吉野山の桜を見てきました 16/04/10

    この日は朝早くに起き出して、桜の名所“吉野山”へ行って来ました。
    見頃は既に過ぎていたけど、
    もしかしたらギリギリ間に合うかな?・・・という望みを持って、
    7時過ぎに、あべの橋駅から近鉄電車に乗って出発。
    出発する時点で平日の通勤ラッシュよりも混んでいる車内、
    乗ること1時間半ちょっと、
    途中でほとんど人が降りることもなく・・・

    160410-吉野山 (97)

    9時前に吉野駅に到着、そのまま流されるように・・・

    160410-吉野山 (2)

    駅前に待機しているシャトルバスでさらに上を目指します。
    吉野は和歌山県なんだけど、奈良交通のバスなんですよね・・・。

    吉野山の桜は4つのエリアに分けられていて、
    吉野駅あたりが“下千本”と呼ばれる辺りなんですが・・・
    そこは、見事なまでに完全な葉桜。
    この先の“中千本”と“上千本”の事が、かなり心配に。

    その道中、バスから見えたのは・・・

    160410-吉野山 (4)

    160410-吉野山 (6)

    160410-吉野山 (11)

    どう?まだ何とかなりそう???
    バスの終点は“中千本”の中腹よりも少し上がった辺り・・・

    160410-吉野山 (12)

    そこでは、こんな感じ。
    ここから急な坂道を歩きながら・・・

    160410-吉野山 (20)

    花矢倉展望台まで歩いて来ました、
    ちょうどこのあたりが“上千本”と呼ばれるあたり・・・

    160410-吉野山 (18)

    160410-吉野山 (21)

    160410-吉野山 (22)

    展望台は“上千本”の中にあるけど、
    このへんの桜は、まだ大丈夫だった様子。
    眼下に見えているのが“中千本”・・・
    何とか見頃に間に合った感じ?
    先程、バスを降りてからここまでは歩いて1時間くらいの道のり、
    九十九折でしかも急な坂が続きました。

    ここからさらに山の上に向かって急坂を歩く事、
    さらに1時間弱・・・

    160410-吉野山 (23)

    160410-吉野山 (32)

    160410-吉野山 (29)

    160410-吉野山 (33)

    [金峯神社]に参拝。
    この神社の境内には、源義経が奥州へ逃れる際に隠れたという建物が残されています。
    標高756mにある、この神社が遊歩道として歩いて来られる最終地点、
    この先の道は登山になり、それなりの装備が必要になる所。
    その登山道は[大峰山]、さらに熊野へと続く修験道、
    神聖な場所へつながっていきます。

    この神社の手前が“奥千本”と呼ばれる所、
    例年は“下千本”で桜が散ると、この辺りの桜が咲き始める感じだけど・・・

    160410-吉野山 (37)

    160410-吉野山 (39)

    160410-吉野山 (43)

    160410-吉野山 (42)

    桜の植替えをしている最中で、若い木がほとんどだけど、
    それなりに咲きそろって来ている最中、
    「これから」桜が満開に向かっていく状態。
    山を登ってくる途中で、桜の満開前線を追い越したような感じですかね。

    ここからは別のシャトルバスで
    右へ左へと揺さぶられながら20分ほど下り、
    最初にバスで上がってきた“中千本”のバス停近くまで折返し、
    そこからすぐの所にある[吉水神社]へ参拝。
    わざわざ立ち寄ったのは・・・

    160410-吉野山 (68)

    この景色、よく宣材写真にも使われているけど
    “一目千本桜”を見ることが出来るから。
    左側が“中千本”で、中央奥が“上千本”、
    ピーク時だとキレイな桜色に染まります。

    160410-吉野山 (74)

    160410-吉野山 (73)

    160410-吉野山 (52)

    見頃を過ぎていたけど、
    何とか、その雰囲気は感じられる時に来られたかな?
    標高差が大きいし、全体が咲きそろう時期も短いので、
    キッチリ日付を合わせないと
    きれいな景色には、なかなかお目にかかれないけどけど・・・
    全山が桜色になっている時にも、来てみたいものです。

    160410-吉野山 (53)

    160410-吉野山 (55)

    谷を挟んで向こうに見えるのは[如意輪寺]、
    吉野山は南北朝時代の“南朝”が置かれた場所、
    南北朝時代のきっかけをつくった後醍醐天皇の御陵がある所ですね。

    [吉水神社]のある辺りは吉野のメインストリートで、
    その両脇にはお店がたくさんあるんですが・・・
    昼前になると観光客が大挙して上がってくる事で、
    ノロノロとしか歩けないし、店には入れないし、
    とてもじゃないけど散策をしながら歩く状態では無く。
    ・・・この界隈にも歴史的な建造物はたくさんあるんですけど、
    ゆっくり見ることも出来ず、
    普段なら20分そこそこで下れる道を40分ほどかかって、
    ロープウェイの駅へ。
    そこからは一気に吉野駅まで下ります・・・

    160410-吉野山 (75)

    その途中で見た、吉野駅前の景色・・・

    160410-吉野山 (87)

    列車で着いて、駅から出てきた人が
    そのままシャトルバスに乗るための長い列ですね。
    朝9時に来た時には、この行列は半分以下だった感じなので・・・
    それを思うと、早く来て、
    さらなる混雑に巻き込まれなかっただけ良かった。

    ロープウェイは距離が短いので、
    ものの5分くらいで吉野駅前に到着、
    そのまま・・・

    160410-吉野山 (98)

    160410-吉野山 (102)

    この日、12:34発の特急で大阪へ戻りました。
    特急はだいたい30分おきに、遅い時間まで走っているけど、
    朝、吉野駅に来た時点で、既に午後~夜にかけての特急は満席で、
    一番最後の空席がこの時間という状態・・・
    いかに混んでいたかが伺えます。

    急に時間が空いたので、この日の早朝に予定を立てて、
    滞在時間3時間くらいで、“奥千本”まで行くという・・・
    かなり強行した感じだったけど、
    桜については何とか見頃の最後に滑り込んだ感じかな?
    “下千本”から“中千本”・“上千本”、そしてちょっと離れた“奥千本”までは、
    標高差が500m以上あるので、全部が一斉に咲き揃うことは無いんだけど、
    一番本数の多い“中千本”と、そこから近い所にある“上千本”が咲き揃う頃に来ると、
    一般的に広くイメージされる「吉野の桜」なので、
    その頃にまた来られるように、また計画を立てたいと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2016/04/10 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する