今年3度目の鎌倉へお出かけ (その2:明月院) (2)

先日[成就院]のアジサイを見てきた『 こー 』ですが、
今日は・・・

090625-明月院 (1)

090625-明月院

[明月院]のアジサイを見に来ました。
こちらのアジサイは遅咲きなんだそうです、さっそく・・・

090625-明月院 (2)

お地蔵さんに見送られて中へ♪

090625-明月院 (6)

入ってすぐ・・・

090625-明月院 (3)

アジサイばっかです(笑

090625-明月院 (9)

この橋を渡って奥へ行きます・・・

090625-明月院 (12)

090625-明月院 (15)

090625-明月院 (18)

090625-明月院 (19)

090625-明月院 (22)

090625-明月院 (24)

ここのは青系のアジサイが殆ど、そして種類も少ないので、
カラフルさ(?)には欠けるけど、株数の多さは圧倒されます☆
さらに奥へ・・・

090625-明月院 (25)

090625-明月院 (29)

090625-明月院 (35)

090625-明月院 (40)

090625-明月院 (45)

090625-明月院 (87)

090625-明月院 (85)

090625-明月院 (90)

この様にアジサイが両側から覆いかぶさってくる様な道を行くと・・・

090625-明月院 (41)

090625-明月院 (46)

[明月院]の一番奥に出てしまいました。
まさに谷戸の一番奥、静かです・・・
この静けさを独り占めできたら最高です。
ここから本堂へ行ってお参り(撮影禁止なんで撮ってません)
その横にある・・・

090625-明月院 (57)

この窓・・・

090625-明月院 (58)

その時々の景色を切り取ってみると、何か発見ができそうです。
この窓の後には・・・

090625-明月院 (54)

庭園もあります、画像の右下にある・・・

090625-明月院 (56)

これは「カメ」さん、なんだそうです。
ここから先ほどの一番奥を見てみると・・・

090625-明月院 (93)

090625-明月院 (95)

こんな感じになります。
この茂みの中にバッタが居るんですが・・・

090625-明月院 (103)

話しかけてみたら・・・

090625-明月院 (102)

目が合いました(笑

ここからは帰り道になります・・・

090625-明月院 (104)

門を出て振り返って撮った所です、
もう少し引いてみると・・・

090625-明月院 (106)

こんな感じ、この道の両側にも・・・

090625-明月院 (107)

090625-明月院 (109)

090625-明月院 (111)

アジサイがいっぱいです。
下まで行ってから振り返って撮ってみると・・・

090625-明月院 (113)

090625-明月院 (75)

090625-明月院 (76)

宣材写真に使われるのはここ、真似て撮ってみました♪

090625-明月院 (114)

090625-明月院 (118)

090625-明月院 (116)

境内を一周して来ました。
先にも書いたけど、ここのアジサイの多さは圧倒されます。
最近でこそアジサイの名所は多くなったけど、
それ以前は鎌倉でアジサイと言えば、この[明月院]でした。
今でも、そのイメージは遜色ありませんし、
実際に満開の頃(特に週末)には入場規制されるくらいです。

『 こー 』のお勧めは、
アジサイが咲いてない時の自然美と静けさなんですけどねぇ(汗
機会があれば、見比べてみるのもいいと思います。


※ 当日は境内をあちこち巡りながら多くの画像を撮りました。
  UPした画像は必ずその順番通りではなく若干前後してます ※



余談ですが、先日(06/12)
鎌倉のアジサイを見に行った時の事はこちらからどうぞ・・・

今年2度目の鎌倉へお出かけ (その1:成就院のアジサイ)
今年2度目の鎌倉へお出かけ (その2:江ノ電と御霊神社・光則寺のアジサイ)

タイトルをクリックすると移動します。


2009年06月28日 02時08分 初回UP
最終更新時にカテゴリー変更


スポンサーサイト
[ 2009/06/25 00:00 ] かまくら | TB(0) | CM(0)

今年3度目の鎌倉へお出かけ (その1:---) (2)

090625-鎌倉駅 090625-鎌倉駅 (1)

小さい頃に住んでいた鎌倉へ帰ってきました・・・先々週にも来たけどね(汗
今日は『 こー 』が人生で2~3度しか行った事がないお寺さんへ行ってみます、
最初に行ったのは小学校の遠足の時で、最後に行ったのは10年以上前になります。
今回は、行き方や場所などはバッサリと割愛します。

行ってきたのは・・・

090625-参道入口

こちら、
今日もウグイスやホトトギスの盛大な鳴き声に迎えられました♪
入ってすぐ左には・・・

090625-参道 (1)

090625-参道 (2)

イチョウの木があるけど幹が太い、いつからここに立ってるんかな。
道端には・・・

090625-参道 (5)

お地蔵さん、後ろのアジサイは今が最後の見ごろ・・・という感じ。
この先にある階段を上がると本殿があるんですが、
その右側には・・・

090625-本殿脇 (1)

090625-本殿脇 (2)

小さい花がたくさん咲いていて、左側では・・・

090625-本殿脇 (3)

金魚さんが気持ち良さそうにしてます・・・

090625-本殿脇 (4)

お腹が空いてたのか、
藻を食べるのに必死になってた所を1枚(汗
さらに・・・

090625-本殿脇 (5)

苔むした岩があるけど・・・
岩から草が生えてるのは良く見ますよね、でも・・・

090625-本殿脇 (8)

