FC2ブログ






【野球】 ドラゴンズの優勝が決定した試合を見て来ました。

優勝までのマジックを1にしてから、少し足踏みの“ドラゴンズ”、
今日・・・

111018-ハマスタ (3)

「ハマスタ」で“ベイスターズ”戦です。
『優勝の瞬間が見られるかも♪』と思い、行って来ました。
“ベイスターズ”は今シーズン最終戦で、
外野自由席(と、内外野最上段の立見席)が無料開放されていたので、
そこで見ようかと思ったけど、運よく連れが見つかったので、
3塁側内野指定席で見て来ました。

111018-ハマスタ (9)

“ドラゴンズ”は、いま考えられるベストオーダー。
“ベイスターズ”は、どうなんやろう。

以下、“ドラゴンズ”の視点で経過を。
1~3回まではキッチリ3人づつ、特に見所もないまま。
4回表
 1アウトから2番井端がショートへの内野安打で出塁。
 3番森野がフォアボール、1アウト2・1塁。
 4番ブランコはセカンドゴロ併殺、3アウト。

4回裏
 “ベイスターズ”が下位打線で3点先行、
 チャンスをものに出来なかった直後に先制、イヤな流れ。

5回表
 1アウトから6番和田がライト前ヒットで出塁も、後が続かず。

5回裏
 ネルソン投手ら久本投手へ。
 1番からの打順をピッチャーゴロ・三振・三振と危なげないピッチング。

6回表
 9番久本投手の打順でPH堂上(兄)、ライト前へ低いライナーのヒット。
 ノーアウト1塁で1番荒木、空振り三振。2番井端、見逃し三振。
 2アウト1塁で3番森野、センター前ヒット、2アウト2・1塁。
 4番ブランコ、ファウル→ファウル→ボール→ボールからの5球目のストレートを、
 バックスクリーン右横へ低い弾道の3ランホームラン☆
 1・2・3!のタイミングで出会い頭と言う感じ。
 ボール球なら引っかけてゴロか、空振りだった様な。
 とにかく、これで3-3の同点に追いつく。

これで負けは無いと確信。

6回裏
 久本投手から鈴木投手へ。久しぶりに見る名前が続く。
 4番からの打順をあっさり三者凡退に抑える。

7回表
 高橋投手の打順でPH福田、レフト前へゴロのヒット。PR英智。
 8番大島は送りバント、1アウト2塁。
 “ベイスターズ”が左投手に交代した所で、
 9番堂上(兄)にPH小池が登場するも、空振り三振。
 1番荒木、見逃し三振。悔しかったのかバッターボックスで蹲ってしまった。
 同点で迎えたチャンスだったが勝ち越せず。

7回裏
 鈴木投手から高橋投手へ。この繋ぎ方も久しぶり?
 7・8・9番をサードゴロ→三振→三振と、いいテンポで抑える。

8回表
 2番井端はライトへ、3番森野はレフトへ凡フライで2アウト。
 4番ブランコは勝負を避けられる感じでフォアボール、
 5番谷繁、きれいにセンター前ヒット、2アウト2・1塁。
 6番和田、センターフライで3アウト。7回に続いて勝ち越せず。

8回裏
 好調だった高橋投手から小林投手へ。
 1番からの打順で内野安打→送りバント成功(1アウト2塁)→三振→敬遠(2アウト2塁) ここで浅尾投手が大歓声の中をマウンドへ。
 5番渡辺(4回裏に先制タイムリーヒットを打ってる)を
 ショートゴロに打取り3アウト。

9回表
 “ドラゴンズ”は7・8・9番の下位打線、あっさり3アウト。

9回裏
 引き続き浅尾投手。相手の6・7・8番を粘らせず3アウトに。

この時点で試合開始から3時間10分ほど経過、延長戦に。

10回表
 1番荒木、センターフライ、1アウト。
 2番井端、セカンドゴロ、2アウト。
 3番森野、ストレートのフォアボール、2アウト1塁。
 4番ブランコ、高く上がったセカンドフライ、3アウト。

11回裏
 引き続き浅尾投手。
 PH森本、大きなファウルを打たれたりして苦戦、
 粘られた末にフォアボール。ノーアウト1塁。
 1番の打順で送りバントをさせるが、小フライになる。
 これを谷繁捕手がそのまま捕って1アウト1塁。
 2番、セーフティーバント気味にバントするが、
 浅尾投手の好判断でセカンドへ送球、ランナーアウトで2アウト1塁。
 3番、ファウル→空振り→ボールからの4球目、
 ワンバウンドになったストレートを空振り、
 谷繁捕手が前にボールをこぼすが、主審が空振三振を宣告し3アウト。
 この時点で試合開始から3時間半以上経過、
 今季の特別ルールにより、この回にて試合終了。

111018-ハマスタ 優勝の歓喜 (1)
(ここから下の画像は動画からのキャプチャーなので粗いです)

ファイナルスコア直前(笑
試合終了の瞬間は

111018-ハマスタ 優勝の歓喜 (2)改

マウンドを見てましたから(笑
最後は空振り三振で、浅尾投手・谷繁捕手がガッツポーズ!

