【ウルフルズ】 2015年ライブハウスツアー@広島(ちょっとグチあり)


151017-ウルフルズ@広島 チケ

広島の[クラブクアトロ]でのウルフルズのライブを見てきました!
ウルフルズを広島で見るのは初めて!
広島まで来ちゃったよ・・・
何で横浜から広島まで来たかと言えば!
10/17は自身の誕生日でして、
「勝手にバースデーライブ」でした(笑

会場は2:1くらいの割合の二段フロア。
整理番号は100番台前半だったので、
行こうと思えば・・・かなり前の方で見られたけど、
この日はフロア上段、ちょうど音響操作卓の後ろ、
しかもほぼセンターライン上からステージを俯瞰して見ておりました。
が、そこが自身にとってはベストポジション!
ステージと同じ高さで・・・ステージ上のメンバーと目線が全く同じ高さ。
見上げもせず、見下げもせず、まさに真正面!
・・・ある意味、緊張しましたけど(笑
下のフロアは、さすがに広島(!?)だけあって、
動けなくくらいギュウギュウ詰め、
ライブハウスらしい「いい」混み具合でした。

 ワルツ!
 ウルフルシャッフル
 やぶれかぶれ
 ホンキーマン
 いい女
 素敵だね
 アホらしい (Vo:ケイヤン)
 あんまり小唄 (Vo:ジョンB.)
 チークタイム
 クラッター
 ど真ん中
 ボンツビワイワイ
 ワンダフルワールド
 愛すれば
 ロッキン50肩ブギウギックリ腰
 愛がなくちゃ
 あーだこーだそーだ
 <アンコール>
 バンザイ

と、いうセットリスト。
MCは・・・
昔、広島のライブハウスで歌った時の事を話したり・・・
(あまりの盛り上がらなさに、客席に降りて行って眼前で歌った事に対して
 オーナーさんにめっちゃ怒られて、
 その時に飲まれへんビールを、外に居ったホームレスのおっさんにあげた。)

「ステージの高さがちょうど良くて距離感がいい。」と、いう所から・・・
「スタア“気質”の自分(←これは自分で言いきった/笑)にとっては、ちょっと高い所から歌いたい(笑」
メンバーから“気質て?”とツッコミが入ったけど、
それに対しては「言い切るのは恥ずかしい」とか。

広島でタクシーに乗った時の話とか、
「広島弁て良く“あのね~”って言うよね」という所から、
仲良しの広島出身ミュージシャンも良く使うと話しや、
それこそ「LINEやメールとかでも良く出てくる。」と、さんざん盛り上げて・・・
次の曲の歌い出しが「♪~あのね」(#チークタイム)で始まるという。
歌ってる本人が、歌い出してから「ハッ!!!?」と驚いてるし、
しかも笑いを何とかこらえつつ、いつ吹き出しちゃうか・・・という感じで歌っていて、
本当によく演奏を止めなかったな、というくらい。
客はもちろん、歌い出し一声目で大爆笑で。

他に2・3個、MCのネタがあったけど割愛。

あとは“愛がなくちゃ”では、けっこう長いこと歌詞が飛んだね・・・
何があった!?と、見てる方がビックリしたけど。

リストは上の通りで、
最初から“ワルツ!”、 落ち着いては見られないよな・・・やっぱり(笑
“ホンキーマン”“アホらしい”は、むかしからライブで盛り上がる曲、
“バンザイ”“いい女”“愛がなくちゃ”は、
[ウルフルズ]のライブと言えば!必ず聞けるくらいの定番曲。
“ワンダフルワールド”“やぶれかぶれ”は、しっとり聴かせて。
“ど真ん中”“あーだこーだそーだ”は昨年のアルバムの曲だけど、
同ツアーであっという間にライブでの定番になって、今回のツアーでも歌われてる。
“ボンツビワイワイ”“素敵だね”は今年のアルバムの曲だけど、
既にいい雰囲気で盛り上がってるし。
“ロッキン~”は、(初日を見て)まさかあんなC&Rの演出をしてくるとは思いもしなかったけど、
楽しませる面ではバツグンだし(笑
『曲数が少ないなぁ・・・せめてアンコールがもう1曲あればなぁ・・・』と思ってはいたけど、
復活後「初」のライブハウスツアーとしては十二分に満足だったし、
高崎・恵比寿(2日間)・広島と4ヶ所も行けたのも楽しかったです。
次は“カイカン”の初日!
当然“アツアツ”とは変わるだろうし、
どう変えていくのか楽しみに待ちたいと思います。





