FC2ブログ






[ACC]CMフェス上映会

110305-情文センター (2)

[横浜情報文化センター]にやってきました、
県庁舎の斜向かいにある建物です。
この日は、こちらで・・

110305-情文センター (1)

110305-情文センター (3)

110305-情文センター (4)

[ACC]が毎年主催している日本最大のCMコンクール、
昨年のTVCM応募作品1520本の中から、
ファイナリスト76本、ブロンズ30本、シルバー10本、
ゴールド9本、そしてグランプリ1本の
入選作品126本を上映するという催しです。

TVCMを「気にして」見てる人って、すごく少ないと思う。
ひと昔前はCMになるとリモコンによって他Chに変えられ、
今ではインターネットや携帯などがあって、TVそのものを見る人が減った。
その中で、たった15秒程度でインパクトを残すのはとても難しいと思う。
いろんな方法で印象に残そうとCMが作られているけど、
最近は有名な人を起用して、キレイな場所で撮るとか、
企業や商品のイメージをそのまま映像にした様なものも多い。
高級なものを高級そうに撮ったり、キレイなものをキレイに撮ったり、
想像するイメージからは外れないCMが大多数。
確かにCM=プロモーションなので、それが本当なんだと思うし、
それで売り上げが増えたり、企業や商品イメージが良くなればいいんでしょう。
『 こー 』としてはそんなCMは意外性が無くて「つまらない」んだけど、
入選していたのは、それだけに留まらない何かがあったもの・・・と思う。
グランプリの作品は、それまでの企業イメージを壊したものだった。
それまでの企業イメージを守るならば、
そういうCMを流そうと決断するのには勇気が要ると思うけど、
この会社は逆転の発想を狙った印象、すごいと思う。
個人的にはファイナリストに入った
小矢部市(富山県)のCMが印象に残ってます。
バタバタと反復横とびをしてる映像だけ・・・
真ん中の線が小矢部市で、左を金沢市、右を富山市に見立てて、
「小矢部市は金沢市にも富山市にも近いんですよ」
と、定住促進を狙ったCMでした。
有名な人も出てないし非常に単純で安価な造りなんだけど、
『何だろう・・・これ』と一瞬で目を惹く、
そして訴えたい事がストレートに伝わる、
これが「CM」の原点だと思う、個人的にはベストCMでした。
そして「耳に残った」のは[SONY]の「ウォークマン」のCMで、
180秒というロングVerのCMが入選していました。
新垣結衣さんと大勢の人が[象の鼻パーク]で
(※下記サイトでは[赤レンガパーク]と紹介されていますが、場所が違います。)
MONGOL800の“小さな恋のうた”を大合唱するもので、
きっと、一度は見かけた事があると思います。
30秒のCMではイマイチ伝わってこなかったものが、
ロングVer(180秒)のCMでは涙ぐんでしまうくらいの
とても感動するCMになっていました。
TVCMで「耳に残る」という表現は違うかも知れないけど、
とても印象深く残ったCMです。
余談で個人的に注目の[関西電気保安協会]・・・
こちらも2作品が入選してました(笑
[ACC]をはじめ、CMフェスの常連ですからね。


[ACC]50th 2010 CM FESTIVAL 入線作品発表
 テレビCM部門 入賞作品リスト
 ( http://www.acc-cm.or.jp/festival/10fes_result/tv.html )

[SONY]Walkman広告ギャラリー
 ( http://www.sony.jp/walkman/ad/index.html )

[関西電気保安協会]当協会のコマーシャル
 ( http://www.ksdh.or.jp/enjoy/tvcm.html )


~ ランキングに参加してみました ~ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/03/05 00:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する