111018-ハマスタ 優勝の歓喜 (3)

同時に3塁ベンチから選手が飛び出して来て

111018-ハマスタ 優勝の歓喜 (5)

マウンドには歓喜の輪♪
実はその真ん中で浅尾投手がみんなから突っ込まれてた(笑
少し間を空けてから落合監督がゆっくりと登場し・・・

111018-ハマスタ 優勝の歓喜 (8)改

6回、胴上げされました。

111018-ハマスタ 優勝の歓喜 (10)

大勢のファンに挨拶をして

111018-ハマスタ 優勝の歓喜 (11)

優勝監督インタビュー。

アナ:ファンはこの瞬間を待ってましたよ!
監督:いやあ、私も待ってましたよ(笑
アナ:M1になってから特に苦しかったと思いますけど、どの様に試合を見てましたか?
監督:とても順調に来ていたと思うんですが、やっぱり13連戦。
    (最後の)ヤクルト戦、巨人戦と簡単に勝たせてくれるとは思ってませんから、
    最悪3連敗する事も考えながら、何とかここから(の3試合で勝って)と思ってましたけど。
アナ:迎えた今日のゲーム、最後までどうなるか判らないゲームでした。
監督:今年を象徴してるんじゃないでしょうか、こういうゲームは。
アナ:9回(ピンチの時に)盛んにブルペンと電話されてましたが、どんな内容だったんですか?
監督:それは中での話しなので、お考えください(笑
    (※想像にお任せしますというニュアンス)
アナ:球団初の連覇、落合監督にとってはどうですか?
監督:今年ドラゴンズは(球団創立から)75周年なんですが、
    (今までリーク連覇は)1回も無かった訳ですから、
    やっと新しい扉が開いたかな?という感じですね。
アナ:今年は8月の時点で首位と10.5ゲーム差、これをひっくり返しての優勝でしたが。
監督:先行逃げ切りと追い込みと、両方(の戦い方が)出来たのは
    選手が成長してるんだな・・・と。
アナ:今シーズン大逆転できた要因、どんな所が良かったと思われますか?
監督:練習量の差だと思ってますよ。
アナ:監督が言われていた通り、10月に勝負が決しましたが。
監督:今年はこういう(変則)日程で、どの時期のどの順位に居ればいいか、
    その持って行き方が難しかったけど、選手が自分達で良く動いてくれました。
アナ:ここ最近になって「選手達が良く動ける様になって来た」と評価されてましたが、
    その動きはどんな風に?
監督:ただ素晴らしいのひとことです(満面の笑みでした)
アナ:今年は投手陣が凌いで凌いで・・・という試合が多かったですが、
    その投手陣について監督はどの様に評価されてますか?
監督:ピッチャーが良いと言われてますが、
    みんながそれなりの経験をして来てるので(安心していたという感じ)。
    あと、後ろに岩瀬(リリーフエース)が居るのは、やっぱ大きいと思います。
アナ:今日の試合は浅尾投手が最後まで行きましたが(8回途中から試合終了まで)
監督:展開上、引っ張らざるを得ないでしょう(笑
    今日は途中で(投手の)使い方を1ヶ所(=交代のタイミングを)
    間違えちゃったから、これは監督の責任でしょう(笑
    ただ・・・負けなかったのは、やっぱり強いな。そう思います。
アナ:打撃陣については非常に苦労したと思われますが
監督:144試合長いですから、良い時も悪い時もありますからね。
    ただ若手も育ってきてますし、やりくりは出来たと思いますし、
    最後は経験のある選手達が戻ってきて、
    ここ(優勝)に照準を合わせてくれたと言う事ですよ。
アナ:連覇を達成して、もう1つ目標がありますね!
監督:その前に11月から(クライマックスシリーズが)始まりますけど、
    (そこで)勝たないと先へ進めませんから。
    1つの目標(連覇)は達成できたけど、もう1つ(日本一)へ向かって、
    調整して向かいたいと思います。
アナ:今日はたくさんのお客さんが来てます、名古屋から来られた方も居ます。
監督:ドラゴンズのファンは素晴らしいよね。
    勝っても負けても一生懸命応援してくれますし。
    これからも応援してくださいね、よろしくお願いしますね。
アナ:おめでとうございました!優勝監督、落合監督でした!

と、インタビューがあって、
そこからはレフトスタンドと3塁側が大騒ぎ(笑
10分くらいやって、落ち着いてきた頃にアナウンスで、
今日が“ベイスターズ”の最終戦である事と、そのお礼。

『 こー 』はそこまでしか居合わせなかったんですけど、
その後、セレモニーみたいなものがあったのかな?
“ベイスターズ”にとっては負けなかったのに優勝を決められたと言う、
何ともスッキリしない状況だったと思います。
もちろん、勝って優勝阻止がイチバンと思うけど。

一方“ドラゴンズ”としては、上でも書いたけど、
6回に追いつけた時点で、ほぼ負けはあり得ない。
残るは7・8・9回、展開次第でもせいぜい10回まで。
残り3~4回を潤沢なリリーフ投手で凌ぎ切ればいい状態、
本当に引分けて優勝するとは思わなかったけど、
今年の“ドラゴンズ”を象徴する試合展開と、リーグ優勝決定だったと思う。

落合監督の采配や“ドラゴンズ”の試合が「面白くない」「地味でつまらない」、
そんな評価も聞きますが、監督は選手を預かって試合に勝つのが仕事でしょう、
その方法は監督に任しているんでしょう、成績を見て何の不満があるんだろう。
ここ数年は勝っていても、観客動員は増えず赤字と言うのは本当?
観客を増やしたり、ファンが足を運びたいと思う様な事を考えるのは、
監督の仕事じゃなくて、それは球団の仕事です。
試合が面白くないから観客が増えない、ではなくて、
その試合をどうにかアピールして様々な手を打つのが球団の仕事。
勝てない監督より、勝ってる監督の方がどれだけ良い事か・・・
“タイガース”をメインに応援している『 こー 』としては、
いまの“ドラゴンズ”は羨ましい限りです。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/10/18 00:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する