の奥が高崎方面)

081012-水上駅転車台 (3)

081012-水上駅転車台 (4)

081012-水上駅転車台 (5)

081012-水上駅転車台 (6)

これで180度向きが変わりました・・・

081012-水上駅転車台 (7)

081012-水上駅転車台 (10)

081012-水上駅転車台 (12)

081012-水上駅転車台 (13)

081012-水上駅転車台 (14)

再び後進で出て行って・・・(画像の右が高崎方面)

081012-水上駅転車台 (15)

081012-水上駅転車台 (16)

これで向きが直り、D-51は折返しまで休憩となりました。


さて・・・

081012-水上温泉

改めて水上駅です、温泉で有名な所です♪
この日は[奥利根号]に乗って水上へ行って、温泉に入って、おいしいもの食べよう☆
これが、おおまかな流れ(笑
と、言う事で、徒歩で10分ほど離れた所にある温泉街へ行ってみる事に・・・

081012-水上温泉 (1)

081012-水上温泉 (2)

081012-水上温泉 (3)

川は[利根川]です、この水上町に源流があるそうです。
紅葉は「色づき始め」という所でしょうか・・・
さすがに山の中、空気が澄んでいてとても気持ちいい♪
けど、やっぱり涼しかった(汗

水上温泉には大小多くのホテルや旅館があるけど、
その殆どで日帰り入浴をする事が出来ます。
『 こー 』一行もホテルの浴場を借り、
そこで1時間以上・・・露天風呂にも入って『の~~~んびり』しました。
風呂から出て、温かいおそばを食べに行って(あまりにもお腹が空いていたので画像なし)
身もココロも落ち着いた所で、渓谷の景色を眺めながら川原を散歩。
途中にある「道の駅」でお土産を買い、
そこから水上駅へ戻る途中でさらに足湯に浸かってリフレッシュ♪
水上温泉に5時間ほど滞在しました。

帰りは[奥利根号]を利用せず・・・

081012-水上駅(帰り)

081012-水上駅(帰り) (1)

普通列車で山下り。
隣のホームには・・・

081012-水上駅(帰り) (2)

高崎駅とは反対側、越後湯沢方面へ出発する列車が止まっていました。

行きの高崎駅から水上駅まで、
[奥利根号]では2時間かかった道のりが、帰りは1時間。
途中でイベントがあったりしたけど、それでも1時間半はかかった計算・・・
型落ちとは言え、やっぱり「電車」は速いです(笑
帰りは水上駅 → 高崎駅 → 大宮駅 と乗り換えて横浜駅まで帰ってきました。

と、言う事で、横浜から群馬県の水上まで行ってきた訳ですが、
地図上に表すと・・・

横浜→水上まで

こんな感じ・・・
神奈川県 → 東京都 → 埼玉県 → 群馬県と関東地方を縦断した感じになりました。
あらかじめ時刻表でどれくらい時間がかかるか、
乗り継ぎは大丈夫なのか、いろいろとチェックしていたけど、
やっぱり実際に行くまで少し不安でした。
でも早起きして出発すれば、横浜から普通列車だけでも十分に日帰りできる所でした。


おまけで、その帰り途中で見た空を・・・

081012-秋の空 (1)

081012-秋の空 (2)

081012-秋の空

081012-秋の空 (3)

すっかり秋の空でした。


2008年10月14日 11時54分 初回UP
最終更新時に少し追記・一部画像入替


関連記事
スポンサーサイト



[ 2008/10/12 00:00 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する