FC2ブログ






JR横須賀駅 明治からの生き(活き)証人

この日の最後は・・・

100301-横須賀駅

100301-横須賀駅 (1)

こちらJR横須賀駅から帰浜する事にしました。

100301-横須賀駅 (2)

駅の入口にあった案内板と・・・

100301-横須賀駅 (3)

その横に居た「スカレー」というキャラクター(汗
横須賀がカレー発祥の地という事にちなんだキャラクターみたいです・・・

100301-横須賀駅 (4)

100301-横須賀駅 (6)

『 こー 』が好きな、
具がたくさん入った食べ応えのありそうなカレーです♪
カレーにも長い歴史があるんですけど、
この横須賀駅も長い歴史を持っている駅です。

開業が1889年・・・

100301-横須賀駅 (37)

すぐ目の前の旧日本海軍の横須賀軍港へ
物資や兵員輸送が主な目的だったそうです。
前後するけど、改札を抜けてホームに入ると・・・

100301-横須賀駅 (11)

こんな感じ、平屋の長いホームが続いています。
右側の線路は・・・

100301-横須賀駅 (7)

100301-横須賀駅 (14)

ここで終点、この先の各駅へは・・・

100301-横須賀駅 (13)

こちらの左側しか使われていません・・・

100301-横須賀駅 (8)

100301-横須賀駅 (9)

この駅始発の横須賀線以外は、左側を単線で走っています。

と、長くて申し訳ないけど、ここまでは余談です。
今日のタイトルに繋がるのは・・・

100301-横須賀駅 (12)

こちら!

100301-横須賀駅 (26)

100301-横須賀駅 (28)

100301-横須賀駅 (31)

100301-横須賀駅 (29)

100301-横須賀駅 (30)

100301-横須賀駅 (32)

これこれ、これです、
この駅の屋根を支える鉄骨にはレールが使われているんです。
それだけなら、大して珍しくない・・・
実際に地方に行けば見られる機会は多いし、
個人的には大阪やその周辺ならば、けっこう見つけられたりします。
(東京や横浜では、どこで見られるか知りません/汗)

ここでは、このレールがいつのモノなのか?
それを見る事が出来ます・・・

100301-横須賀駅 (16)

100301-横須賀駅 (17)

100301-横須賀駅 (18)

100301-横須賀駅 (19)

100301-横須賀駅 (20)

これは1907年製のレール、
普通ならサビ止めの塗装などの下に埋もれてしまって見られない刻印、
それを展示の一部として見せてくれています。
他にもいくつかあったんですけど・・・

100301-横須賀駅 (22)

100301-横須賀駅 (24)

100301-横須賀駅 (25)

これは1887年製・・・

100301-横須賀駅 (23)

こっちは1886年製のモノです。
もちろん昔は地面に敷かれていたレールです、
新品と交換された時に屋根の部材として転用されたものでしょう。
なんで外国製のレールが使われているのかと言うと、
当時、日本の製鉄技術では鉄道のレールとして使える
(使用に耐えられる)品質の鋼鉄が造れなかったそうで、
外国から質のいいレールを、そのまま輸入して使っていたそうです。

ホームの先へ行くと・・・

100301-横須賀駅 (33)

ここでは2本のレールが背中合わせにY字に組まれてました・・・

100301-横須賀駅 (27)

今の様に機械で簡単に曲げられるという事はなかったはず、
この「曲げ」も職人さんの技術と大きな労力が必要だったはずです。

という訳で、非常に分りやすい形で見る事が出来た
明治時代から残る古いレールでした。
時代をずっと見続けた「生きた」証人・・・
というよりは「活きた」証人、これから先、もう少しの間は
この場所で活かされて行く事になると思います。


 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/03/01 00:00 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する