FC2ブログ






4/8 夕方~の『こー』

ここから続きます


交野市 星田・妙見の桜並木を見た後、
来た道を逆に辿って、京阪電車の交野市駅へ。
そこから枚方市駅まで戻って、大阪方面の列車に乗ります。

列車が来てホームに止まると、
ちょうど『こー』の前に扉が♪
・・・あるけど開きません(汗
「あれ?・・・(汗」
まぁ、隣の開いている扉から列車に乗り込んだんですけど、
そこで見たものは・・・


50京阪ラッシュ扉うら.JPG


扉が座席で塞がれてました。

疑問に思ったまま、天満橋まで乗って、
降りた時に改めて外から見てみると・・・


50京阪ラッシュ扉おもて.JPG


この車両、東京で言う6扉車なんですが・・・少し違います。
東京のは6つの扉が、時間帯を問わずいつも開きますし、
そこには仮設の座席なんてありません、

京阪電車のは、
ラッシュ時のみ扉を多く開けて、人の入れ換えをスムーズにするけど、
それ以外の時間帯は必要ない扉を塞ぐ、
それだけでなくラッシュ時は頭上に収納されている座席を、
空いている時はこれ出して新たに席を設ける。

空いている時間帯には扉を必要以上に開けない。
開けない扉の裏側のスペースを有効に使う発想。
ラッシュ時には不要でも、普段は必要な座席の収納の仕方。

やっぱ、こういうのは関東では思いつかないなぁ。
と、感心しきりでした。
(京阪の株主になって良かった♪)

天満橋駅(てんまばし)で降りた『こー』は、


50PIC_0063.JPG


ここの屋上に登りました。
ホンマは隣にある[OMMビル]の屋上に登りたかったけど、
閉園時間を過ぎていたので登れず、
その隣のここに登ったんです。

元は[松坂屋 大阪店]だったけど閉館した建物、
去年[京阪CITY MALL]と名を換えリニューアルオープン。

テナントも、なかなかいいの揃ってるしエエんちゃうん。
屋上もキレイになっていました。

そこから見える景色は・・・


京阪モール東.JPG


これは東側を見た景色。
右端に写るのは、隣の[OMMビル]とその向こうには[TVO テレビ大阪]
遠くに見える高層ビル群は[大阪ビジネスパーク OBP]
下に流れている川は[大川]で、
大川の右は[桜ノ宮公園]左は造幣局の桜並木。
橋は天満橋です。

そこから左に目を移すと・・・


天満橋北積.JPG


さらに左は・・・


天満橋北詰 西寄.JPG


川面でお花見が出きるスペースと、
お花見船の発着できる桟橋が出来ていました。
ちょっとしたカフェも併設されていて、賑わっていました。

さらに左に目を移すと・・・


天満橋北詰 西.JPG


ホンマなら、この方向にはキタのビル群が見えるはずで、


天満橋北詰 西 円あり.JPG


この円内には梅田の[HEP FIVE]にある観覧車があるんですけど・・・
良く分かんないね(汗
黄砂の影響で、大阪全体がボンヤリしていて良く見えませんでした。

さらに左へ目を移すと・・・


中之島方面.JPG


橋があって、その左が中之島と呼ばれる所です。

晴れていれば見晴らしのいい所やけど、この日はここまでで断念。
『こー』は中之島の西端にあるホテルへ向かいます。

天満橋駅から京阪電車で淀屋橋駅まで戻った『こー』、
コインロッカーから荷物(大きな旅行カバン)を出し、
ジューススタンドで一息ついていると・・・
後ろから声を掛けられます。

