【THE ALFEE】 15年秋ツアー@静岡

    151129-横浜⇔静岡 (6)

    DSC_0321

    151129-横浜⇔静岡 (8)

    静岡駅までやってきましたー!
    普段なら普通列車で2時間ちょっと掛けてくるけど、
    急に行くことを決めたので、新幹線で来ちゃいました。

    今日は、ここから歩いて15分ほどの所にある
    静岡市民文化会館で[THE ALFEE]のコンサートです。
    ・・・ブログにアップしてないけど、
    初日の越谷、広島2日目、相模大野、カナケンにつづいて、
    今ツアー5回目の参加になります(汗

    151129-THE ALFEE 静岡 (1)

    151129-THE ALFEE 静岡 (2)

    151129-THE ALFEE 静岡 (3)

    151129-THE ALFEE 静岡 (4)

    ツアートラックも、見える所に“展示”されています♪
    [THE ALFEE]だと当たり前のようだし、
    見慣れた光景だけど、やっぱり嬉しい。

    151129-THE ALFEE 静岡 (6)

    今まで近くで見る機会がなかったんだけど、
    今回、初めてその機会を得て見てみると・・・
    細かい所までホンマにこだわってるよなぁ、
    『そこまでしなくてもいいから・・・ちょっとは手を抜いても大丈夫だから。』と
    言いたくなるくらい。

    151129-THE ALFEE 静岡 (7)

    会場の正面です。
    自身が、ここに見に来るのは・・・
    06年の“ONE”ツアー以来という(汗
    静岡では、ほぼ毎年“春”と“秋”にやっているのに、
    ずいぶんと、ご無沙汰してしまいました。

    151129-THE ALFEE 静岡 (13)

    151129-THE ALFEE 静岡 (14)

    休日という事もあってか、チケットは完売。
    前回、見に来た時は・・・
    二階席がクローズされ一階席の後列に空席がある状態で、
    寂しかったのを覚えてます。
    それを思うと・・・地元じゃないけど「完売」というのは、やっぱり嬉しい。

    151129-THE ALFEE 静岡 (16)

    151129-THE ALFEE 静岡 (15)

    今日の“メモリアルチケット”です。
    毎ツアー、全会場で来場者全員プレゼントというのは・・・
    [THE ALFEE]では見慣れてるだけに当たり前の様に感じちゃうけど、
    日付と会場名入りのカードなんて、
    初めてきた人なら来場記念になって嬉しいと思うな。
    でも、こういうのは他のライブでは見かけないですね・・・
    だいたいは「FC会員限定でピクチャーチケット」とか、
    数年に数回のアリーナクラスの会場だけで限定・・・とかが、いいとこですかね。
    話がそれてばかりですいません。

    コンサートは・・・定刻5・6分押し開演、終演は20:45。
    今日も3時間超で、間違いなく内容の濃いライブでした。
    本編・アンコールは、今ツアーの基本パターンに日替わりを織り交ぜたものだったけど、
    ダブルアンコールで、(個人的には)感動の選曲が待ってました。

    ネタバレは下で書くけど、
    今日、見て思ったのは・・・
    ステージ上であれだけやってくれて、本当に嬉しかった。
    他のコンサートと比べる時、
    どうしても「すごい演出」とか「ライブ時間や曲数」とか
    見える部分を比較しやすくなるけど、そうではなくて・・・
    やっぱりコンサートに対する、あるいは観客に対する「向き合い方」がいいと、改めて実感。
    毎ツアー当たり前のようにやってるけど、
    通常(基本)リストだけ済むものを、わざわざ日替わり曲と多く入れ替えていったり、
    進行や演出もツアーが進むにつれて、より良いものへと変わっていく、
    静岡なら「ご当地」曲やMCネタまで用意をしてくれる・・・
    コントにまで織り交ぜられたり(笑
    そもそも、ライブ中にコントをやる60歳を過ぎたロックバンドなんていないだろう!(笑
    いつも言ってくれているけど「日頃のイヤなことは忘れて楽しんでいって。」
    という気持ちが、今日は心底からココロにしみた。