これは小さいけど「木」ですよね・・・
岩を割るくらいまで育つのかな(笑

拝観料を払って奥へ行くと・・・

090625-竹林散策

ちょっとボケてるけど(凹
ここから中に入っていけるんですけど、行ってみると・・・

090625-竹林散策 (3)

090625-竹林散策 (1)

090625-竹林散策 (13)

美しい竹林が続きます、奥へ行くと・・・

090625-竹林散策 (16)

090625-竹林散策 (9)

090625-竹林散策 (23)

090625-竹林散策 (10)

かなり薄暗くなってしまうくらいの竹林だけど、
下は真っ直ぐに伸びた幹と、見上げれば新緑の緑・・・
空気は凛として涼しく、聞こえるのは葉っぱが風にざわめく音と、
たまに鳥の鳴き声・・・こういう自然美は心安らぎます。

途中、林の中にある・・・

090625-竹林散策 (5)

石灯籠の上には・・・

090625-竹林散策 (6)

小さい双葉が顔を出してました♪
灯篭がリボンをしたみたい?(笑

この竹林の一番奥には・・・

090625-茶屋さん

お茶屋さんがあるんですけど、そこでは・・・

090625-茶屋さん (6)

お抹茶と落雁を頂く事が出来ます。
もちろん・・・

090625-茶屋さん (7)

「鎌倉彫」のお盆に乗せられて出てきます。

090625-茶屋さんから (4)

090625-茶屋さんから (6)

こんな景色の中、ゆっくりとお抹茶を頂く・・・
煩わしい事を思い出したくなくなるし、何よりも帰りたくなくなります。

帰りは来た道とは違う道を通って出口へ・・・

090625-竹林散策 (18)

竹林の中にひっそりとお地蔵さんが居ます、ちょっと寂しそう・・・

090625-竹林散策 (21)

090625-竹林散策 (14)

090625-竹林散策 (19)

この先で竹林を出て、本堂の前を通り・・・

090625-帰り道 (9)

ここから帰り道です、階段になっているんですけど、
この脇には・・・

090625-帰り道

こんな所があります、ゆっくりしてみたくなりますね♪
そこで見つけたのは・・・

090625-カタツムリ (2)

ナメクジが、たまたま巻き貝に入ったのと違うよね(笑
カタツムリの仲間なんだと思います。

090625-帰り道 (4)

090625-帰り道 (5)

階段の途中から振り返って見る、藁葺きの鐘つき堂・・・
絵になる景色です。

決して境内は広くないけど、3時間ほど・・・
『 こー 』は、ここで安らいでました。


このお寺さんは、竹林で有名になってしまったんで、
今さら隠す必要もないんだけど・・・
多くの人が訪れる様になった結果、
「マナー」を守れない大人が増えてしまったのが非常に残念。

入口には「三脚を使った撮影は禁止」と書いているのにも関わらず、
その、すぐ横で三脚を拡げている『 こー 』よりも年上の大人が居たりします。
狭い所だし三脚の足を拡げて立てるだけでも、
通路の半分近くは確実に塞いでしまう事になる・・・
それは参拝する人のジャマになる、それくらいの事すら分らないのか、
あるいは考えようとしないのか、はたまた考えるのを放棄してるのか、
どれに当てはまろうと、それ以外であろうと
その人の行為は「迷惑」になる事に変わりはありません。
さらに・・・

090625-イタズラで傷付いた竹 (1) 090625-イタズラで傷付いた竹 (2) 090625-イタズラで傷付いた竹 (4) 090625-イタズラで傷付いた竹 (3)

この様なイタズラがあるんです。。。
せっかくキレイなものを見せてくれているのに、
傷つけられちゃって、かわいそうで・・・泣けてきます。

090625-イタズラで傷付いた竹

「竹を傷付けないで下さい」と書いてあるのに、あえてやってるのか?
随分と挑発的で挑戦的ですよね・・・(怒

ガイドブックなどは面白く、そして「軽く」紹介するばかりで、
拝観についてのルールやマナーについては、
全くと言うほど触れてませんからね(=目立つ様に書かない。)
お寺や神社を訪れるというのは、
他所の家にお邪魔するのと全く同じと思うんですよね、
例えば知合いの家に行って、カバンをジャマになる所に置いたりするのか、
扉に傷を付けたり、壁に落書きをするのか・・・
それと同じ事なんだと思います。
あとは・・・自然や文化財なんかを傷つける人って、
傷つけられた側の気持ちを考えない・・・んじゃなくて、
「考えられない」から、こういう事が平気で出来るんですよね・・・
常識やモラル以前に、「された側」の事を省みる事が出来ない、
要は考える力を持ち併せてないんだと思います。
こういう「アタマの弱い」人は来ないでもらいたい。


2009年06月28日 02時06分 初回UP
最終更新時にカテゴリー変更


[ 2009/06/25 00:00 ] かまくら | TB(0) | CM(0)

【THE ALFEE】 09年春ツアー@神名県

昼前まで雨が降っていた横浜ですが、
今はすっかり雨も上がり、陽もさすようにになりました☆
と、言う訳で、09年[THE ALFEE]春ツアーも残り3本!
今日は・・・

090624-カナケン入口

090624-THEALFEE カナケン チケ (1)

