熊野詣をしてきました([神倉神社]へ行ってきました) 16/03/24

    こちらから続いています( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-2655.html )

    早朝に紀伊勝浦駅について、
    “熊野古道 大門坂”を歩き→[熊野那智大社]→“那智の滝”→紀伊勝浦駅→
    新宮駅→[熊野速玉大社]と辿り、
    [熊野速玉大社]から歩いて15分ほど、
    そこが、この日最後の目的地になります・・・

    160324-神倉神社 (1)

    160324-神倉神社 (53)

    [神倉神社]にやってきました、
    こちらも“世界遺産”に登録されています。
    “熊野三山”と称される[熊野本宮大社][熊野速玉大社][熊野那智大社]の神さんが、
    最初に来たのがここ・・・と、されていて、
    言わば・・・三山の“元宮”という感じかな?
    今は[熊野速玉大社]の摂社という位置づけです。
    先へ進むと・・・

    160324-神倉神社 (2)

    160324-神倉神社 (3)

    賽銭箱があります。
    『???・・・石段を上がらずに、ここで引き返す人が居るという事かな?』

    160324-神倉神社 (4)

    とりあえず、その見えている曲がり角まで行ってみて・・・

    160324-神倉神社 (5)

    振り返ると、こんな感じ・・・けっこう急な石段です。

    160324-神倉神社 (6)

    もう少し進んでみて・・・

    160324-神倉神社 (7)

    振り返ると・・・逆落しという感覚。
    前は延々と急な石段、後ろも急坂・・・
    前にも後にも進めないという感じになります(汗

    160324-神倉神社 (13)

    160324-神倉神社 (16)

    160324-神倉神社 (17)

    どこまで続くんでしょう・・・
    石段は自然石を組んだだけの不規則な足場のもの、
    どこに足を踏み出そうか迷いながら上がっていきます・・・

    160324-神倉神社 (19)

    石段を上り始めて20分くらい・・・

    160324-神倉神社 (35)

    160324-神倉神社 (36)

    160324-神倉神社 (20)

    やっと道が平坦になりました・・・

    160324-神倉神社 (21)

    鳥居をくぐって先へ進むと・・・

    160324-神倉神社 (25)

    パッと目の前が開けます・・・

    160324-神倉神社 (26)

    眼下にか新宮市街と、見えている海は熊野灘。
    そして、この右手の上・・・

    160324-神倉神社 (24)

    こちらが[拝殿]です。
    すぐ後ろにある・・・

    160324-神倉神社 (33)

    この大きな岩、“ゴトビキ岩”がご神体です。
    「ゴトビキ」とは、熊野地方の方言で「ヒキカエル」の事なんだそうです・・・
    形が似てますね。

    [拝殿]まで上がっていってお参りをし・・・

    160324-神倉神社 (29)

    そこから一枚、
    いい景色も見られて満足すると思ったんですけど、
    それよりも手すりも無いし、足場もイマイチ落ち着かない中、
    強い風に吹かれていたので、『怖い』と思うのが強かったです。

    160324-神倉神社 (30)

    160324-神倉神社 (31)

    それでも、日当たりがいい所のせいか咲いていた桜は満開間近。

    ここから来た道を折り返す事になるんですけど・・・
    ここまで上ってきた分だけ下るんだよな(汗

    160324-神倉神社 (37)

    160324-神倉神社 (39)

    160324-神倉神社 (41)

    160324-神倉神社 (42)

    160324-神倉神社 (43)

    下が見えない所を行くのは、すっごく不安だし、
    上るよりも、下るほうがキツいんですよね。
    途中から石段を迂回する道もあるんですが・・・

    160324-神倉神社 (44)

    160324-神倉神社 (45)

    160324-神倉神社 (46)

    160324-神倉神社 (47)

    160324-神倉神社 (48)

    こういう所を歩くことになります。
    道というよりは・・・
    木の根とかを踏み台にした階段を下りていく感じ。

    やがて行く時に上って行った石段と合流するんですが、
    その石段がどれくらいの傾斜かというと・・・

    160324-神倉神社 (50)

    160324-神倉神社 (49)

    こんな感じになります。
    蹴上の狭くて、足の裏全部を乗せることは出来ないし、
    目の前は石段しか見えないし、
    ちょっと後ろに重心が傾こうものなら、
    アッという間に下まで落ちそうだし・・・
    何となくでも伝わってほしい傾斜なんですけど。

    160324-神倉神社 (51)

    石段の入口に賽銭箱がある理由が、
    よ~~く身にしみた参道の石段でした。

    160324-神倉神社 (54)

    遠くから見るとこんな感じですね、
    100mくらい崖の上にあるそうです。

    新宮駅から辿った[熊野速玉大社]と[神倉神社]は・・・

    新宮・熊野速玉大社・神倉神社

    こんな位置関係になります。

    この日は、このまま新宮で宿泊し、
    明朝、先へ進む事になります。
    続きます・・・( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-2657.html )


    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2016/03/24 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する