【ウルフルズ】 FM802 特番を聞いて

先日、活動再開を発表した[ウルフルズ]、
“復活”と同時に予告されていた、今日の大阪でのライブ。
その様子は

140301-FM802 ウルフルズ特番 (4)

[FM802]で
「クリアアサヒ Present 復活(フッカッツ)だぜ!!ウルフルズ 道頓堀ストラット」
として、特番が組まれ生中継されました。

140301-FM802 ウルフルズ特番 (3)

140301-FM802 ウルフルズ特番 (2)

スマホを通して、聴いてました。
直接は見てないけど、ものすごい盛り上がりである事が容易に察しが付く。
最初に登場する時のSE、コンサートで使われているのと同じ演出、
トタの絶唱、ケーヤンのEG、John・BのB、サンコンJrのDr、
お決まりのC&R・・・
4年半前に一気に揺り戻される感覚でしたねぇ。
嬉しかったし、何度も泣けてしまって、目がイタイです。

特番は、前半がフリーライブ、後半はインタビューでした。
今日、放送しきれなかったインタビューは、
03/02 19:00~[FM802]で3時間特番として放送されます。

それだけでなく、この日の特番で[クリアアサヒ]のCMが流れていたけど、
それが何と!この特番だけの録り下ろしというじゃありませんか!
他所では流れる事がない貴重な音源になりました♪


今日は・・・

140301-FM802 ウルフルズ特番 (5)

これでカンパイです♪(笑





















ウルフルズ
FM802 クリアアサヒプレゼンツ!!
 フッカッツだぜ!! ウルフルズ、道頓堀ストラット!

2014.03/01 とんぼりリバーウォーク

ナレーション・・・

 2009年の活動休止から4年半・・・
 トータス松本、ウルフルケイスケ、JOHN・B、サンコンJrが
 帰ってくる!
 FM802クリアアサヒプレゼンツ!!
 フッカッツだぜ!! ウルフルズ、道頓堀ストラット!



美 こんばんは加藤美樹です。午後5時を回りました。
  天気は雨、昨日から降水確率が50%から70%へと上がっている大阪ですが、
  さすがトータスさん?風速MAXになる所を・・・
  メンバーが抑えてくれたんだと思います。
  2009年の活動休止から4年半、
  ウルフルズ復活(フッカッツ)だぜ!の嬉しい発表があった今週。
  今日は国民的バンド、ウルフルズの復活を記念して緊急特番をお届けします。
  まず・・・タイトルでも言いましたが、私は大阪ミナミ道頓堀にいます。
  ミナミ・・・明奈だったり、陽子だったり、南野ですね。あ、洋子だと南田です。
  (カトミキさんダジャレ連発/笑)
  今日は大阪某所にウルフルズが登場すると告知してまいりましたが、
  それがここ道頓堀、戎橋の袂になります。
  いま、既に大勢の方がお越しくださっていますが・・・
  雨に濡れて風邪ひかないでくださいね、
  でも小雨なら様子をみて傘をたためるといいかなぁ・・・?
  ライブが始まったら一人でも多くの方が見られる様にして頂けると嬉しいです。
  ぜひ間に合う方や近くにいる方は、
  復活後の大阪初ライブを、その目にその心に焼き付けに来てください。
  最近いいことないなぁ・・・と言う方、
  「生まれ変われるチャンス!チャンス!」かも知れません。
  「今日がその日になるかも?」
  (ここは新曲の歌詞をうまく絡めて☆)
  行けないという方は、このFM802が独占生中継でお送りしますので
  ラジオを通して楽しんでください。
  これからも多くの方が、この道頓堀に集まると思いますが、
  みんなで楽しめる様に、どうか、押し合い、へしあい、どつい合い。は無しで、
  (ウルフルズの曲「おし愛、へし愛、どつき愛」に掛けたねぇ、うまい♪)
  ウルフルズを迎えて下さい。

♪~ 愛がなくちゃ

美 クリアアサヒのTVCMご覧になりました?
  4人で「ナニワブギウギ」歌ってましたね。
  この番組のクリアアサヒのCMも4人で登場、
  しかも、この番組だけの撮り下ろしなんだそうです。
  ラジオの前から離れられない1時間です。

CMを挟んで・・・

美 道頓堀から生放送でお送りしています。
  川の両側は多くの人であふれています。
  これから戎橋の袂にウルフルズが登場してフリーライブを行いますが・・・

と、言った所で・・・

いつものSE(ジェームスブラウンのCross Firing)が。
道頓堀川を西から船で移動してきたステージ船が到着した模様。
カトミキさんが、その様子を実況しているんですが・・・
時折、歓声にかき消される様な状態。
船の中からウルフルズ登場、揃いのエンジのスーツ、
それぞれが定位置でスタンバイをし・・・
と、いう実況をし終えるかし終えないか、というタイミングで・・・

ト イエーイ!!どうもありがとうウルフルズです!!
  オオサカー!!
客 イェーイ!!
ト オオサカー!!
客 イェーイ!!
ト オオサカー!!
客 イェーイ!!!
ト いくぞー!!!!