そこには、おじいちゃんが立っていて、
「お兄さん、梅田へ行くのは京阪電車でエエんやな。」
(またか?また『こー』が聞かれる立場なのか?)
詳しくはこの日を参照
『おじいちゃん、京阪電車は梅田に行かないよ(汗』
「えぇ!ワシ間違えたんかいな。」
『おじいちゃん、京阪電車でここまで来たんでしょ?』
「そうや。」
『それなら間違いやないですよ、ここで乗換えなんです。』
「あ、あぁそうか、どうやって行ったらいいんか判らんな・・・」
『あのね、(方向を指して)この先に御堂筋線て言う地下鉄があるから、それに乗って♪』
「あ、そうか、いやーすまんすまん、ありがとう。」
さらに遠くから、
「お兄さん、ありがとう。」
大きな声で言われちゃいました(汗
・・・みんな振り返って恥ずかしかったです(照

その後、『こー』はホテルに向かう事にしますが・・・
ホテルは中之島の西端で、強いて言えば最寄駅は阿波座駅。
ですが、淀屋橋駅から西へ向かう路線はありません(汗
わざわざ1駅下ってから1駅だけ折り返すのも「どうか・・・」と思い、
地上に出てバス停を探して見るも、見当たらない。
迷っていてもラチが開かないので、客待ちをしているタクシーに乗り込みます。

『いいですか?』
「どうぞ。」
『中之島の西の端まで行って欲しいんですけど・・・』
「お兄さん、どこまで行きますの(汗」
『えー・・・その辺りにホテルがあったはずなんですけど、
 ごめんなさい、ホテルの名前忘れてもうて(汗』
「あはは♪、あれかな?リーガ何とかか?」
『そんな高級なトコやないです(汗
 中之島センタービル言う中の、アルファベット3文字のホテルです。』
「まぁ、とりあえず行ったるから乗り♪」
『すんません(汗』

と言う、しょーもないやり取りがあり出発します(笑

「お兄さん、リーガロイヤルとは違うの?」
『リーガではないけど、その近所のホテルですね。』
「もう1つの?・・・英語3つのホテルか?」
『そうです、何が3つか忘れちゃいましたけど(笑』
「あはは♪、行ってみたるからフロントで予約入ってるか聞いてみ。」
『すんません(汗』

こんなやり取りをしつつ、

「大きい荷物持ってるけど、お兄さんは仕事か何かで大阪に帰ってきたんやろ?」
『そう見えます?(汗』
「違うの?」
『実は、横浜の人間なんですよ(汗』
「あぁ、元はこっち(大阪)で、今は仕事で向こうに行ってるのか♪」
『いえいえ、元が横浜で今、大阪に来てるんです(汗』
「ほぉーそれはまた、上手い事しゃべってるなぁ(笑」
『あはは♪』

違和感ないみたいです。
進む道のやり取りをしながら、目指すホテル「で、あろう」建物が見えました。
車留めで待っていてもらい、『こー』はフロントへ行き予約の確認。

フロントと数分のやり取りの後、そのホテルで間違いがない事が判りひと安心(汗
タクシーへ戻り、料金を見ると・・・
運転手さんは、980円でメーターを止めてくれていました。
『こー』が遠回りをさせた事や、車留めで待たせていた時間を含めれば、
明らかに1200円は超えるはずなんです。

「これでいいよ、980円ね♪」

何か、申し訳なくて・・・1100円払いました。
差額120円は要らんと言うてくれましたけど、
ジュース代として、受取ってもらいました。

CIして部屋から外を見ると・・・


50PIC_0012.JPG


遠くに大阪ドームが見えてました。

日が暮れてから阿波座駅の近所までご飯を食べに行ったけど・・・
1人では入れる様なお店が無くて困った(汗
最終的には定食屋さんで落ち着きした。

帰り道に・・・


50PIC_0005.JPG


ここでお酒とおつまみ、翌日の朝ごはんを買いホテルに戻ります。
戻る途中に小さな公園の脇を通ると、


50PIC_0008.JPG


ここでも桜が満開でした。
照明に照らされる幻想的な桜、キレイでした。

ホテルに戻りいろいろ作業してましたが、
日付が変わる前には、ダウンしてました(汗

もう少し続きます。


初回更新日 2006年04月15日 00時29分47秒
最終更新時に次へのリンク設定。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/04/09 00:00 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する