今日の“ナナちゃん”

今年の一月に来て以来、
久しぶりに“名駅(名古屋駅)”の「外に」出てみました。
ここで降りたという事は、個人的には定点観測をしに行かなければなりません!(笑
向かった先は・・・

160626-ナナちゃん (2)

160626-ナナちゃん (3)

こちらの“ナナちゃん”、名駅界隈では有名なマネキンです。
マネキン人形なので、
月に1・2度、ちゃんとお着替えをされていまして、
その時どきに合わせた衣装、
あるいはコラボした衣装を着ています。
この日は・・・

160626-ナナちゃん (7)

この日まで名古屋市内の競技場で行われていた
陸上競技大会に合せた衣装です。

160626-ナナちゃん (1)

上半身と・・・

160626-ナナちゃん (6)

足元はこんな感じです。
隣に置いた靴は自身のもの(26.0cm)。
身長が6m以上あるので、大きな足です(笑

今回はスポーティーな“ナナちゃん”ですが・・・

160107-ナナちゃん (1)

160107-ナナちゃん (2)
( 上2枚 16.01/07 撮影 )

今年の1月初旬は正月らしさから振り袖。

151021-ナナちゃん (7)
( 15.10/21 撮影 )

昨年10月は、企業とのコラボ。

150615-ナナちゃん (2)
( 15.06/15 撮影 )

昨年6月は、夏に向けて[名鉄百貨店]に
水着ショップとビアガーデンがオープンしたのに合せたもの。

141230-ナナちゃん (5)
( 14.12/30 撮影 )

一昨年12月末は、翌年は“未年”という事からコスプレみたいな衣装(笑)

ほかにも、夏には水着になっていたり、
服飾の専門学校とコラボした鮮やかな衣装もあるし、
地元のプロ野球チームのユニフォームを着ていたり、
所属している[名鉄百貨店]の宣伝をしていたり、
様々な衣装を着て、目を楽しませてくれます。
・・・たまに夜中に来ると、何も着ていない時もありますけど。
冬はとても寒そうです(笑

以前は、もう少し名古屋駅に近い所に居たのと、
界隈にこれほどインパクトのある場所が無かったので、
「待ち合わせ」によく使われていたけど、
今は・・・それほどでもないかな?
それでも、“名駅のランドマーク”の一つである事は変わりありません。

当分、先の事だけど、
“ナナちゃん”の名前の由来になった建物・・・
昔の名鉄セブン、いまのメンズ館と隣接する名鉄百貨店との
一体建て替えの話が出ました。
今の場所で、どれだけ見られるか分らないけど、
また「お引越し」とか「お休み」してしまう前に、
見られるだけ見ておきたいです。


スポンサーサイト
[ 2016/06/26 15:43 ] きゃら/いろんなぐっず | TB(-) | CM(0)

今日の富士山


1000550

今朝、自宅付近から見えた富士山です。
(かなりズームして撮ってます)
快晴とはいかないものの、
見通しは良いですね。

そして・・・

1000568

こちらは東海道新幹線、
新富士駅手前の車窓から見た富士山。
雲が出始めていたけど、
その合間から見ることができました。
[ 2016/06/26 10:50 ] けしき | TB(-) | CM(0)

今日のお月さん

160618-お月さん (1)

最近、なかなか見られなかったけど、
今夜は雲ひとつない中でキレイに見えていました・・・

160618-お月さん (5)

明後日が満月なんですが・・・
天気が悪そうです。


[ 2016/06/18 23:13 ] しぜん | TB(-) | CM(0)

【鎌倉】 [鶴岡八幡宮]へ行ってきました 16/06/06

鎌倉にある[鶴岡八幡宮]の参道にある[二の鳥居]前にやってきました・・・

160606-段葛 (1)

160606-段葛 (2)

今年になって、この“段葛”が新しくなったので歩いてみます・・・

160606-段葛 (30)

160606-段葛 (4)

海から続く[若宮大路]の真ん中に、
一段上げる形で造られている[段葛]・・・
昔は海からずっと続いていたらしいけど、
現存ずるのは半分くらい、だいたい500mほどです。

130619-段葛 (6)
(13.06.19 本人撮影)

以前は土道で、凸凹もあったし、
雨が降れば水たまりも出来るような状態だったけど、
アスファルトと石畳に置き換えられ、歩きやすくなりました。

160606-段葛 (7)

両側にあった桜の木は、全部若い木に植え替えられてしまったので
[鶴岡八幡宮]がよく見えます。
以前のようにキレイな桜並木になるには、長い時間が必要ですね。

160606-段葛 (10)

160606-段葛 (18)

[鶴岡八幡宮]に向かって歩いて行くと、
気づかないうちに、少しづつ道幅が狭くなっていき・・・

160606-段葛 (17)

最後はこんな感じに、ずいぶん狭くなりますよね・・・
年始の初詣の頃などはタイヘンな混雑に拍車がかかります。
わざわざ狭くしているのは、
遠近法を使って参道を長く見せているとか、
攻め込まれにくくするため、と言われています。