『 こー 』の地元、カナケンです!
明日の事は考えずに、目いっぱい盛り上がってきました☆

今日は・・・やっぱり「ヨコハマスペシャル」で、
いつもの出し物の後に、なんと!
ビクター時代の曲を1曲歌ってくれたんですよ、
いやぁ~ビックリしました(驚
他には、前回の「夏イベ」のタイトル曲(?)があったり、
今夏、横浜で行われるトライアスロン大会のイメージソングもあり、
他に2曲・・・かな?
会場の一体感も最高で、やっぱり「ヨコケン」は凄くて楽しかったです。
終演後・・・今日は久しぶりに「さらなる」アンコールが沸き起こりました。
アンコールは4~5分、鳴り止まず・・・
まぁ、時間が押してた(終演時点で21:47)ので
おまけの1曲はなかったけど、
あれだけ「もっと見たい!」と会場全体が一体になったのを
久しぶりに見たし、何というか・・・
あのファンのチカラは、やっぱりすごいなと改めて感じました。

090624-メモチケ メモチケ+

090624-メモチケ カナケン

今日のコンサートは・・・

090624-メモチケ カナケン2

50回目の「カナケン」だったそうです。


次は「夏イベ」で☆

リストや感想は・・・
こちらにUPしています。
移動先はネタバレを含みます。

2009年06月24日 23時02分 初回UP
2009年06月25日 23時43分 画像入替
[ 2009/06/24 00:00 ] THE ALFEE | TB(-) | CM(-)

鼻は短いけど、ぞうさん。 (2)

「カナケン」に行く前に・・・

090624-象の鼻

090624-象の鼻 (1)

先月、新しくオープンした[象の鼻パーク]にやってきました、
オープン初日に来て以来です。
ここからは・・・

090624-象の鼻 (4)

正面にある[大桟橋]、ちょうど「ふじ丸」が来てました。

090624-象の鼻 (15)

090624-象の鼻 (16)

この黒船は「観光丸」です、
横浜港発祥の地である「象の鼻」から、
黒船を見るなんて、なかなか味があるじゃないですか♪

090624-象の鼻 (5)

すぐ隣にある[赤レンガ倉庫]と、
遠くに見えるのは[MM21]の高層ビル群。

090624-象の鼻 (2)

これは来た道を振り返ってみた所、
高架橋は貨物線の跡、現在は遊歩道として整備されています。
その後のドームのある建物は[横浜税関]、通称「クイーン」です。
同じ画像の中に写っている・・・

090624-象の鼻 (9)

これが「キング」、神奈川県庁舎・・・

090624-象の鼻 (10)

これが「ジャック」、横浜開港記念館です。

と、ここからは、この様な景色が見られますが・・・
今日の目的は、ここで寛ぐためじゃありません。
この[象の鼻パーク]には[象の鼻テラス]というのがあって
ちょっとした軽食が食べられる所になっているんですが・・・

090624-ゾウサンソフト

090624-ゾウサンソフト2

こちら、そこで発売されている「象の鼻ソフト」です♪
・・・えぇ、見た目で買いました(汗
でも、こんなん楽しいでしょ(笑
濃いィソフトクリームでおいしかったです。

090624-象の鼻テラス

これはテラスの中から[大桟橋]を見た所、
芝生の上に船が浮いている様にも。

090624-象の鼻テラス (2)

ここからケープタウンまで14702kmらしいです・・・
今から歩いていけば、来年のワールドカップに間に合いますかね(笑

MM21・赤レンガ倉庫&パークと大桟橋・山下公園の
真ん中に[象の鼻パーク]はあるんですけど、
そこは、みなとみらい線日本大通り駅・JR関内駅からも歩いてこられる場所、
3方向からの人の流れが交わる場所になっています。
その割には、周辺のほかの場所に比べれば・・・
それほど混んでいないので、散歩の途中に小休止するにはいい所です。


09.06/02
150年目の横浜開港記念日(その2) [象の鼻パーク]オープン

( ↑ クリックすると移動します )


2009年06月24日 17時26分 回UP
2009年06月29日 23時07分 画像追加・入替、追記
最終更新時にカテゴリー変更


[ 2009/06/24 00:00 ] よこはま | TB(0) | CM(0)

堺市にある[鳳翔館]がブログを始めました

ここでも何度か紹介させていただいている
大阪府堺市にある[鳳翔館]ですが、
見に行く機会がなかったので紹介できずじまいでしたが(汗
実は今春から近隣にもう1館、
鉄砲鍛冶屋をイメージした「堺 鉄砲館」をオープンして
(「おばちゃん」の旦那さんが堺の鉄砲保存会のメンバーなんです)
2館体制になっています。

それに伴い、かなり忙しくなってるのは容易に想像ができ・・・
『近くなら手伝いに行くんやけどなぁ。。。』とか、
『誰か知り合いに行ってもらおうかな・・・』なんて思っていたけど、
そんな遠い所からの心配を他所に(笑
「ボランティアでお手伝いしてくれる方々ができました!」
「おばちゃん(管理人ね)」からメールで連絡を頂きました。
手伝ってくれているのは阪南大の学生さん達、
来館された方へのお茶だしや、お相手をしてくれているそうです。

併せて、学生さん達が[鳳翔館]のブログを立ち上げてくれたとの事、
タイトルは「堺 ななまち 鳳翔館」
アドレスは http://ameblo.jp/maeda-sakaip/ になります。
その日の[鳳翔館]の様子を、
学生さんや「おばちゃん」が更新していくそうです。
『 こー 』のブログ以上に、
そちらをぜひ!よろしくお願いします。