ドンドンドンドン・・・・
Drのリズムが鳴り・・・・

ト エブリバディー!セイ!イェー~~~~イ!!!
客 イェー~~~イ!!
ト セイ!イェー~~イ!!
客 イェー~~イ!!
ト セイ!イェー~イ!!
客 イェーイ!
ト オー!イェーイ!!
客 イェーイ!!
ト イェイ!!
客 イェイ!!
ト イェイ!!
客 イェイ!!
ト カモーン!ケーヤーン!!

 あ、アカン・・・このお決まりの流れ、これだけで泣けてくる。

♪~ ガッツだぜ!!(Live)
 
 最後を「大阪!ありがとう!!」と締め。

ト いやぁ、すごいすごい!
  改めましてウルフルズです!!
  はぁ~・・・(溜息。何か言いたげなんだけども、かなり間が空いて・・・)
  嬉しいな♪(ものすごく感慨深げに、静かに、そうひと言。)
  (そして何かを吹っ切る様に)よし、いこう!!

♪~ バンザイ-好きでよかった-(Live)

ト ありがとう。
  いやぁ、もうすごい人で・・・
  あいにくの天気(大阪は雨の予報。当時は小雨。)になってしまったけど。
  でも、何か象徴的な感じもします。雨もええなと思って。
  本当にお待たせして・・・待っててくれていたんやなと。
  こんなにも大勢の人が集まってくれると実感しますし、
  グワーッとね、ものすごいエネルギーになっていく気がします。
  改めてメンバー紹介をしてもいいですか?
  ミスタースマイル、笑うギタリストウルフルケイスケ!
ケ ありがとうー!
ト 昨日のMステではあんましゃべられへんかったから(笑
ケ おまたせしましたー!!
ト あはははは(笑
ケ まさかね、またこんな所でライブが出来るとはね。
ト 船の上でね~・・・
ケ 一生・・・忘れません。
ト 85年(タイガースが日本一になった年)は、
  あっこ(すぐ目の前に見えている戎橋)から飛び込んだの?
ケ (笑
  (現地を見てないけど、恐らくは
   「そんなことはしてない」という何らかのやりとりがあったと思う)
ト あっこから飛び込むのは見てたんやね。
ケ 見た(笑
ト そして、ベース!John・B・チョ・・・
  チョッパーは取れたんやったっけ??知らん間に。
客 (ブーイング/笑)
ト ほれみい、こんなブーイング(笑
  John・B!!
ジ そうチョッパーはね・・・
ト その問題はええねん!(笑
ジ 僕ねやっと(位置関係を)把握した・・・
  あっちがグリコ(の看板)なんですね。

 客がシーンとした様子に・・・

ジ いや、ごめんごめん。
客 (笑
ジ それにしても、すごい(人)っすね・・・。
ト グリコ(の看板)は、だいぶ向こう?
ジ 僕、前にも通った事あるけど。
  それにしても、こんなにも人が集まってね・・・嬉しい。
  いやぁ・・・ありがとうございます!がんばります!
ト そしてDrはサンコンJr!
サ ありがとうございます。
  昨日Mステに出たり、4人で演奏しにいっても、
  何か照れくさかったり嬉しかったり。
  でも、今日こうやってライブが出来て嬉しいです!がんばります!!
ケ そしてVoは!魂ゆさぶるオトコー!!トータス松本ー!!
ト ありがとう!!
  ほんまにありがとう!!!
  いやぁ・・・ほんまにやれて良かった!!
  これからまた全力で!・・・もう一回全力で!!
  ・・・がんばってみるわ!
  自分らが「これや!」って思った事だけを目指してやっていくから!
  それがみんなのチカラになってくれたら、そんな嬉しいことはないです!!
  大阪代表!・・・こんなライブの最中にソースの匂いがしてくる様な(笑
  こんな街で、しかも船の上でライブをやれて、
  こうしてみんなに祝福してもらって・・・、
  こんな嬉しいことはないです。本当にありがとう!
  もう1曲新曲を!
  802がいっぱい流してくれているらしい新曲を歌います!
  投げやりなタイトルかもしれないけど、
  みんな歌って踊って!いくよ!?いくよ!!

