FC2ブログ






阿倍野橋へ・・・。

記入日2006.01.02

29日にTHE ALFEE@城ホールライブを見た翌30日。
昼前にチェックアウトして、なんばウォークのコインロッカーに荷物を預けて移動開始。
日本橋 → 西大寺(鶴橋で乗換えるつもりが、たった2駅なのに寝過ごした。)→ 新の口 と移動して、
お世話になった人の所へ行き挨拶とお昼ご飯。
新の口 → 大和八木
さらに、大和八木 → 畝傍御陵前 と移動して2回の挨拶周り。
その後、畝傍御陵前 →(橿原神宮で乗換え)吉野口 (五條で乗換え)→大和二見 へ。
この行程はただの思い出めぐりです。
久しぶりに本陣を歩いて、吉野川の河川敷でのーんびりしてきました。
大和二見 → 橋本 → 帝塚山 へ。



NTT西日本DENPOのCMで使われた、
コブクロの[今と未来をつなぐもの]([桜]c/w)
このショートムービーの舞台がここの近所なので、ちょっと探索してきた。
ムービーの中で登場する踏切りとか見つけて、ちょっと感動♪
昔は高級住宅地として有名だった所、趣のある静かな街でした。

帝塚山4丁目 → 天王寺駅前 へチンチン電車で移動。
駅を出ると目の前に歩道橋・・・やっぱり行ってみる♪
と、言うか自然と足が向いた。

ここが初めてコブクロを見た場所。
いまだに最初に聴いた曲が判らないけど(泣)
迷って歩いてた時に聞こえてきた歌声。
普通は迷ってたら聞き流すか、気にならないものだけど・・・
何でか気になって近くまで行ってみたら、
「キレイな声で歌う人が居る」
そう思って、人垣の後ろでずっと聞いてた。

この場所を通っていなければ、
きっと・・・今はなかったとも思える場所。
長い間感慨に耽ってました。
個人的にはここから天王寺公園の向こうに見える通天閣も好き。
遮るものがなく、キレイに見える場所だと思う。

その後は、天王寺 → JR難波 と移動し、
ミヤコなんばウォーク店へ行こうと思ったけど・・・
前日・この日と歩き通しで帝塚山に着いた時には既にいっぱいいっぱい(泣)
(前日は港区をほぼ1周してます。。。)
なので、他にもIMPホールとかツイン21の吹き抜けとか行きたかったけど、ここでコブクロ関係の場所を巡るのは断念。



そのままお腹が空いていたので神倉でラーメンを食べる・・・
が、足らなくて隣の金龍へハシゴ(笑)
その後コインロッカーに預けた荷物を取って
なんば → 梅田 へ移動、
出発時間までネットカフェで仮眠。

この日の夜、05年最後の 21STREET を聴いて帰りたかったけど、
そこまでの余裕はなく・・・大阪駅からJRに乗りこみ、
まもなくHEPの観覧車を見上げ、
淀川の向こうに見えるキタの夜景を見ながら帰路に着きました。

この時にいつも思うのは「帰る」ではなく、
「行って来る」の感覚なんだよね・・・それも仕方なく出て行く感覚。

大阪へ帰る時は、米原を過ぎたら「関西突入!」とかテンション上がり始めて、
京都を過ぎて802が聞こえ始めたり、
それこそ山崎のサントリーを見ると「キャー!!!」て感じやけど、
大阪から出る時は、淀川を越えた新大阪まで来ると寂しくて、
京都まで来ると辛い。
山科は「もう関西やない」感覚(汗

毎回、同じ事を思いながら行き来してます、
いつになったら大阪定住できるかな(泣
『こー』は故郷とかないんだよね。
親戚付き合いもないし、そもそも前3代から横浜。
横浜は長く住んでるから多少の「愛着」はあるけど「思い入れ」まではないみたい。

その代わり・・・かどうか分らないけど、
大阪に一番の思い入れがあるし、
気持ちの上では大阪が故郷だね♪

精神的にシンドかった時、
少しでも上向きになる「きっかけ」が作れたから、かも知れない。
「刷り込み」みたいに思えるけど、
少なくても「大阪に行った事」がきっかけになったのは間違いないし、
大阪という街、そこで生活する多くの人、そして培われている文化のおかげ。
この時の縁と、それをきっかけに広がったものは大事にしたい。
コブクロもそのひとつ。

今年もまた帰れる様にがんばろ♪


関連記事
スポンサーサイト



[ 2005/12/30 00:00 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する