FC2ブログ






[大神(おおみわ)神社]へ行って来ました

前夜に横浜駅から[ムーンライトながら]に乗って出発し、
名古屋駅→亀山駅→加茂駅→奈良駅と乗継いで・・・

111229-三輪山 大神神社 (1)

奈良県桜井市の三輪駅までやってきました。
そのホームから見える・・・

111229-三輪山 大神神社 (2)

この山・・・

111229-三輪山 大神神社 (3)

“三輪山”と言います。キレイな形の山なんですけど、
この山をご神体とする神社があります・・・

111229-三輪山 大神神社 (6)

111229-三輪山 大神神社 (8)

111229-三輪山 大神神社 (9)

[大神(おおみわ)神社]です。
(鳥居にそう書いてある通り[三輪明神]とも呼ばれます。)
以前、『 こー 』は橿原市を中心に奈良県東部・南部に通っていた事があったんですけど、
その時に三輪山を見て『あ、ここには行っておかないと・・・』と、
何かを直感めいたものを感じつつも、なかなか来る機会を得られぬまま(汗
それから十年くらい経って、やっと来る事ができました。

この[大神神社]、古くは[日本書紀]に創建した旨の記述がある・・・んですか?
その事から「日本最古の神社」と称されているそうです。
有名な[伊勢神宮]よりも古い言い伝えが残る神社なんですね。

111229-三輪山 大神神社 (10)

ゆるやかな登り道の参道を歩くと見えてくるのが・・・

111229-三輪山 大神神社 (11)

[拝殿]になります。
[本殿]ではないのは“三輪山”そのものがご神体なので、
そのご神体を拝むための建物・・・という事です。
ここでお参りをした訳なんですけど、
手付かずの森の中を歩いていた事もあるし、
十年ぶりくらいの念願が叶った事もあって、
泣けてきそうな気持ちになってしまいました。

気分転換に、この境内(なのかな?)には展望台へ行こうと思い、
[拝殿]の脇から歩く事10分ほど・・・

111229-三輪山 大神神社 (13)

[大美和の杜展望台]という所までやってきました。
そこからは奈良盆地の南半分を一望できます☆
この中で目立つのは・・・

111229-三輪山 大神神社 (14)

これかな。
霞んでいるけど、向かいにあるこの山は“二上山”と言います。
北の“生駒山”、西の“二上山”、東の“三輪山”、
この特徴のある山を、『 こー 』は道に迷った時の目印にしてました(汗

111229-三輪山 大神神社 (12)改

この3つの山も歴史に登場しますねえ“大和三山”です、
この山に囲まれた所に“藤原京”があったんですよね。

111229-三輪山 大神神社 (17)

来る時にくぐった鳥居も存在感があります。
振り返ると・・・

111229-三輪山 大神神社 (18)

“三輪山”が目の前にあります、
これを見て、頂上にある“神さんの憑依”に直接会いに行きたい気分に。
境内にある・・・

111229-三輪山 大神神社 (20)

こちら[狭井神社]の右脇に、“三輪山”への登山口があります。
入山手続きとお払いを済ませて登る事になるんですが、
“ご神体”に登らせて頂くという事から、
古くから厳しい入山規制があった様で、決まり事があります。
まず、入山手続きの時に渡される「たすき」を必ず着けていなければなりません、
そして山内での飲食・喫煙は厳禁です、
神聖な場所なので常に清浄にする様に務めなければいけないという事ですね。
“ご神体”の一部である小枝や葉・石・砂・水などを
山内から持ち出すのも禁止です。
また撮影なども許可されません。

と、入山前の注意事項を確認した上で、登っていく事になるんですが・・・
頂上は標高467m、行程は2kmほど、片道1時間ちょっと、
ほぼ登りっぱなしの道程になります。
もちろん、登ったところで眺望が楽しめる様な施設があったり、
その様に木々の手入れなどがされている事もありません。

そこは手付かずの森で大木ばかりの鬱蒼とした所。
登山道とはいえ、登りやすく整備されている訳もなく、
むき出しになった木の根っこや、
転がっている石などを階段として使い、
平坦な所はほとんど無いまま、
場所によってはヒザの高さまで足を上げないとならない様な、
そんな道を、ひたすらに、ほぼ真っ直ぐに登りながら頂上を目指します。
ただただ、ひたすら急な登り道を歩き続ける事になるんですけど、
もちろん汗だくで、息も切れ切れになって登って行く訳で、すっごい疲れるけど、
その分だけ、頂上で神さんの憑依になっている“磐座”が見られた時は・・・
目前で神聖なものを見られると言う事で、感動します。

そんな思いをしながら登っていった帰り道、
恐らくは少し前までの自分と同じ思いをしながら
対向して登ってくる人がたくさん居る訳です・・・
自然と挨拶も交わすし、声を掛けたりする様になるし、
もちろん道を譲り合ったりする様になるんですよね。
ちなみに、登りでかなり体力を消耗するだけでなく、
足腰・ヒザなどへの疲れも溜まる中での急な下りになるので、
下山する時の方が要注意です。

[三輪山]への参拝(登拝:とはい、と言いますね)も含めて
4時間以上[大神神社]で過ごす事になったんですけど、
こういう所に来ると、とても穏やかで清々しい気持ちに。
また機会を作って来なきゃならない所が増えました。

下山してきての昼ご飯は・・・

111229-三輪山 大神神社 (21)

三輪と言えば素麺発祥の地、
今回は温い汁で頂く「にゅうめん(煮麺)」と、
奈良県五条の郷土料理「柿の葉寿司」、カラダに沁みました♪


~ ランキングに参加してみました ~ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/29 00:00 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する