吉野山の桜を見てきました 16/04/10

この日は朝早くに起き出して、桜の名所“吉野山”へ行って来ました。
見頃は既に過ぎていたけど、
もしかしたらギリギリ間に合うかな?・・・という望みを持って、
7時過ぎに、あべの橋駅から近鉄電車に乗って出発。
出発する時点で平日の通勤ラッシュよりも混んでいる車内、
乗ること1時間半ちょっと、
途中でほとんど人が降りることもなく・・・

160410-吉野山 (97)

9時前に吉野駅に到着、そのまま流されるように・・・

160410-吉野山 (2)

駅前に待機しているシャトルバスでさらに上を目指します。
吉野は和歌山県なんだけど、奈良交通のバスなんですよね・・・。

吉野山の桜は4つのエリアに分けられていて、
吉野駅あたりが“下千本”と呼ばれる辺りなんですが・・・
そこは、見事なまでに完全な葉桜。
この先の“中千本”と“上千本”の事が、かなり心配に。

その道中、バスから見えたのは・・・

160410-吉野山 (4)

160410-吉野山 (6)

160410-吉野山 (11)

どう?まだ何とかなりそう???
バスの終点は“中千本”の中腹よりも少し上がった辺り・・・

160410-吉野山 (12)

そこでは、こんな感じ。
ここから急な坂道を歩きながら・・・

160410-吉野山 (20)

花矢倉展望台まで歩いて来ました、
ちょうどこのあたりが“上千本”と呼ばれるあたり・・・

160410-吉野山 (18)

160410-吉野山 (21)

160410-吉野山 (22)

展望台は“上千本”の中にあるけど、
このへんの桜は、まだ大丈夫だった様子。
眼下に見えているのが“中千本”・・・
何とか見頃に間に合った感じ?
先程、バスを降りてからここまでは歩いて1時間くらいの道のり、
九十九折でしかも急な坂が続きました。

ここからさらに山の上に向かって急坂を歩く事、
さらに1時間弱・・・

160410-吉野山 (23)

160410-吉野山 (32)

160410-吉野山 (29)

160410-吉野山 (33)

[金峯神社]に参拝。
この神社の境内には、源義経が奥州へ逃れる際に隠れたという建物が残されています。
標高756mにある、この神社が遊歩道として歩いて来られる最終地点、
この先の道は登山になり、それなりの装備が必要になる所。
その登山道は[大峰山]、さらに熊野へと続く修験道、
神聖な場所へつながっていきます。

この神社の手前が“奥千本”と呼ばれる所、
例年は“下千本”で桜が散ると、この辺りの桜が咲き始める感じだけど・・・

160410-吉野山 (37)

160410-吉野山 (39)

160410-吉野山 (43)

160410-吉野山 (42)

桜の植替えをしている最中で、若い木がほとんどだけど、
それなりに咲きそろって来ている最中、
「これから」桜が満開に向かっていく状態。
山を登ってくる途中で、桜の満開前線を追い越したような感じですかね。

ここからは別のシャトルバスで
右へ左へと揺さぶられながら20分ほど下り、
最初にバスで上がってきた“中千本”のバス停近くまで折返し、
そこからすぐの所にある[吉水神社]へ参拝。
わざわざ立ち寄ったのは・・・

160410-吉野山 (68)

この景色、よく宣材写真にも使われているけど
“一目千本桜”を見ることが出来るから。
左側が“中千本”で、中央奥が“上千本”、
ピーク時だとキレイな桜色に染まります。

160410-吉野山 (74)

160410-吉野山 (73)

160410-吉野山 (52)

見頃を過ぎていたけど、
何とか、その雰囲気は感じられる時に来られたかな?
標高差が大きいし、全体が咲きそろう時期も短いので、
キッチリ日付を合わせないと
きれいな景色には、なかなかお目にかかれないけどけど・・・
全山が桜色になっている時にも、来てみたいものです。

160410-吉野山 (53)

160410-吉野山 (55)

谷を挟んで向こうに見えるのは[如意輪寺]、
吉野山は南北朝時代の“南朝”が置かれた場所、
南北朝時代のきっかけをつくった後醍醐天皇の御陵がある所ですね。

[吉水神社]のある辺りは吉野のメインストリートで、
その両脇にはお店がたくさんあるんですが・・・
昼前になると観光客が大挙して上がってくる事で、
ノロノロとしか歩けないし、店には入れないし、
とてもじゃないけど散策をしながら歩く状態では無く。
・・・この界隈にも歴史的な建造物はたくさんあるんですけど、
ゆっくり見ることも出来ず、
普段なら20分そこそこで下れる道を40分ほどかかって、
ロープウェイの駅へ。
そこからは一気に吉野駅まで下ります・・・

160410-吉野山 (75)

その途中で見た、吉野駅前の景色・・・

160410-吉野山 (87)

列車で着いて、駅から出てきた人が
そのままシャトルバスに乗るための長い列ですね。
朝9時に来た時には、この行列は半分以下だった感じなので・・・
それを思うと、早く来て、
さらなる混雑に巻き込まれなかっただけ良かった。