過去に[鳳翔館]を紹介した日記などです、
それぞれタイトルをクリックすると移動します・・・

堺 鳳翔館(ほうしょうかん)休憩所

09.04/06 堺市にある[鳳翔館]のご紹介です
08.03/03 軌道に乗ったかな?
07.08/24 堺 町屋再生プロジェクト


[ 2009/06/22 00:00 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

(更新済)【ライブ】 馬場俊英 ファイティングポーズの詩@日比谷野音 (2)

今現在(移動中)、横浜は小雨が降ってます。
午前中までは、しっかりした雨だったので、
だんだん止んでくれると思うんですけど・・・
今日は馬場俊英さんの日比谷野音でのライブに参加してきます。
野外なんで、できれば「ちゃんと」止んでもらいたいんですよ。

思えば、
今ツアー初日の三郷(みさと/埼玉県)は雨でした・・・
もっと言えば、去年の05/25(だったよね/汗)、馬場さん初の日比谷野音も・・・
開場前くらいまでは、それとなく小雨(?)
大阪や名古屋で観るときは晴れるけど、
こっちで観るときは雨なんだよなぁ(笑

さて、今日はどうでしょうか・・・
開演まで、あと1時間ちょっとです。


ここまで 2009年6月21日 16時16分 UP





と、言う訳で・・・

090621-馬場さん 日比谷野音チケ

行って来ました☆
今日は入場時に・・・

090621-うちわ

ウチワです♪
反対側には・・・

090621-うちわ (1)

090621-うちわ (2)

メッセージが載せられていました。
ちなみに写っているのは日比谷野音のステージから
客席センター後方を見た様子です。
ウチワの中ではいい天気だけど、今日の日比谷野音は・・・
ずっと霧雨、時々小雨、たまに止み間がある、そんな感じでした。
そんな天気に、馬場さんはMCのたびに客席に向かって、
申し訳無さそうに「雨でゴメンね」と、しきりに謝ってた。
でも、そこは発想の転換という事で、
「昨日からずっと天気が悪かったけど、ここまで持ち直した・・・と思おう。」
と話してました。
そんな馬場さんは、天気予報が気になっていたらしく、
昨日から数時間おきに気象庁のHPを見ていたけど、
数時間おきにしか更新されない予報に、
かなり、もどかしい気持ちになってたとMCで話してました。

そんな天気の中、客席は・・・と言えば、
雨なんか関係ない!そんなのを吹き飛ばすかの様な勢い☆
去年の日比谷野音の比じゃない!と思えるくらいの盛り上がり。

それを見た馬場さん、
出てきてすぐに涙目になってたのかな、ちょっとだけ声が震えてた。
でも、それを吹っ切るかの様にステージ上を右へ左へ前へ、
満面の笑みで客席に手を振り、指を差し、手で煽る様な仕草、
アコースティックコーナーを除いては、
立ち位置に居る時間がいつもよりも、かなり少なかった感じです。

バンドメンバーも、雰囲気に釣られてか、相当に楽しそうに弾いてた印象で、
EG・Bはいつもよりも多く弾いてますという感じだったし、
DRはバスドラを、これもいつもよりも多く鳴らしていて、
聴きなれた曲でもいつもとは違った力強さを感じられたり、
PERはモンキータンバリンを、
上のバトンに届きそうなくらい高く放り上げて
タイミングよくキャッチした、と思ったら、
それが曲のタイミングにピッタリだったり☆
演奏をしてる端々で、どこまで盛り上がるの♪
という場面が何度もあったけど、
一番ビックリしたのは、本編後半の「ある曲」、
その曲の間奏で、上手側からEG→SAXと順番にステージ前へ出てきて
客席を盛り上げる場面があるんだけど、
その中にKEYも参加すると言う・・・(汗
キーボードを抱えてステージ前まで出てきたと思ったら、
そのまま中腰になって、太ももにキーボードを置いて演奏してました(驚
野外で雨に濡らして大丈夫か・・・?
なんて思ったけど、すごいノリでした。

アンコールの最初で客席全体でジェット風船の打上げ、
これね~、タイガースファンか、
毎年8月末に万博公園でAAP全開で盛り上がってる人なら分ると思うけど、
下から見上げるのも壮観なんですよ☆
馬場さんのライブでは去年に続いての打上げ、
『 こー 』は、もちろん下からしか見られないけど今年もキレイでした。
ステージ上からも、もちろんキレイに見えたと思います。

アンコール最後の曲では、今日は出番が無いバンドメンバーも
全員ステージ上に出てきて、みんなで演奏する・・・
なんて場面があったけど、みんな楽しそうに弾いてたなぁ♪
そんな中、馬場さんは歌い始めてすぐに涙声。
かなり擦れてしまって、途中から『歌えなくなっちゃうんじゃ・・・』と思う程。
MCで「みんなと共有できる場面(『 こー 』は思い出と意訳するけど)があるのが嬉しい」
という様な事を話していたけど、
去年の念願かなった「初」の日比谷野音を思い出して、
あるいは今日の、雨の中で去年以上に盛り上がった日比谷野音を見て、
感慨深くなったのかな・・・もらい泣きでした。

終演後には・・・

090621-日比谷野音 手紙

中は左半面が馬場さんからのメッセージ、
右半面が当日のセットリストになってるけど、
ネタバレになるんで見開きは載せないでおきます。
と、言うのはですね、今日の模様が・・・

090621-ワウワウフライヤー

08/03に[WOWOW]にて放送されるとの発表があったんです☆
なので・・・今の時点で、今日の事はこれ以上UPしないでおきます。
放送をお楽しみに☆


090621-東京駅望遠

帰り道に[東京国際フォーラム]の前から東京駅を撮った様子、
雲が低いですね・・・この時点でも、まだ霧雨が降ってたけど、
これはこれで、ちょっと幻想的な感じ?


