FC2ブログ






4/8 昼から夕方までの『こー』 (10)

ここから続いてます。

交野市(かたのし:大阪府交野市) 星田・妙見の桜並木に来た『こー』です。
ちなみにこの場所は、昔お付合いさせて頂いて、
今では友達として仲良くさせてもらっている方に
教えてもらった所です。


50妙見桜入口2.JPG


[星のみち]に沿って歩きます。


50PIC_0012.JPG


50PIC_0013.JPG


50PIC_0014.JPG


50PIC_0015.JPG


まさに「満開」と言う表現がぴったりの光景です。


50PIC_0016.JPG


川の両側に桜並木が続きます。
ここに来るまでは、大阪市内から1時間くらいかかりますが・・・


50妙見桜の奥.JPG


と、言う事もあって手付かずの自然がたくさん残っています。
「木々のざわめき」と言うのが聞くことが出来るくらい、自然いっぱい。
昔、『こー』が住んでいた鎌倉に似てる雰囲気もあって、
交野市は好きな土地です。


ゆるやかな登り坂が続き、行き着く先には


50妙見宮入口.JPG


[星田妙見宮]があります。
どういう神さんか知らないけど、本宮まで行ってみました。
存在は知っていたけど、行くのは初めてです。
鳥居の内側なので撮らなかったけど、
本宮までは、とても急な階段が長く続きました。

でも、そこから見える景色は良かったですし、
森の中にあり、とても落ち着く場所でした。
本宮でお参りを済ませると、その横に来た道とは違う道がありました。
何か惹かれる気がして、その道を下ってみると


50PIC_0021.JPG


裏参道に出ました。

『こー』は以前ここに来た事があります。
3年前まで大阪で仕事をしていた時、この辺りは『こー』の営業範囲でした。
その時は近所に[星田妙見宮]がある事は知っていたけど、
はっきりとした場所までは知りませんでした。

今回、初めて行った[星田妙見宮]
まさか・・・そこから以前通っていた所に通じるとは思いもしませんでした。
お世話になった土地に戻ってこられた事が嬉しかったです(泣
本宮で「惹かれた」と感じた思いは、
実はお導きだったのかも知れません。

この近辺は通称[妙見山]と言って、夜景がとてもキレイな所です。
その夜景スポットまで歩いてみました。


50PIC_0020.JPG


この日は黄砂の影響で遠くまで見通す事は出来なかったけど、
普段なら[くろんど池]と同じく、京都方面の景色がキレイに見える所です。
この辺りから、さらに山を登れば


50PIC_0022.JPG


[星のブランコ]で有名な[ほしだ園地]があります。
が、この日の『こー』はそこまで歩く元気がなく(汗
ここからひき返します。

途中から、さっきの[星のみち]に戻り、桜並木を逆戻り。


50PIC_0024.JPG


途中でこんな物を発見


50PIC_0025.JPG


これは、書いてある通り塩化カルシウムです。
粒状になっていて凍結防止剤や融雪材として使われます。
確かにこの辺りは標高が高く、麓とは気温差も大きいですけど・・・
4月になっても、まだ凍結防止の塩カリが必要なのかな?

足下に塩カリを見つつ、さらに桜並木を歩きます。


50PIC_0031.JPG


50PIC_0033.JPG


50PIC_0034.JPG


50PIC_0036.JPG


50PIC_0037.JPG


50PIC_0038.JPG


この風景を離れた場所から見ると・・・


50PIC_0040.JPG


50PIC_0041.JPG


こんな感じです。
ちなみに4年前『こー』がここに来た時は、右の2車線の通りはありませんでした。
左へ続く道が一般道だったけど整備された様です。

この並木道の反対側にも


50PIC_0011.JPG


並木が続いていました。


50PIC_0043.JPG


50PIC_0045.JPG


50PIC_0046.JPG


こちらも満開でした。


[星のみち]を往復して、


50妙見口から生駒望遠.JPG


妙見口まで戻って来ました。
ちなみに後ろに見える山々は生駒から続く山で、
大阪府と奈良県の境になります。
あの山を越えると奈良県生駒市(ならけんいこまし)と言う位置になります。

ここから、来た道を逆に辿り交野市駅へ。
そこから京阪電車で大阪へ戻る事にします。

次へ続きます。


初回更新日 2006年04月10日 01時28分20秒
最終更新時に画像修正。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2006/04/09 00:00 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する