ロープウェイは距離が短いので、
ものの5分くらいで吉野駅前に到着、
そのまま・・・

160410-吉野山 (98)

160410-吉野山 (102)

この日、12:34発の特急で大阪へ戻りました。
特急はだいたい30分おきに、遅い時間まで走っているけど、
朝、吉野駅に来た時点で、既に午後~夜にかけての特急は満席で、
一番最後の空席がこの時間という状態・・・
いかに混んでいたかが伺えます。

急に時間が空いたので、この日の早朝に予定を立てて、
滞在時間3時間くらいで、“奥千本”まで行くという・・・
かなり強行した感じだったけど、
桜については何とか見頃の最後に滑り込んだ感じかな?
“下千本”から“中千本”・“上千本”、そしてちょっと離れた“奥千本”までは、
標高差が500m以上あるので、全部が一斉に咲き揃うことは無いんだけど、
一番本数の多い“中千本”と、そこから近い所にある“上千本”が咲き揃う頃に来ると、
一般的に広くイメージされる「吉野の桜」なので、
その頃にまた来られるように、また計画を立てたいと思います。

スポンサーサイト
[ 2016/04/10 14:26 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

今日の“ナナちゃん”

時間があったので、
“青春18きっぷ”を使って京都まで行く途中に・・・

160409-名駅 (7)

名古屋駅で途中下車しました。
ちょうど昼前に通る予定だったので、
ここで昼ごはんを・・・という感じです。

160409-名駅 (3)

名駅の高層ビルも増えましたね、
わずか数年前には右側の2つしか無かったと思えば、
すごい勢いを感じます(笑

で・・・名駅で降りたということ!
そうです、“定点観測”が必須なんです!

160409-ナナちゃん (3)

じゃん♪
本日の“ナナちゃん”です!

160409-ナナちゃん (2)

160409-ナナちゃん (1)

160409-ナナちゃん (4)

今回は“ひとやすみ”ですね。
コラボ衣装の「合間」という事です。

大きいマネキンなので、普段はいろんな衣装を着ています・・・

141230-ナナちゃん (3)
(14.12.30 撮影)

140308-ナナちゃん (1)
(14.03.08 撮影)

151021-ナナちゃん (7)
(15.10.21 撮影)

150615-ナナちゃん (2)
(15.06.15 撮影)

120307-名駅+ナナちゃん (4)
(12.03.07 撮影)

順不同で、すぐに載せられるものだけですけど・・・
イベントに合わせてのコラボ衣装を着たり、
あるいは本来のお仕事である[名鉄百貨店]のPRのため、
月に2度くらいかな?お着替えをなされています。

今は、年に数回くらいしか名駅で降りないので、
全部の衣装を見ることはできないけど、
たまに降りた時に、いつもと同じ場所にいてくれるだけで、
ちょっと安心します。


[ 2016/04/09 11:51 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

今日の富士山(静岡県内某駅から)

横浜から静岡へ行った帰り道、
まだ富士山が見えていたので、
某駅で途中下車してみました・・・

160406-東田子 (20)

駅構内にある跨線橋から見た景色です、
すそ野が広いです・・・

160406-東田子 (12)

160406-東田子 (13)

とりあえず全体を・・・
近くて、大してズームをする必要もないです。

160406-東田子 (10)

ここは“宝永火口”、イチバン最近噴火した時の火口ですね。
・・・「イチバン最近」が、江戸時代の話ですけど。

160406-東田子 (14)

160406-東田子 (15)

160406-東田子 (16)

山頂付近に向かって、ズームしてみました。
雪の下に埋もれていジグザグの登山道も見え始めているし、
さすがに、だいぶ雪が減ってます。

この日は昼から雲が出始めたけど、
低い所には雲がかからず、
帰りまで、ずっと富士山が見えてました。


[ 2016/04/06 16:11 ] けしき | TB(-) | CM(0)

静岡 [日本平ホテル]からの富士山と桜、[THE ALFEE]の記念プレート。 16/04/06

朝早くに横浜を出発して・・・

160406-日本平ホテル (150)

160406-日本平ホテル (151)

[日本平ホテル]にやって来ました。
桜が満開になってから、久しぶりに「晴れ」の予報を見たので、
思いつきで来てみました。

160406-日本平ホテル (141)

建物の裏側に回ってきました、
そこには・・・

160406-日本平ホテル (116)
160406-日本平ホテル (116) posted by (C)『 こう 』
( ↑ 画像をクリックすると元の大きさで見られます )

このような広い庭園があるんですが・・・

160406-日本平ホテル (92)

160406-日本平ホテル (47)

こんな感じで、富士山がキレイに見晴らせる所になっています。
画像だと非常に伝わりにくいけど、「近い」です・・・

160406-日本平ホテル (9)

ほんのちょっとだけズームをすれば、
これくらいは簡単に撮れるくらい。

この眺望を利用して・・・

160406-日本平ホテル (98)

こんな仕掛けがあるんですが・・・

160406-日本平ホテル (13)

160406-日本平ホテル (97)

160406-日本平ホテル (102)