改めて正面を見ると・・・

160606-鶴岡八幡宮 (1)

これが[三の鳥居]、この奥に[鶴岡八幡宮]があります・・・

160606-鶴岡八幡宮 (2)

正面にある太鼓橋は、
今は柵が置いてあって進入禁止になっているけど・・・

160606-鶴岡八幡宮 (5)

160606-鶴岡八幡宮 (6)

小学生の頃は、ここを渡ってました・・・
蹴上もないしツルツルの石なので、
滑ってばかりで、めったに登れなかったけど。

160606-鶴岡八幡宮 (34)

160606-鶴岡八幡宮 (35)

赤い建物が二つ重なるように建っているけど・・・

160606-鶴岡八幡宮 (10)

近くまで行って横から見ると、こんな感じですね・・・

160606-鶴岡八幡宮 (11)

手前のこれが[舞殿]、
奉納神楽や能、たまに歌舞伎やコンサートのステージとしても使われています。

160606-鶴岡八幡宮 (12)

“大石段”の上に見えるのが[楼門]、その後ろに[本宮]があります。
その石段の左手・・・

160606-鶴岡八幡宮 (16)

以前は、ここに大きな銀杏の木が立ってました・・・

091204-八幡さま (4)
(09.12.04 本人撮影)

こんな感じでしたね、
見たとおり“大銀杏”と呼ばれていて、秋は特にキレイでした。
思えば、これが最後の紅葉で・・・
この後の冬、暴風雨のために倒伏してしまいました。
その後・・・

160606-鶴岡八幡宮 (14)

こちらは元からの根っこが残され、
左隣に・・・

160606-鶴岡八幡宮 (13)

まだ枝が生きていた幹の部分を植え、現在に至ります。

160606-鶴岡八幡宮 (19)

これは石段の途中から見たところ・・・

160606-鶴岡八幡宮 (20)

植え替えられた幹の部分と・・・

160606-鶴岡八幡宮 (21)

160606-鶴岡八幡宮 (22)

元々の根が残された所。
どちらからも、小さいながら銀杏が育っていってます。

160606-鶴岡八幡宮 (24)

160606-鶴岡八幡宮 (23)

石段を上りきると、目の前に大きな[本殿]。
この奥で参拝を済ませます。
この後、個人的にもう一か所、境内で寄り道をして戻ってきます。

160606-鶴岡八幡宮 (25)

石段を上から見下ろすと、こんな感じですね・・・
けっこう高いんですよ。
見晴らしがいいので遠くを見てみると・・・

160606-鶴岡八幡宮 (26)

赤い鳥居が二つ見えるけど、
手前が[三の鳥居]、向こう(画像中央)が[二の鳥居]。
三と二があるので、もちろん“一”もあります、
画像の一番遠くにうっすら写っているんですが・・・

160606-鶴岡八幡宮 (27)

これが[一の鳥居]。
この先は“由比ヶ浜”と“材木座海岸”になります。
現在では鎌倉駅から来る人が圧倒的多数だと思うし、
そこから来ると[二の鳥居]のすぐそばに出て来て、
[三の鳥居]に向かって歩くようになるので、
反対方向([鶴岡八幡宮]に向かうと背中)にある[一の鳥居]の存在を知らない人は多いです。

という事で、久しぶりに[鶴岡八幡宮]を「撮って」みました。
ちょこちょこ来ているけど、前回に書いたものも少し前になったので
改めて書いてみました。
“鎌倉”は、ここ数年でかなり取り上げられることが多くなったせいか、
平日でも観光客が多くなりました。
ゆっくり見るなら、午前中がオススメです。

[ 2016/06/06 15:11 ] かまくら | TB(-) | CM(0)

【鎌倉】 [明月院]の紫陽花と花菖蒲 16/06/06

160606-明月院 (194)

160606-明月院 (195)

鎌倉の[明月院]にやって来ました。
この時期は・・・

160606-明月院 (3)

この紫陽花で有名な所、
『そろそろ見頃かな?』と思い来てみましたが、
いい感じに咲いています。
開門して・・・

160606-明月院 (6)

160606-明月院 (8)

真っ先に向かったのは、ここ。
柔らかい鎌倉石で造られた石段の擦り減った感じと、
その両側に植えられている紫陽花は、あまりにも有名な景色。

160606-明月院 (7)

全体的には七部咲きという所かな?
満開になると、ここの紫陽花は「明月院ブルー」と呼ばれるほどの
鮮やかな青色、ただ一色だけで彩られます。

160606-明月院 (14)

160606-明月院 (15)

もう少し濃い青色になるはずです。

“谷戸”のイチバン奥にある[本堂]に向かって
境内は緩やかな上りになっている[明月院]・・・

160606-明月院 (10)

160606-明月院 (16)

境内全体に多くの紫陽花が植えられてます・・・

160606-明月院 (17)

160606-明月院 (20)

160606-明月院 (178)

160606-明月院 (184)

160606-明月院 (185)

160606-明月院 (186)

160606-明月院 (187)

160606-明月院 (188)

まもなく“満開”という感じでした。
緩やかな道を上がりきると・・・

160606-明月院 (22)

160606-明月院 (173)

小さいながらも、枯山水庭園があります。
この後ろが[本堂]で・・・

160606-明月院 (25)

160606-明月院 (26)

そこにある、この“悟りの窓”も有名です。
個人的には、ここから秋の紅葉を見るのがお勧めです。

[本堂]を右手に見ながら、奥へ行くと見えてくるのが・・・

160606-明月院 (168)

この[開山堂]と、その周りにある多くの“やぐら”。
鎌倉でいう“やぐら”とは、崖や山肌に素掘りした大きな穴。
人が立ち入れるくらいで、だいたい“墓”として造られている事が多く、
ここの“やぐら”も、その用途で使用されています。

紫陽花の石段、“悟りの窓”、本堂に開山堂、枯山水庭園、
あと・・・ウサギ小屋(笑)
これくらいを見て、多くの方は折り返して帰ってしまうんですが・・・

160606-明月院 (29)

160606-明月院 (30)

この時期と秋の短い期間限定で公開される、
[本堂]の裏にある“後庭園”も隠れた名所・・・

160606-明月院 (31)

160606-明月院 (163)

160606-明月院 (95)

奥に向かって「く」の字になっているんですが、
そこには・・・

160606-明月院 (33)

160606-明月院 (101)

160606-明月院 (40)

160606-明月院 (74)

小さいけど菖蒲園があります・・・

160606-明月院 (34)

160606-明月院 (35)

160606-明月院 (36)

160606-明月院 (37)

160606-明月院 (45)

「ふにゃん」とした花びらが、重そうですけど(笑
花菖蒲は、ほぼ満開でした。

160606-明月院 (88)

160606-明月院 (55)

さらに奥へ行くと、こんな景色。
イチバン奥まで行くと・・・

160606-明月院 (65)

そこにも紫陽花が植えられています。
選定・挿し木された紫陽花をここで育てて、
数年後に植え替えられます。

160606-明月院 (69)

160606-明月院 (70)

この奥は立ち入り禁止ですけど、
そこから“沢”が流れ込んできているのが分かります、
このキレイな水が紫陽花と花菖蒲を育てています。

160606-明月院 (121)

イチバン奥から振り返って見た所。
大きい二本の木を境にして、“裏庭園”が二つに隔てられている感じです。
戻りながら、もう少し見てみましょう・・・

160606-明月院 (90)

160606-明月院 (78)

160606-明月院 (53)

160606-明月院 (108)

160606-明月院 (76)

160606-明月院 (91)

160606-明月院 (145)

先に多く載せてしまったので、
あまり変化がないですけど、
どこを見ても、それなりに撮れるくらいですね(笑

この“裏庭園”は何度か来ているけど、雰囲気がお気に入り。
この時期だとウグイス・ホトトギスの賑やかな鳴き声、
たまに吹く風が葉をざわめかせる音・・・
それくらいしか音がない所。
目立って動くものといえば・・・鳥と、リスを見かけるくらいですかね。
少ないながら“人”はいるけど、
話し声はほとんどなく、動きはとーってもゆっくりです(笑

花菖蒲だけでなく・・・

160606-明月院 (32)

160606-明月院 (92)

大きな木を挟んで背中合わせになるように“赤”と“青”の地蔵があったり、
イチバン奥からだけでなく他にも幾筋か湧き水が流れ込んできていたり、
“裏庭園”の両側に見えている地層とか、
岩肌や木の根もとに生えた苔、
よくよく見ていけば、個人的にはいろいろ興味をひかれる所で、
先に書いたけど、紅葉もキレイです。





160606-明月院 (159)

160606-明月院 (158)

[本堂]にある“悟りの窓”を反対側から見た所・・・
紫陽花が咲く時期は混むので人が絶えず、ずっとこんな感じです。


2016/06/06 10:10 初回UP
2016/06/07 12:10 追記

[ 2016/06/06 10:10 ] かまくら | TB(-) | CM(0)

今日の富士山

昨日、梅雨入りした横浜・・・

160605-富士山 (1)

今日は、梅雨らしくなくサワヤカで過ごしやすい日・・・

160605-富士山 (2)

富士山まで見通せるくらいの、いい天気でした。

[ 2016/06/05 19:07 ] けしき | TB(-) | CM(0)

今日の富士山


160602-富士山 (1)

雲ひとつない晴天です。
北風が強いけど、カラッと過ごしやすい陽気です。

160602-富士山 (2)

そんな中、クッキリと見えている富士山・・・

160602-富士山 (3)

この時期だと見えたとしても、
もう少しモヤッとしてる事が多いので、
ここまでキレイに見えるのはちょっと珍しい。
・・・横切っている飛行機は、厚木飛行場のP-3Cかな?


[ 2016/06/02 08:04 ] けしき | TB(-) | CM(0)