『 こう 』は冗長系なん?

以前、某所で書いていたブログを停止してこちらに引継ぎ。

[豊川稲荷]へ行ってきました 16/10/16 

161016-豊川稲荷 (1)

161016-豊川稲荷 (2)

全国のJR普通列車が期間限定で乗り放題になる
[秋の乗り放題きっぷ]を使って、豊川駅へやって来ました。
今年の年始に来て以来になります。
駅前には・・・

161016-豊川稲荷 (3)

161016-豊川稲荷 (4)

161016-豊川稲荷 (5)

キツネさんがたくさん居ります、
すぐ近所にある[豊川稲荷]にちなんだものですね。
駅前から・・・

161016-豊川稲荷 (6)

参道を歩いて、数分・・・

161016-豊川稲荷 (11)

[豊川稲荷]が見えてきました。
この先の右手には・・・

161016-豊川稲荷 (67)

161016-豊川稲荷 (68)

大きな“鐘つき堂”があります。
参道は左手へ・・・

161016-豊川稲荷 (12)

161016-豊川稲荷 (13)

161016-豊川稲荷 (14)

161016-豊川稲荷 (16)

161016-豊川稲荷 (17)

161016-豊川稲荷 (19)

161016-豊川稲荷 (22)

その先に大きな[本堂]が見えます。
高さ100尺ほどという事なので、30mくらいです。

“稲荷”と呼ばれているので=「狐を祀った神社」と思っていたんですが、
「ここはそうでは無かった」と知ったのは、
今年の年初、人生で初めてここを参拝した時の事でした。
神社なのに大きな鐘があったり、お経を読む声が聞こえたり、
何よりも参拝の時に柏手が聞こえなかったり、
『あれ?違う?“稲荷”って・・・神社じゃなかったっけ?』と思い込んでいたんですが、
御朱印を頂いて、それが違った事を確信したんですね・・・

160107-豊川稲荷 (41)

御朱印の中の「豊川閣印」がものすごく気になったんです・・・
神社ならか“社”か“宮”で、“閣”ではないはず。
さらに、ここの神様が女神(豊川吒枳“尼”眞天)さんだった事を、
社務所で尋ねてみた所、「女神さんが“白狐”に跨っている姿」が有名みたいで、
その見た目から「稲荷」と言われ始めたのが、ひとつのきっかけなんだそうです。

[本堂]の右手から境内の裏手へ行ってみると・・・

161016-豊川稲荷 (23)

161016-豊川稲荷 (24)

161016-豊川稲荷 (25)

161016-豊川稲荷 (26)

この様に“幟”が、ず~っと続きます・・・
千本鳥居ではなく千本幟です。

161016-豊川稲荷 (27)

ここから道が分かれているんですが・・・

161016-豊川稲荷 (28)

161016-豊川稲荷 (58)

161016-豊川稲荷 (53)

161016-豊川稲荷 (44)

“霊狐塚”という所に行き着きます・・・

161016-豊川稲荷 (43)

161016-豊川稲荷 (33)

161016-豊川稲荷 (32)

161016-豊川稲荷 (35)

161016-豊川稲荷 (36)

161016-豊川稲荷 (37)

この様に両側は、狐さんでいっぱい。
すごい光景というか、最初は数の多さに圧倒されるせいか、
先に「怖さ」を感じます・・・
少なくてもイタズラ半分や、邪推な気持ちで来る所じゃないですね・・・
ましてや集合写真を撮ったり、
ピースしながら記念撮影なんてする所じゃないです。

狐さん、怖い表情に感じるものもあるけど、
よーく見ていけば、いろんな表情をしています。
狐というと、いろんな云われがあって怖くなる事もあるし、
神様のお遣いでアチコチ行って大変なんだろうけども、
これだけたくさん居るなら、交代でたまにはゆっくりしてもらいたいな・・・
なんて思ったりして。

参拝をし終えて・・・

161016-豊川稲荷 (72)

今日は、このご飯。
“稲荷”=揚げ、
うどんにもご飯にも、お揚げさん(笑

関連記事
スポンサーサイト
( 2016/10/16 14:59 ) Category おでかけ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター(累計)
よく見られてるページらしい
月別アーカイブ
検索フォーム
管理人へメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文: