つつがなく・・・

父方の祖母の葬儀を終えてきました。
高齢の喪主(祖父)が体調不良で途中退席という事があった以外は、
つつがなく。

ただ・・・個人的には、やっぱり居場所が無かった。
祖母と付合いをしていた人がどれだけ居るのか分らないのと、
本来なら喪主としてか、その「代わり」に動かなければならない、
祖母の長男(=自身の父親)が、とっくに居なくなってる事から、
今回はその代わりを叔母がしていたけど、
世代が1つ違ってしまう事からか、
相談相手とかには当然の様になりきれず。
家柄としては、とても肩身の狭い思いをした事。
そして、どうしても
年下の従妹の「子だくさんぶり(8才・6才・5才・3才の4人)」と、
未だに「独身」とで比べられてしまうので、
ものすごく視線が痛かったです。
前回、大がかりに親族が集まったのは、
父親が亡くなった時だけど、
その時は、まだ“進行中”という事で、何もなかったし、
むしろ、父親が亡くなったのは残念だけど、
これを機会に・・・という雰囲気もあったりしたけど。
今回はホンマに、結婚はおろか、進行中の何かも全くないので、
子供や結婚の話になった時にチラッと見られる視線、
仲の悪い親族からの嫌味の様な話の振られ方・・・
午前中から夕方前に解散するまで、ず~~~っと胃が痛かった。
気分転換なんて無理、しばらく引きこもっていたい気分。
・・・それでも、近いうちに祖父のお見舞いに行かないと。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/23 18:48 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)