♪~ どうでもよすぎ(Live)

ト オレたちはー!?
客 ウルフルズー!!
ト 君たちはー!?
客 お客ー!!
ト ここはー!?
客 「道頓堀」「大阪」が半々くらい。
ト (笑
  ここでは、道頓堀!
ト ここはー!?(笑
客 道頓堀ー!!(笑
ト あーい言葉(合言葉)はー!?
客 A・A・P!!!
ト サンキュー!!どうもありがとう!!ありがとう!!


美 FM802がお送りしています、
  フッカッツだぜ!!ウルフルズ道頓堀ストラット。
  3曲、ガッツだぜ!!バンザイ、新曲どうでもよすぎ、でした。
  最後は「A・A・P」の掛け声も聞けましたね。
  いま道頓堀ではアンコールの拍手、
  あ、A・A・Pコールが沸き起こってますね。
  ガッツだぜ!!の後のMCでトータスさんが、
  道頓堀の両サイドにいるみんなを見て、その笑顔をみつめて、
  たったひとこと「嬉しい」、グッときました。
  揃いのエンジのスーツを来た4人が船で道頓堀を後にする所です。
  番組では、この後、復活発表前夜、
  都内のレコーディングスタジオで収録した、
  4人のインタビューを独占OA。

CM後・・・

美 お待たせいたしました。
  こうやって紹介できるのが大変うれしく思います。
  ウルフルズのみなさんです!
ウ こんばんはー
美 おひとりづつ、お声を頂けますか?
ケ ウルフルケイスケです、お久しぶりです。
ジ John・Bです。よろしくお願いします。
サ サンコンJrです。
ト トータス松本です。
美 復活おめでとうございます。
  実はインタビューさせて頂いている今日は「復活発表」前夜なんですが、
  いまのお気持ちは♪
ウ (笑
ケ ドキドキですよ(笑
  ウソの様な本当の様な・・・。
ジ 何か気持ちがワサワサしてます。
サ ようやく、ウソつかなくて良くなるのかな・・・と。
美 ウソつかなくて??
サ 去年も友達とかに「ウルフルズやるの?」って、
  すごい聞かれる事があったけど、
  「さぁ、わからん。」としか言えなかった。
美 あぁ!じゃあ去年には、もう・・・
サ レコーディングとかもしてました。
ケ ウソじゃないけど、ハッキリ言えないというか、
  申し訳ないけど今は言えない。
ト 「実は・・・」とか言いそうになるもんね。

美 復活のきっかけ、経緯を知りたいのですが・・・
  「復活しよう」と言い出した人は誰なんですか?
ト 言い出したのは・・・誰やった?僕か。最初は。
  でも「復活するために動け!」って言ったのはJohn・B。
  John・Bに「お前が動け!」と言われたね~。
美 それは復活したかったけど、何かタイミングをうかがってた??
ジ まぁ・・・あの~・・・寂しいじゃないですか(笑
  ソロ活動もしていて、いろんなライブに出たりしたけど、
  ウルフルズの頃からのファンの人が多く居て、
  やっぱりウルフルズとしてやってほしそうだったんですよ。
  それをすごい感じていてね・・・
  何か寂しいじゃないですか、そういうの。
美 復活するぞ!となって、4人で最初にした事は?
ト 事務所のスタジオでプリプロ、いわゆるセッション。
  まず4人で音を出してみてどんなもんかな?と。
  5年ぶりくらいに バンザイ とかやってみてね・・・
  何かヘンな感じやったねぇ。

