静岡 [久能山東照宮]と[日本平]に行って来ました (その2:久能山東照宮) 15/01/09

こちらから続いています( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-2423.html )

150108-久能山東照宮 参道 (2)

30分ほどかけて、
高さは200mくらい、900段以上の参道を登って来ました。
やってきたのは・・・

150109-久能山東照宮 (2)

こちら[久能山東照宮]です。
・・・見えているのは“楼門”、
イチバン奥にある“本殿”までは、まだまだ上りの石段が続きます。
行ったのは01/09ですが、
金曜日の朝という事もあってか・・・見ての通り誰も居ません(汗

150109-久能山東照宮 (12)

150109-久能山東照宮 (14)

“東照大権現”と書いてあります、
ここは徳川家康のお墓がある所です。

150109-久能山東照宮 (13)

間近だと“楼門”全体は撮れないんですよね・・・
これ以上、下がると・・・

150109-久能山東照宮 (9)

下まで転げ落ちちゃいますから。

150109-久能山東照宮 (18)

150109-久能山東照宮 (19)

“楼門”は通り抜けた向こう側からだと全体が撮れます。
豪華すぎて、どこをどう撮ったらいいものか迷います(汗

150109-久能山東照宮 (24)

参道の最初にある鳥居から、ここまでで1100段。
残り59段です・・・

150109-久能山東照宮 (21)

150109-久能山東照宮 (20)

正面まで来ると、見上げる角度の急な石段が続きます・・・

150109-久能山東照宮 (28)

先が見えました!
1159段踏破まで、あと少しだけど、
ちょっとだけ振り返ってみましょうか・・・

150109-久能山東照宮 (26)

これだけしか進んでないのに、“楼門”の高さよりも上に居るし・・・

150109-久能山東照宮 (27)

“楼門”の外を見れば、これだけ登って来ています。

150109-久能山東照宮 (29)

石灯篭の先の石段が最後になります・・・

150109-久能山東照宮 (32)

150109-久能山東照宮 (30)

石段の上の“唐門”をくぐると・・・

150109-久能山東照宮 (39)

こちらが“拝殿”、この後ろに“本殿”があります。
狭い境内なので、これ以上引いて撮る事は出来ないけど・・・

150109-久能山東照宮 (41)

150109-久能山東照宮 (42)

150109-久能山東照宮 (43)

150109-久能山東照宮 (44)

150109-久能山東照宮 (46)

150109-久能山東照宮 (47)

150109-久能山東照宮 (48)

150109-久能山東照宮 (49)

何というか・・・どこをどう撮ったらいいものか(笑
“権現造り”という様式だそうですが、ここで初めて確率され、
以後[日光東照宮]をはじめ様々な場所で取り入れられたんだそうです。

150109-久能山東照宮 (45)

さきほどくぐった“唐門”、これも・・・

150109-久能山東照宮 (33)

150109-久能山東照宮 (34)

150109-久能山東照宮 (35)

150109-久能山東照宮 (36)

150109-久能山東照宮 (37)

150109-久能山東照宮 (38)

150109-久能山東照宮 (78)

150109-久能山東照宮 (79)

150109-久能山東照宮 (80)

150109-久能山東照宮 (81)

透かしや立体の彫りものがあったり、色彩も豊かだし・・・
見ていて飽きる事が無いです。

150109-久能山東照宮 (50)

“拝殿”の左側に道が続いています、
その向こうで“本殿を”横から少しだけ見る事ができます。
“本殿”は“拝殿”の、すぐ後ろに建てられているので
正面から見る事は出来ないけど・・・

150109-久能山東照宮 (52)

150109-久能山東照宮 (54)

“獅子”ですね、百獣の王という事で強さの象徴です。

150109-久能山東照宮 (55)

150109-久能山東照宮 (56)

この様にパッと一見しただけでも、力強さを感じる造りです。
“本殿”の左側の先に・・・

150109-久能山東照宮 (51)

“廟門”があります。
167cmの自身でも屈まないとくぐれない小さい門です。

150109-久能山東照宮 (75)

こちらには“牡丹”、百華の王という事で優しさの象徴です。
1159段の石段は終わったけど、先へ・・・

150109-久能山東照宮 (58)

150109-久能山東照宮 (59)

150109-久能山東照宮 (60)

150109-久能山東照宮 (61)

150109-久能山東照宮 (62)

たった40段の石段を登るだけで・・・

150109-久能山東照宮 (64)

この様な所に出て来られます。
こちら“神廟”、徳川家康のお墓になります、
石塔は高さ5.5m、周囲8mあるそうです。
西向きに埋葬されていて、
西国の有力外様大名や外国に「睨みを利かせる」とか、
延長線上には故郷の岡崎と、その先には京都があるとか、
ここから富士山をむけば、延長線上には徳川氏発祥の地と
[日光東照宮]があるとか・・・
他にもいろんな逸話があるのは有名な話です。

150109-久能山東照宮 (67)

150109-久能山東照宮 (68)

150109-久能山東照宮 (72)

周りは森に囲まれていて、
風の音と鳥の鳴き声くらいしか、しません。

150109-久能山東照宮 (65)

150109-久能山東照宮 (66)

すぐ脇には“金の成る木”があります。
「しょうじ木(正直)」
「じひふか木(慈悲深き)」
「よろずほどよ木(よろず程良き)」
これを心掛ければ富貴を得られると家康が言ったエピソードがあり、
それに・・・
「あさお木(朝起き)」
「いさぎよ木(潔き)」
「ようじょうよ木(養生良き)」
「かないむつまじ木(家内睦まじき)」
「しんぼうづよ木(辛抱強き)」
「ついえな木(潰えなき)」
「ゆだんな木(油断なき)」
「かせ木(稼ぎ)」
を心がければ、より多くの富を得られるというのが
“金の成る木”の話ですね。

150109-久能山東照宮 (76)

来た道を戻って“唐門”まで戻って来ました・・・
今度はここを降りて行く事になります(汗

150109-久能山東照宮 (84)

150109-久能山東照宮 (87)

150109-久能山東照宮 (92)

“楼門”を後ろから見た左の傍らに・・・

150109-久能山東照宮 (95)

家康の手形があります。
意外と小さかったです。

と、言う訳で、
昨年に続いて、1月初旬に[久能山東照宮]に来てみました。
参道の1159段ある石段を登って参拝してきましたけど・・・
石段を上がっている時も、境内を歩いている時も、
観光客や地元の方にも全く会わなかったんですよね。
静かな中で、ゆっくり見て回れたのは嬉しかったです。
決して知られてないとか人気がないという事じゃなくて、
来た日付と時間帯、そして運が良かったんだと思います。
社殿は一昨年“国宝”なった建物、徳川家康の御廟もある所、
長い参道を上がってきた所からの見晴らしも抜群です。

来た道を戻って来て・・・

150109-久能山東照宮 (97)

ここを右へ行くと売店があって、その奥に・・・

150109-久能山東照宮 (98)

150109-久能山東照宮 (100)

ロープウェイ乗り場があります。
この後は富士山を望む景勝地である[日本平]へ渡ります。


続きます・・・
( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-2428.html )



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/09 10:23 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://50u1710.blog.fc2.com/tb.php/2424-756a9d8d