    ( ↓ ネタバレます )





















    ダブルアンコールに応えてメンバーが下手袖から登場。
    それぞれ定位置で準備をし、最初の曲は・・・
    “暁のパラダイスロード”!!
    『静岡ならこの曲!(を、やるだろう)』と予想できたものだし、
    もはや隠す必要すらない、“ご当地ソング”と言っていい曲。
    実際に、ごくごく稀にしか外されないので
    『絶対にやる!』と確信を持って待っていた曲だけど・・・
    本編では聞けず、アンコールでも聞けず。
    そしてダブルアンコール・・・
    イントロが流れ『やっと聞けた!』と思った瞬間、
    嬉しくて感動して泣けてしまって、もう大変・・・
    最初は聞けたことで安心して涙が出たんだと思ったけど、
    2番になって「♪~お前と、Run!Run!Run!」とか拳振り上げながら、まだ泣けてるし(笑
    『この曲って“泣ける感じ”の曲だった???(笑』
    もちろん“夏イベ”とか、他の機会には聞いていた曲だけど・・・
    自身にとって、静岡でその曲を聞くのは9年ぶりだし、
    「静岡で“暁のパラダイスロード”」という
    “ご当地ソング”の様になったエピソードを
    (先輩達から直接伝え聞く範囲だけど)知ってるだけに、やっぱり特別でした。

    歌い終わって、ひとこと挨拶をして・・・

    タ この“暁のパラダイスロード”も、いつの間にか?ご当地?(笑
      絶対にここ静岡でやらなきゃいけない!
      ・・・というくらいになっていて、
      仕方なく!やってますけど(笑
      もう、この辺の歌でいいです(笑
      いっそ静岡の県の歌くらいで。
      (ここまで、おもいっきり冗談ぽく。照れ隠しだった?)
      でも、そういう曲があるのはいいよね。
      “メリーアン”よりも前に、この曲で売れるはずだったけど、売れなくてね・・・
      チカラを入れていただけに落胆も大きかったけど(笑
      でも、応援してくれたおかげで、今でも歌えている曲です。
      アルフィーにはいろんな曲があって、
      それぞれイントロが好き、このフレーズが好き、いろいろあると思うけど、
      ぜひ・・・次のアルバムの曲からも、
      好きな所を見つけて欲しいなと思います。
      次の曲は・・・今回の秋ツアー初めてです、
      「静岡スペシャル」でお送りします。
      今日の静岡!本当に!どうもありがとうございました!

    こんな事を話したと思います。
    そこから歌われたのは・・・まさかまさかの“TIME AND TIDE”。
    これも、そうカンタンには歌われない「特別な曲」の一つ・・・
    今ツアーのコンセプト曲の様になってた“希望の詩”を歌わずに、
    この曲で今日を締めるんだよね・・・何か、すごい所に居合わせちゃった。
    聞けるとは微塵も思わなかった曲だし、
    2曲続けて感動して泣かされました。

    最後はPの音がしっとりと余韻を演出し、最後に演奏をかき回して締め。
    客電全灯した、その直後からEDSEが流れるけど、
    今日は、それも“TIME AND TIDE”。
    そこで、またポロッと涙。

    最後に3人が前に出てきて肩を組みながら、
    左→右→センターと挨拶をするけど、
    肩を組む前にね、たかみーが目頭を押さえてたのを見て
    泣いてるのかな・・・なんて思ったけど、
    直後に後ろに置いてあったサングラスを掛けたんだよね。
    最後のあいさつの時にわざわざサングラスを掛けるのは珍しいな・・・と思ったけど。
    もし、客席の盛り上がりを見て感動して泣かしたなら!
    それは見る側としても「してやったり♪」でしょ(v

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2015/11/29 ] THE ALFEE | TB(-) | CM(-)