間を歩いて行って、行き着いた所にある石を祭壇に見立て
結婚式をする事もあるんだそうです。
式が行われている所は見た事がないけど、
その準備をしている所は何度か見かけていて・・・
『いい景色だなぁ・・・いいなぁ。』と思います。

160406-日本平ホテル (109)

振り返ると、こんな感じですね。

富士山もキレイなんですけど・・・

160406-日本平ホテル (25)

この季節ならば桜もキレイな所です・・・

160406-日本平ホテル (29)

160406-日本平ホテル (30)

160406-日本平ホテル (32)

160406-日本平ホテル (33)

160406-日本平ホテル (53)

160406-日本平ホテル (70)

160406-日本平ホテル (63)

160406-日本平ホテル (83)

160406-日本平ホテル (84)

160406-日本平ホテル (62)

自身の住む横浜では、
桜が満開になってから曇天・雨天の繰り返しだったので、
今季はじめて、青空をバックに桜が撮れました。

160406-日本平ホテル (77)

160406-日本平ホテル (72)

160406-日本平ホテル (74)

160406-日本平ホテル (81)

もちろん桜と富士山を一緒に撮ることも出来ますね。

この庭園の一番下の・・・

160406-日本平ホテル (90)

160406-日本平ホテル (57)

この辺りが、“離れた”感じになっているんですけど、
わかりますかね・・・

160406-日本平ホテル (35)

左側に回り込んできた所です、
離れた所と、その手前の間に少し窪んでいる所があるんですけど、
以前はそこが池になっていて完全に隔てられていました。
向かって左手に向こう側へ渡れるような道があるんですが、
そこを渡ってすぐ・・・

160406-日本平ホテル (36)

この木の足元・・・

160406-日本平ホテル (37)

160406-日本平ホテル (39)

このようなプレートがあります。

160406-日本平ホテル (40)

ここは[THE ALFEE]が1987年8月8日~9日にかけて、
オールナイトコンサートをやった所なんです。
大小さまざまなホールやアリーナクラスの会場はもちろん、
野外でも数多くの場所でやっているし、
さらには海外でも単独でコンサートをした事があるくらいで、
述べ回数では2500回以上のコンサートをやっているけど、
「ここでコンサートをやりました」という事を残してくれているのは、
唯一ここだけ・・・

160406-日本平ホテル (41)

後ろの案内板だって、都度作りなおしてくれていて・・・
もう何代目のものか分らないくらい。
ここでのコンサートから、もうすぐ30年が経とうとしているけど、
ちゃんと手入れもされているし、ファンとしては本当に嬉しい。

160406-日本平ホテル (46)

ステージだった所から見た景色・・・

160406-日本平ホテル (56)
160406-日本平ホテル (56) posted by (C)『 こう 』
( ↑ 画像をクリックすると元の大きさで見られます )

パノラマでこんな感じです。
ステージがあった所が、以前はほぼ全面が舗装されていて
大きなステージとかが造れるような感じになっていたんですけど、
数年前にホテルの建て替えに合わせて、
庭園も一部が造り直されました。

160406-日本平ホテル (54)

これはステージの後ろを見た所・・・

160406-日本平ホテル (47)

160406-日本平ホテル (48)

やっぱり富士山に目が行きますね。

160406-日本平ホテル (14)
160406-日本平ホテル (14) posted by (C)『 こう 』
( ↑ 画像をクリックすると元の大きさで見られます )

庭園の一番高い所から全体を見てみると、こんな感じです。
芝生もしっかり手入れされていて、
いつも来るたびに・・・「ゴロゴロ~っ」と転げてみたい気分になります。

160406-日本平ホテル (135)

建物の上にある展望テラスにおジャマしました・・・

160406-日本平ホテル (129)
160406-日本平ホテル (129) posted by (C)『 こう 』
( ↑ 画像をクリックすると元の大きさで見られます )

160406-日本平ホテル (118)

富士山を境にして左側を見た所・・・

160406-日本平ホテル (119)

ステージがあった所・・・

160406-日本平ホテル (120)

カメラに頼れば、ちゃんとプレートも見えます。

160406-日本平ホテル (131)

大きな石が真っすぐに並べられている所と、
その先に富士山があるのが分かります。

160406-日本平ホテル (125)

富士山を挟んで左側を撮った所・・・
眼下には清水市街地を一望できます。
その夜景もキレイなんだそうです。

160406-日本平ホテル (126)

画像の真ん中に右から左にかけて突き出しているのが
“三保の松原”がある三保半島。
画像奥には伊豆半島の山々も望めます。

建物の外を、ずっと見てきたけど・・・

160406-日本平ホテル (136)

中にも、こんな感じで景色を見られる空間があります。
正面玄関から入って目の前に見える光景がこれです。
いつも、すっごく明るく感じます。
さらに・・・

160406-日本平ホテル (137)

階下には、レストランがあります。
今回も営業時間外だったので、寄ることが出来なかったけど・・・
機会があれば窓際席でゆっくりしてみたいです。

久しぶりに桜の咲く頃に[日本平ホテル]へ来てみました。
その頃に来るのは改装後は初めてだったけど、
天気にも恵まれ、いい景色を見ることが出来ました。

[ 2016/04/06 11:02 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)