[ 2009/06/21 00:00 ] ウルフルズ | TB(0) | CM(0)

アジサイに埋もれてました

先日、鎌倉へ行った時に見かけた郵便ポストです・・・

090612-ポスト (2)

アジサイの中に立ってました。
引いてみると・・・

090612-ポスト

こういう感じです。

極楽寺坂から「長谷の観音様」へ抜けて行く途中にあります。
ちなみに、角にあるのは和菓子屋さんです。
ここの力餅はちっちゃくて食べやすいサイズ、
もちろん、おいしいんですよ♪


[ 2009/06/18 00:00 ] かまくら | TB(0) | CM(0)

【ライブ】 初のソロツアーの初日に参加します

昨年から[ウルフルズ]と並行してソロ活動もしている
トータス(トータス松本さん)が、
07/15に初のソロアルバムを発売するんですが、
そのアルバムを冠した「ソロツアー」が
09/19~10/26まで11ヶ所で12公演行われます。

で・・・(こっから本題)
その初日の先行受付に、一緒に申込んで「もらっていた」んやけど、
その当落結果が返ってきたそうで、文面を転送してくれました・・・

090618-トタ 戸田 当選通知

見事、当選でした☆
ソロツアーの初日に参加します♪

8月末に[ウルフルズ]の最後の「ヤッサ」に参加して、
トータスのソロツアー、どんな感じになるのか楽しみです(v


[ 2009/06/18 00:00 ] ウルフルズ | TB(0) | CM(0)

鎌倉まで行って来ました

先日、鎌倉まで行って来ました。
場所によっては見頃を迎えた・・・であろうアジサイをメインに、
『 こー 』なりの楽しみ方をしてきました。

UPできる文字数の都合などで3つに分かれてますけど、
お時間がある時にでもお付き合い下さい。


今年2度目の鎌倉へお出かけ (その1:成就院のアジサイ)
今年2度目の鎌倉へお出かけ (その2:江ノ電と御霊神社・光則寺のアジサイ)
今年2度目の鎌倉へお出かけ (その3:海蔵寺・源氏山)


2009年6月15日 21時15分 初回UP
最終更新時にリンク先URL変更


[ 2009/06/15 00:00 ] かまくら | TB(0) | CM(0)

【ライブ】 今ツアー2度目の参加になります

05/31から始まっている、
馬場俊英さんの09春ツアー「ファイティングポーズの詩」
今月末までの東名阪ツアーなんですけど、
来週06/21・・・1週間後なんですけど、
日比谷野音で行われるライブに参加する事になりました。

三郷でのツアー初日を見て、
『次は秋冬ツアーかなぁ・・・』なんて思っていたけど、
どうやら思うよりも、かなり余裕があるらしく・・・
当日券の可能性があるだけでなく、
様々な方法で「譲ります」のアプローチも。
21日が休みだった事もあり、行く事にしました。

行くと決めたからには、モチベーションを上げていかないと☆
楽しみにしたいと思います。
初日から成長したステージを頼みますよ(願


09.05/31 ファイティングポーズの詩@三郷


[ 2009/06/14 00:00 ] おんがく | TB(0) | CM(0)

【ヨコハマ】 潜水船[しんかい6500]一般公開(その2) (4)

話はこちらから続きます( ← クリックすると移動します)

と、言う訳で・・・
横浜で一般公開された、世界一深い所まで潜れる「有人」の潜水船・・・

090613-しんかい 一周

こちら[しんかい6500]を見に来ました☆
まずは一周して見る事にします・・・

090613-しんかい 一周 (1)

左舷から船尾に向かってみましょう・・・

090613-しんかい 一周 (18)

透明になっている所に主に入っているのは、
上半分くらいがバラストタンク、下半分くらいが蓄電池、
船尾の方はスクリューの動力ユニットなんだそうです。
今は定点中と言う事で、外装を外して中が見える状態にしているそうです・・・

090613-しんかい 一周 (17)

090613-しんかい 一周 (4)

こちらが船尾、スクリューがありますね、後ろから見ると・・・

090613-しんかい 一周 (5)

こんな感じ、大きさを比べてみようと思います。
まずは・・・

090613-しんかい 一周 (7)

ペットボトルを置いてみました(笑
プロペラは・・・

090613-しんかい 一周 (8)

これくらいの大きさです。
ちなみに・・・

090613-しんかい 一周 (10)

これくらいの厚さのジェラルミン板で覆われています。
ここからは右舷へ・・・

090613-しんかい 一周 (15)

090613-しんかい 一周 (13)

090613-しんかい 一周 (16)

090613-しんかい 一周 (2)

ちょうど真ん中に・・・

090613-しんかい スラスター

スラスターが付いています、
円筒形なんですが、つい覗いてみたくなって・・・

090613-しんかい スラスター (1)

090613-しんかい スラスター (2)

撮ってみました(汗
この小さなスクリューで上下方向の細かい角度調整をしてるんですね~。

090613-しんかい 一周 (19)

