[大神神社]へ行ってきました 15/12/30

    151230-三輪駅 (3)

    151230-三輪駅 (1)

    昼前にJR三輪駅にやって来ました。
    ここから、少しだけ遠回りをして・・・

    151230-三輪神社 (1)

    表参道の入口にやって来ました。
    この“大鳥居”の後ろに見える、小さな山・・・
    “三輪山”といいます。
    ここから改めて出発・・・

    151230-三輪神社 (2)

    151230-三輪神社 (4)

    “大鳥居”をくぐり、ゆっくり歩いて10分弱・・・

    151230-三輪神社 (5)

    151230-三輪神社 (9)

    [大神(おおみわ)神社]にやってきました、
    自身は2014年の春に来て以来、ちょっと間が空きました。

    151230-三輪神社 (6)

    [大神明神]とも、あるいは「大三輪」の文字を充てられる事もあります。

    151230-三輪神社 (10)

    151230-三輪神社 (12)

    151230-三輪神社 (14)

    151230-三輪神社 (15)

    151230-三輪神社 (18)

    151230-三輪神社 (19)

    一本道の参道の行き着くところに“拝殿”があります。
    一般的な神社のように「本殿」でないのは、
    [大神神社]は、この後ろにある“三輪山”そのものがご神体で、
    それを拝むための建物だから。

    [大神神社]の創建年は古く、
    日本の古い歴史書“古事記”や“日本書紀”にも
    記述が残るほどのようですが・・・はっきりとした年数は不明。
    ただ“三輪山”をご神体とする信仰は以前からあったようで、
    “古事記”や“日本書紀”などが編纂された頃に、
    改めて「神社」としての形が整えられた・・・という方が
    話としては良いのかな?と思ったりします。
    ・・・詳しい歴史については、ほかの人にお任せして、お参りです。

    『お賽銭を・・・』と下を向いて財布をゴソゴソしながら拝殿に近づくと、
    急に眩しさを感じます。
    顔を上げて向き直ってみると・・・

    151230-三輪神社 (26)

    こんな状態でして・・・偶然とはいえ神々しい。
    ずっと照らされていたくなる光景でした。

    ここから、同じ敷地内にある神社を目指します。
    そこまでの参道は・・・

    151230-三輪神社 (57)

    “くすり道”と言います。
    道の両側には多くの薬草や薬に使える木が植えられているんですけど、
    併せて石灯籠が長く並んでいるんです、
    それも製薬メーカーだけ、中小はもちろん・・・
    世界的に有名な製薬メーカーのものまで、ずら~っと!並んでいます。
    ここを歩くだけで日本中の製薬メーカーを知ることが出来そうな勢いです(笑

    151230-三輪神社 (32)

    151230-三輪神社 (33)

    151230-三輪神社 (39)

    151230-三輪神社 (36)

    参道を歩いて10分もかからないくらいです、
    行き着く先に[狭井神社]があります。
    病気を鎮める神様が祀られているそうで、
    「くすり道」という名前や、そこの石灯籠に製薬メーカーばかり並ぶのも頷けます。
    社殿の裏手にある井戸から水が湧いていて、
    とても滑らかな“甘い”水を飲むことが出来ます。

    社殿の、すぐ右に・・・

    151230-三輪神社 (35)

    “三輪山”へ登拝する道が開かれています。
    [狭井神社]の社務所で諸注意を受けて、
    お祓いを受け、襷を掛けてから行く事になります。
    以前、登ったことがあるけど、
    「参拝をしに行く」ので、遊歩道や登山道みたいに道が整備されてないんですよね・・・
    木の根の階段とか、湿った沢を越えて行くとか、
    ヒザの高さくらいまで足を上げて登っていくような道とか、
    急な崖の淵を行くとか・・・
    1時間以上も、ひたすら頂上を目指して登っていくという感じですけど、
    行った先にある“磐座”を見ると感動します。
    ・・・帰りの「ひたすら急な下り」の方がカラダへの負担が厳しいですけど、
    往復で3時間弱、また機会を作って“登拝”してみたいものです。

    [狭井神社]まで来たなら・・・

    151230-三輪神社 (40)

    そこからの帰りで寄り道をして、
    ここからの景色は見ておきたくなるもので・・・
    奈良盆地の南半分が一望できます。

    151230-三輪神社 (42)

    この辺りが“藤原宮”があった所、
    それを囲む“大和三山”も見えます・・・

    151230-三輪神社 (43)

    “香具山(天香久山)”・・・

    151230-三輪神社 (44)

    “畝傍山”・・・

    151230-三輪神社 (45)

    “耳成山”。
    どれも特徴のある山なので、見つけやすいと思います。

    それとは別に、遠くの山並みの中に特徴的な山がひとつ・・・

    151230-三輪神社 (46)

    こちら“二上山”。
    奈良盆地の南部にいれば、
    だいたい・・・どこからも見える山が二つあって、
    一つはこの“二上山”、もうひとつは・・・

    151230-三輪神社 (47)

    この“三輪山”。
    「三輪山から日が昇り二上山に日が沈む」と言われるように、
    三輪山が東、二上山が西と、おおよその方向が分かります。
    余談で北には生駒山があります・・・夜は特に目立ちます。

    151230-三輪神社 (49)

    来る時にくぐった“大鳥居”も存在感あります。

    と、いう事で、久しぶりに[大神神社]と[狭井神社]に来てみました。
    来るたびに同じ様な事を書いてるけど、
    奈良県の南部、まさにさっき見渡した範囲というのは
    自身にとって縁があった所なので、
    ここに来られるのが嬉しいんですよね。
    また機会を作って、参拝したい所です。

    余談で、帰り道に・・・

    DSC_0423

    素麺を頂くのが定番。
    夏だと素麺だけど、それ以外の時に来ると“煮麺”を頂く事が多いです。


    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2015/12/30 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する