美 復活して最初に届けてくれた曲があります。タイトルは?
ト どうでもよすぎ?(笑
美 最高のタイトルですよね~♪
  「うわぁ、ウルフルズだー!」って思いましたよ。
  一歩深まったなぁ、と(笑
  最初に聞かせる曲として、この曲はすんなり決まったんですか?
ト スタッフが “ガッツだぜ!!” の様な
  応援歌的な曲でスタートするのはやめましょう。と。
  何や訳わからん!っていう歌が無いですか?って(笑
  とにかく勢いがあるやつ、ぶちぎれてる様な感じの曲・・・
  そんなイメージをなげてきたんです。
  最初は「どんなんやろ~・・・」って思ったけど、
  だったら、スリークウォーターでロックでハイテンションで短い曲?みたいな。
  これが出来た時は「あ!やっとできた!」と、
  4人で演奏してる姿がハッキリと見えた。
美 その曲を聞いてどうでしたか?
ケ すごくいいなと思って。
  さらにこんなパートのどお!?ってすぐに録音して送ったりして。
  ( ↑ この辺り、かなり嬉しそうに。)
サ これは「キターッ!」って思いましたね。
ジ 「うわっ!」ってなりましたよ。気持ちがグワッと入るというかね。
  そういう気持ちはスタッフもみんな一緒だったみたいですよ。
美 やっぱりみんなで一緒にやるっていうのは、
  他の人とやるのとは違うんですよね。
ト やっぱり“バンドの音”っていうのがあるけど、
  それは変わってなかったですよ。
  技術的な事とかはあるけど、根っこの部分というか・・・
  うまく言われへんけど、ウルフルズといえば何かバタバタしてるというか、
  そういうのは全部のバンドにあると思うけど。
  ウルフルズを好きな人は、この4人で出した音が好きになってるから、
  理屈では言われへんよね。

美 ウルフルズとは自分にとって何?
ト ちょっとシンキングタイムが欲しいなぁ・・・
ジ じゃあサンコン
サ 僕からですか?・・・
  4人でもう一度やるってなった時に考えたんですけど、
  生涯をかけて楽しむ。一緒に音楽を楽しむ場所。
ケ やっぱりそうか~!みたいな感じ。
  俺にとってウルフルズは・・・そうか、やっぱこれやな~!って。
美 トータスさん、John・Bさんいかがですか?どちらでも・・・
ジ いやいや、ここは僕でしょ(笑
  回答の最後が僕で終わっちゃいけないでしょ。
  ウルフルズ・・・やっぱバンドマンというか、バンドやな・・・と、しかね。
ト ファンクラブへのコメントを求められた時に出たのが“実家”。
  実家に戻るみたいな。
  ソロ活動とかをしてるのは、ちょっとグレて実家から出てったみたいな。
美 帰るのにはちょっと気恥ずかしかったり?
ト そうそう。
美 それにしても、よく(復活するっていう事が)バレなかったですね~・・・
ト そうやねぇ。
美 でもクリアアサヒのCMにケイスケさんが出た時に
  「あれ??もしかして??」って思ったんですよ。
ト ちょっとづつね、そういういや~らしくね(笑
ケ その前に僕がトータスのライブに出たりしたしね。
美 播磨ですね。
ト でも、ありがたいですよ。
  業界でもウルフルズが好きな人いっぱい居てくれてね。
  CMやりましょう!とか言ってくれてね。

美 最後に802リスナー、関西のウルフルズファンに。
ト まぁ、こういう事になって、うれしはずかしですけど・・・
  やっぱり、好きなんですよ・・・ウルフルズが。
  メンバーがウルフルズが好き、そういう気持ちで動かしていけたらいいし、
  新たに好きになってくれる人がいっぱい居て、
  古くからのファンの人にも
  「ほら、きたっ!!」って気分を上げてもらえる様なね。
  日本を元気に!とかは大げさやけど、
  向かってくる難問を蹴散らしていける様な前向きな気持ちになればと思います。
ウ よろしくお願いします!
美 ありがとうございました!


100%正確なものではなく、
個人的に感じた事や覚えている事でしかありません。
ここで書いた事は、あくまでも
「その流れ等をなぞる程度のもの」・・・と、して下さい。

また、明日も[FM802]で
[ウルフルズ]に関連した番組があるそうなので、
それも楽しみに待ちたいと思います。


ここまで 2014/03/01 にUP




追記・・・
上の最後に書いた、番組の様子を書いてみました。
( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-2266.html )
上記URLから移動できます。
お時間がある時にでも、お付き合いください。


追記分は2014/03/02 23:31 更新


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/01 23:59 ] ウルフルズ | TB(0) | CM(2)

Re: タイトルなし

まめさん、ありがとうございます。
ホンマに、ただただ「嬉しい」ですね♪
昨日は、ちょっとしたきっかけでホロッと涙が出て来てタイヘンでした(笑)
[ 2014/03/02 11:09 ] [ 編集 ]

早速拝見させて頂きました!
ありがとうございます(^∇^)
情景が浮かび、復活したんやなーと再確認しました。嬉しいです✳︎ ☆
[ 2014/03/02 05:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://50u1710.blog.fc2.com/tb.php/2265-19dcba97