090613-しんかい 一周 (21)

[しんかい6500]を一周してみました、
全長9.5m / 全幅2.7m / 全高3.2m / 定員3名、
操縦する人は船体の前にあるチタン合金で作られた
球体の操縦室に入るんだそうです。
8時間潜っていられるそうですが、6500mまで潜るとすると
片道2時間半かかるらしく、実際の作業時間は3時間ほどになってしまうそうです。

090613-しんかい 前面メカ

再び前から。
ここにはいろいろ付いてるんですが、それを取り上げてみます。
向かって左上・・・

090613-しんかい 前面メカ (3)

こちらには投光器と固定テレビカメラ
右上には・・・

090613-しんかい 前面メカ (4)

こちらは可動式のテレビカメラ・デジカメ・ストロボがあります、
横から見ると・・・

090613-しんかい 前面メカ (5)

こんな感じです。
この左右のカメラの下には「マニピュレーター」が付いてます・・・

090613-しんかい 前面メカ (7)

090613-しんかい 前面メカ (8)

こっちが「左手」で・・・

090613-しんかい 前面メカ (9)

090613-しんかい 前面メカ (10)

これが「右手」、これでモノを掴むんですけど、
それを回収するための・・・

090613-しんかい 前面メカ (11)

カゴが付いています。
どれくらいの大きさかと言えば・・・

090613-しんかい 前面メカ (12)

ペットボトルを置いて、比べてみました(汗
(当たり前ですけどペットボトルは回収してます。)
前面には球体の操縦室から直接、外が見える様に・・・

090613-しんかい 覗窓

「覗き窓」が正面・左・右に向けてついています・・・

090613-しんかい 覗窓 (4)

090613-しんかい 覗窓 (6)

090613-しんかい 覗窓 (5)

中は、かなり狭そうですよね・・・

090613-しんかい 覗窓 (9)

090613-しんかい 覗窓 (8)

これが実際に使われている特製のアクリル、見てみると・・・

090613-しんかい 覗窓 (10)

こんな感じ、これだけ厚いのにクリアですねぇ♪
この格納庫を後甲板から見ると・・・

090613-しんかい 後甲板 (8)

こんな感じになります。
頭上には・・・

090613-しんかい 後甲板 (4)

090613-しんかい 後甲板 (1)

巨大なクレーンがあります・・・

090613-しんかい 後甲板ワイヤーなど (2)

太いワイヤーですね~。
台車に乗せられている[しんかい6500]をここまで出してきて、
上のクレーンで吊り上げて・・・

090613-しんかい 後甲板 (5)

船尾の後に着水させた後、潜水していく事になります。

[しんかい6500]は作られてから20年経つそうです、
その存在と、それが凄い船というのは知っていたけど、
恥ずかしながら、何をしているのか殆ど聞かなかった(汗
改めて話を見聞きしてみると、
「世界初」という場所へ数多く出かけていっているだけでなく、
「世界初」という発見も数多くしているそうです。
これからも、いろいろな驚きを深海から持って帰ってきてもらいたいと思います。

と、言う事で・・・

090613-母船よこすか (17)

090613-母船よこすか (18)

都合2時間くらい、
混んでる中でいいアングルを探しながら、
そしていろんな人から説明を聞きながら、
そのほとんどで格納庫と後甲板に居たけど、大満足♪

090613-ロッキーくん

楽しかったです(v


2009年06月13日 23時20分 初回UP
最終更新時に少しだけ追記


[ 2009/06/13 00:00 ] よこはま | TB(0) | CM(0)

【ヨコハマ】 潜水船[しんかい6500]一般公開(その1)

[開国博Y150]のイベントの一環で、
世界一深い所まで潜れる「有人」潜水船[しんかい6500]
それが一般公開されるとの事で・・・

090613-新港

090613-母船よこすか (1)

行って来ました☆
・・・これが海に潜る訳はありませんよね、
こちらは[しんかい6500]の母船[よこすか]、
真後から見ると・・・

090613-母船よこすか (2)

いるいる♪
と、言う事でさっそく。

090613-母船よこすか (4)

090613-母船よこすか (5)

090613-母船よこすか (6)

090613-母船よこすか (8)

間近まで来ました、途中で体温測定と手の消毒を済ませて・・・

090613-母船よこすか (10)

090613-母船よこすか (11)

[よこすか]に乗船します☆
階段を上って行き・・・

090613-母船よこすか (16)

5階まで上がってきました、ここにあるのが・・・

090613-よこすか 操舵室

「操舵室」になります。
とにかく人が多すぎて全体が撮れなかったけど・・・

090613-よこすか 操舵室 (2)

ジャイロコンパス・・・

090613-よこすか 操舵室 (4)

これはエンジンやスクリューを操作するコンソール・・・

090613-よこすか 操舵室 (5)

2つあるのは左右のスクリューを別々に操作でするため・・・

090613-よこすか 操舵室 (9)

操舵輪だけどハンドルになってます・・・

090613-よこすか 操舵室 (11)

こちらはレーダーモニター・・・

090613-よこすか 操舵室 (12)

遠くまで見る為のものと・・・

090613-よこすか 操舵室 (13)

至近距離を見る為のもの、2種類あります。
と、この3つの機械で操舵室の横幅ほぼいっぱい、ちょっと手狭な印象。
壁面には・・・

090613-よこすか 操舵室 (16)

こんな表示が、操舵室から船首・船尾までの距離が表示されてます、
全長100mくらいなんですね~。
さて、操舵室から外を見た景色を少しだけ・・・

090613-よこすか 操舵室 (1)

これは船首を見た様子・・・

090613-よこすか 操舵室 (15)

こちらは船首右にあった海保の基地、
横浜港が母港の「いず」と、放水艇「ひりゅう」が居ます。
その向こうには[横浜ベイブリッジ]が霞んで見えます・・・

090613-よこすか 操舵室 (18)

これは、右後ろを見た様子、
この前(05/07 下記参照)乗った[観光丸]が居ました。
この日も体験乗船をやっていた様で順番待ちの長い列が出来てました
・・・空いてる日に行っといて良かった。

と、操舵室からの景色はこんな感じですが、
一般の人では見る事が出来ない景色、高さも程よい高さで楽しかったです♪

ここからは船内を下りて行く事になるんですが・・・

090613-よこすか船内 (5)

急な階段ですよね、でも足元や壁などがイメージしたよりキレイ。

090613-よこすか船内 (1)

090613-よこすか船内 (2)

090613-よこすか船内 (6)

2階まで下りて来ました、ここが甲板面みたいです。
さらに・・・

090613-よこすか船内 (9)

艦橋の中の狭い通路を行くと・・・

090613-しんかい 格納庫 (1)

太いワイヤーが巻き取られているウインチが、その先を見ると・・・

090613-しんかい 格納庫

090613-しんかい 格納庫 (2)

いました☆
それにしても・・・この人混みは(笑
実は・・・

090613-しんかい 操縦室中継

090613-しんかい 操縦室中継 (1)

[しんかい6500]の内側から実況中継をしていました。
さすがに狭い船内に人を入れる事は出来ないしねぇ(汗

090613-しんかい 格納庫 (5)

見えるかな・・・
上に乗った人が持ってるのは有線マイクなんですけど、
それを使って質問を受付けていました。
30分ほど[しんかい6500]の操縦室の紹介と質問を受付けて・・・

090613-しんかい 格納庫 (9)

中から人が出てきました、
大人2人が立って、この大きさ・・・
いかに小さい「船」か分ると思います。
[しんかい6500]は・・・

090613-しんかい 格納庫 (7)

090613-しんかい 格納庫 (10)

この様な格納庫に入ってました。
さて、人が少なくなった所で[しんかい6500]を見てみようと思います♪

が・・・
文字数の都合で話は次に続きます( ← クリックすると移動します)


09.05/07 帆船「観光丸」に乗ってきました
( ↑ クリックすると移動します )


[ 2009/06/13 00:00 ] よこはま | TB(0) | CM(0)

今年2度目の鎌倉へお出かけ (その3:海蔵寺・源氏山) (2)

話はこちらから続きます(←クリックすると移動します)

と、言う訳で朝早い時間から鎌倉に来ている『 こー 』です。
極楽寺駅 → 成就院 → 御霊神社 → 光則寺と辿り、
途中で昼ごはんを食べ・・・

090612-江ノ電 下馬

ちょっとだけ[江ノ電]を撮って・・・

090612-鎌倉駅

鎌倉駅まで歩いてきました(笑
普通なら長谷からは[江ノ電]かバスが観光コースやろな(汗

090612-鎌倉駅 (1)

裏駅へ出てきました、この近所にある・・・

090612-成小

ここに『 こー 』は通ってました、
校舎が変わった以外は当時の雰囲気のままです。
ここから『 こー 』の「裏の通学路」を歩いてみようと思います。
「スカ線」沿いにひたすら歩く事30分ほど・・・

090612-海蔵寺

090612-海蔵寺 (1)

こちら[海蔵寺]に辿り着きます。
「裏の通学路」から少しだけ行き過ぎるけど、
休憩するのに来てました、階段を上がると・・・

090612-海蔵寺 (5)

090612-海蔵寺 (9)

090612-海蔵寺 (13)

変わってないですねぇ、
お参りを済ませ、境内を見せてもらいます・・・

090612-海蔵寺 (10)

090612-海蔵寺 (11)

090612-海蔵寺 (12)

090612-海蔵寺 (8)

090612-海蔵寺 (29)

境内はいつもどこかに花が咲いてます・・・

090612-海蔵寺 (17)

この大きな木にも花が咲くんですよ♪
ここは『 こー 』の鎌倉で好きな場所のベスト5に入る所、
当時は流行ってなくて人は殆ど居なかったんですけどね。

090612-海蔵寺 (3)

境内入口にあるモミジ・・・

090612-海蔵寺 (4)

色は違うけど、どっちも鮮やか♪

さて「裏の通学路」は[海蔵寺]の手前を曲がります。
曲がると・・・

090612-化粧坂 (1)

やがて、こんな所に出ます。
ここは・・・

090612-化粧坂

「化粧坂(けわいざか)」、
鎌倉時代に整備された「鎌倉七切通し」の中で、
最も当時の雰囲気を残している所になります、登ってみましょう♪

090612-化粧坂 (3)

090612-化粧坂 (4)

足元はいつも湧き水で湿っています・・・

090612-化粧坂 (6)

090612-化粧坂 (7)

ここがちょうど半分、
画像右に人が写ってるけど、そこが登ってから3分の1くらいの所です。
上を見ると・・・

090612-化粧坂 (8)

090612-化粧坂 (11)