~ こっからは私見というか、グチです。 ~

上で「ライブハウスらしい混み具合」と書いたけど、
今回のライブハウスツアー、4ヶ所に行ったけど、
本来のライブハウス「らしい」盛り上がりはフロアのごく一部で、
多くは“ヤッサ”でのスタンディングエリアやホールと大して変わらなかった事も・・・
雰囲気を楽しむという点では、物足りなく感じた事もありました。
今回のツアーは「慣れてない人」が多かったのかな・・・
「(悪い意味で)あんなだと思ってなかった」とか
「もうライブハウスなんて行かない!」みたいなのを見かける事もあったし、
それを強く言ってるのも見た。
スタッフに食ってかかってるのも見たな・・・(汗

この点は“ヤッサ”での「ゆっる~~~い感じ」の
スタンディングエリアをイメージして行ったら、
それとは全く違った感じなのかな・・・。
お行儀よく最初に見つけたポジションから絶対に動かない、
気がつけば開演から終演まで同じ場所に居る・・・
「それが当然」というのも多かったね~(苦笑
あとは「整理番号が早いから必ず前で見られる!」・・・みたいな、
ヘンな勘違いも多かったですね。
時にはフロアに荷物を置いていて「(荷物で)場所を取ってる」とか、
「荷物が踏まれた!」とか文句言ってる人もいましたね。

元々、[ウルフルズ]だとヘドバンしたり激しくモッシュしたりしないけどさ~・・・、
ライブハウスといえば狭いフロアに多くの人が入る訳で、
それこそ“売切れ”=満員であれば、
フロア全体に「立錐の余地もない」くらい人が入ります。
自分の周りにスペースを取るのは当然ではないです。
当たり前だけど・・・
フロアの前方は「近くで見たい」という人でギュウギュウ詰めになって、
隣の人とは当たり前の様にカラダがぶつかっちゃうし、
意図せず足を踏まれたり踏んでしまったり、
後ろから(ちょっと)押されたりするくらいは当たり前。
逆に、その程度の事で怒ったりするほうが間違っている。

今回は、なぜか・・・フロアの前のほうでも、
(係員が開演前に声掛けをするまでは・・・)
アチコチに人が入れる隙間が空いている事も多かったけど、
そこに誰かが入って行くと
「見えない」とか「あとから来て」みたいのを良く聞いた。
でも、それは入り込める隙を作っている方が悪い。
ライブハウスだと・・・
 「人が入れるだけの隙間がある=そこには人が入ってOK」
というのが暗黙のルールで、当然のこと。
見やすい場所で見たい、後から来た人に割りこまれたくなければ、
その“間”を詰めて、人を入れないようにする!
それがライブハウスでの見かた。
もちろん、人が隙間を空けない様に踏ん張っている所を、
強引にこじ開けて前に行くのは良くないけど・・・
本当にマナーが悪いのはごくごく一部で、
ほとんどは見てる側(この場合は、初めからそこに居た人。)に問題がある。

復活後、最初のライブハウスツアーだったけど、
「客同士のマナーが・・・」なんていう勘違いの声が増えれば増えるほど、
ライブハウスは当然減っていくか、やらなくなるんだろうし、
そうなればツアーをやる場所や日にちが限られる。
ホールツアーやアリーナツアーだと、
ライブハウスツアーの様に楽器だけ持っていけばいい・・・という訳にはいかないし、
スケジュールが空いた時にパッとやる・・・みたいな「身軽さ」も無くなる。
その分は行ける場所(「行く」「行かない」は別にして日程的に選べる場所)が減る。
それこそ準備などに(それなりの)時間もかかれば、
機材や会場を借りる料金も多くかかるし、
それはチケット代などにはねかえる、という事になるからね・・・。

「ライブハウスでは、もう二度と見たくない!絶対にヤダ!」
「ホールツアーだけしか行きません!」
くらいまで気持ちを固めてるなら、堂々とオフィシャルに注文をつけていい。
でも、そうじゃないならやめたほうがいい・・・
その場に合わせた“見かた”も分らないのに
「くだらない文句」を言えば言うほど、自分たちのクビをしめます。
ライブハウスならではの楽しみ方が出来ない、
あるいは合わない、もしくは見たくないなら・・・
勝手に来なきゃいい。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/17 23:29 ] ウルフルズ | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://50u1710.blog.fc2.com/tb.php/2574-dbe3cc80