【鎌倉】 [鶴岡八幡宮]と[段葛]の桜を見てきました 17.04.13

    170413-段葛 (5)

    170413-段葛 (13)

    鎌倉の[鶴岡八幡宮]への参道、
    [段葛]の二の鳥居の前にやって来ました。
    ここは桜並木で有名な所ですが、
    昨年春まで2年ほどかけて改修工事をしていました。
    工事に伴い桜の木は植え替えられ、今は若い木ばかりになっていますが
    植え替えられた直後の昨年春は、さすがに咲きそろう事がありませんでした。
    今年は・・・

    170413-段葛 (2)

    横から見るかぎり、咲きそろった感じに見えます。
    並木の間を歩いてみると・・・

    170413-段葛 (19)

    こんな感じで、さすがに物足らないと思うんですけど・・・

    170413-段葛 (16)

    どの木も目いっぱいの満開だったんです。
    それならば・・・

    170413-段葛 (23)

    こんな感じに桜の木を重ねられる構図を探すと、
    ボリュームいっぱい!という感じに見られます。

    170413-段葛 (33)

    170413-段葛 (51)

    ちょっと上から通りを見通さずに、
    桜を重ねられるように撮ってみると、こんな感じですかね・・・
    とても若い木だけの桜並木とは思えないですよね。

    170413-段葛 (52)

    やがて見えてくるのは三の鳥居、[段葛]はここまで。
    鳥居をくぐって先へ進むと・・・

    170413-鶴岡八幡宮 (5)

    170413-鶴岡八幡宮 (4)

    正面に2つの建物が重なって見えています・・・

    170413-鶴岡八幡宮 (28)

    170413-鶴岡八幡宮 (25)

    下にあるこちらが[舞殿]・・・

    170413-鶴岡八幡宮 (26)

    上にあるのが[楼門]、この奥に[本宮]があります。
    その間には石段があるんですが、その左脇・・・

    170413-鶴岡八幡宮 (7)

    ここにはイチョウの木がありました・・・

    091204-八幡さま (6)
    (09.12/04 本人撮影)

    このような大きな木だったんですが、
    それが倒伏してしまった跡になります。

    170413-鶴岡八幡宮 (8)

    幹の部分と・・・

    170413-鶴岡八幡宮 (9)

    残った根から生えてきた“ひこばえ”。

    170413-鶴岡八幡宮 (12)

    石段の途中から振り返って見たところ、
    以前は幹からも芽吹く様子が見られたんですが、今はどうなんだろう・・・。
    根の部分からは・・・

    170413-鶴岡八幡宮 (14)

    さらに芽吹く様子が見られました。

    170413-鶴岡八幡宮 (15)

    石段を登りきって眼前に見える[楼門]は、
    いつ見ても、その迫力に圧倒される感じです。

    この奥で参拝を済ませて出てくると、
    鎌倉市街地を一望できるんですが、その中の・・・

    170413-鶴岡八幡宮 (20)

    [段葛]をズームしてみた所、
    赤い鳥居が2つ見えるけど、手前が三の鳥居、奥が二の鳥居、
    この間に桜並木があります。

    ここからは折り返しながら、もう少し桜を見ていきましょうか。
    向かったのは・・・

    170413-鶴岡八幡宮 パノ

    こちら“源氏池”・・・

    170413-鶴岡八幡宮 (37)

    170413-鶴岡八幡宮 (48)

    池にせり出すくらい、枝ぶりも立派な桜の木があります・・・

    170413-鶴岡八幡宮 (50)

    この日は花筏が出来はじめていましたけど、
    盛大に散り始めると、もっと範囲が広がってキレイですし、
    その中を鴨や亀が泳ぐ様子も見られるます。
    ・・・鯉はちょっと息苦しそうですけどね。

    余談ですけど、東の“源氏池”の反対側、西には“平家池”があって、
    源氏には三つ、平家には四つの小島があるのは有名な話。
    さらに、源氏は三=産、平氏は四=これを死と読み替えた逸話もありますね。

    再び[段葛]を歩いていきたいと思いますが・・・

    170413-段葛 (55)

    その前に脇から桜並木を見通した所、
    背が高くなく枝も横に広がっていないから、
    スッキリしてますね。

    170413-段葛 (58)

    170413-段葛 (60)

    来る時に見た二の鳥居側と比べると、三の鳥居側は狭いですよね。
    実際に遠近法を用いて、
    [鶴岡八幡宮]へ向けて狭くなるように造られています。
    参道を長く見せるためや、攻め込まれにくくするためと言われています。
    なので・・・鎌倉駅の方から歩いてきて、
    いつの間にか混んできたと感じるのは間違いじゃないです。

    170413-段葛 (38)

    並木道を歩きながら、
    上の方だけを撮ってみると、こんな感じ。

    170413-段葛 (70)

    ズームして・・・
    背中に三の鳥居があって、正面に見えている手前の鳥居は二の鳥居、
    その奥に見えるのは一の鳥居になります。

    170413-段葛 (76)

    雪ノ下の教会と桜、定番の撮影スポットですね。

    170413-段葛 (79)

    桜とは関係ないけど、
    豊島屋さんにある、この“鳩サブレ”をモチーフにしたデザイン、
    意外と知られてないんですよね。

    170413-段葛 (90)

    ゆっくり歩いて[鶴岡八幡宮]と、往復する間で桜を見てきましたが、
    植え替えられてから、今年ほどキレイに咲いたのは初めてだと思います。
    枝ぶりはまだまだだけど、どの木もキレイでした。

    170413-段葛 (96)

    170413-段葛 (93)

    こんな感じに桜並木の向こうに[鶴岡八幡宮]が見通せるのは、
    今のうちだけかも知れないけど、
    以前のように[段葛]を歩いているとアタマの上全体を覆うくらいに育ってほしい。

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2017/04/13 ] かまくら | TB(-) | CM(-)