なかなかスリルあるでしょ?
ここを週に1~2回は『 こー 』少年がランドセルを背負って
気まぐれに歩いてた訳です(笑

090612-化粧坂 (13)

ここが終点、登りきった先は・・・

090612-源氏山・葛原が丘

[源氏山公園]になります、この公園の外れに・・・

090612-源氏山・葛原が丘 (4)

090612-源氏山・葛原が丘 (7)

[葛原ヶ丘神社]があります、良く遊びに来てました♪
桜がキレイな所ですが、アジサイも多く植えられたそうで・・・

090612-源氏山・葛原が丘 (9)

090612-源氏山・葛原が丘 (10)

090612-源氏山・葛原が丘 (11)

090612-源氏山・葛原が丘 (13)

なかなかいい感じになってました♪
ここから再び鎌倉駅へ戻ります、そこは「表の通学路」になります。
源氏山から・・・

090612-通学路 (6)

こんな坂道を下っていくと・・・

090612-銭洗弁天 (2)

[銭洗弁天]があります・・・

090612-銭洗弁天 (3)

こちらの「裏参道」から入ると・・・

090612-銭洗弁天 (8)

090612-銭洗弁天 (9)

こんな所に出ます、周りを山で囲まれた神聖な場所といった感じがします、
ここも帰り道に休憩で良く立ち寄ってました。
ちなみに、ここでお金を洗うと倍になって返ってくるとか、
市販のガイドブックには良く書いてあるけど、
ここの案内板にそんな事はヒトコトも書いてありません。
面白おかしく書くばかりで、ガイドブックなんていい加減なもんです(苦笑

お参りを済ませてから、
ちょっと休もうと思い休憩所に行ったら、アタマの上に・・・

090612-銭洗弁天のつばめ

090612-銭洗弁天のつばめ (3)

ツバメが巣を作ってました・・・

090612-銭洗弁天のつばめ (16)

雛はもうすぐ巣立ちかな?
お母さん(?)が・・・

090612-銭洗弁天のつばめ (6)

たまに帰ってきて、しきりに外へ誘う様な動き、
お父さん(?)は・・・

090612-銭洗弁天のつばめ (7)

向かいの木の上に居ました。
飛び立つ所を見られるかと思って30分くらい待ってたけど、
もうひと息!という所までで、巣立ちするまでは見られませんでした。

ここから鎌倉駅へラストスパート☆
と思いきや、途中にある「たまに」立寄る喫茶店で・・・

090612-ティー+ケーキ

もう少しだけ休憩してから鎌倉駅へ。
そこから[江ノ電]で鎌高前駅まで行って・・・

090612-江ノ電 鎌高前 (13)

この夕暮れの江ノ島を見て、この日の散歩は終了です。

今回は前半はアジサイ三昧、後半も自然いっぱいと言う感じでしたが、
アジサイやいろんな花や鳥、そして嬉しい導きも何回かあったし、
何と言うか・・・快く迎えてもらった感覚でした(v
幼少期を鎌倉で過ごした事もあって、少なからず思いいれもあるけど、
いつ行っても、独特の雰囲気を持つ鎌倉はいいです♪
横浜からは簡単に行ける距離なんで、もう少しマメに帰ろうかな。


2009年06月15日 10時31分 初回UP
2009年06月16日 10時46分 URL変更
最終更新時にカテゴリー変更


[ 2009/06/12 00:00 ] かまくら | TB(0) | CM(0)

今年2度目の鎌倉へお出かけ (その2:江ノ電と御霊神社・光則寺のアジサイ) (2)

話はこちらから続いています(←クリックすると移動します)

と、言う事で近年アジサイで有名になった[成就院]を後に、
『 こー 』は長谷方面へと向かいます。
最初にやってきたのは・・・

090612-御霊神社

こちら[御霊神社]
目の前に踏切があるんですけど・・・

090612-御霊神社 (2)

これは長谷駅の方面を見た所、反対は・・・

090612-御霊神社 (5)

こんな感じ、トンネルの向こうには極楽寺駅があるんですけど、
ここを[江ノ電]が走ります。

090612-御霊神社 (8)

こちらのお宅への玄関口ですね、
左右から車やバイク・自転車が来るかどうかじゃなくて
[江ノ電]が来るかどうか・・・こんな日常もいいと思う。

090612-御霊神社 (11)

アジサイの生け垣です、いいですね~♪
線路の反対側にも・・・

090612-御霊神社 (9)

アジサイが植えられています・・・

090612-御霊神社 (10)

[成就院]でバッタに見送られたと思ったら、バッタに出迎えられました(笑
せっかくなんで[江ノ電]が走ってくる所を撮ってみると・・・

090612-御霊神社 (13)

090612-御霊神社 (12)

こんな感じ。
「モ゛モ~~ウ゛ゥ~~・・・」と低いモーター音を響かせて、
決して早くないスピードで走って行きます♪

さて、神社へ入ってみましょう。
お参りを済ませて、その裏手へ行くと・・・

090612-御霊神社 (16)

090612-御霊神社 (23)

090612-御霊神社 (24)

090612-御霊神社 (25)

090612-御霊神社 (26)

090612-御霊神社 (27)

こちらには小さい種類のアジサイが多く植えられていました。
もちろん・・・

090612-御霊神社 (19)

090612-御霊神社 (22)

大きいのもあるけど、イチバン目を惹いたのは・・・

090612-御霊神社 (21)

これ、何かすっごいボリュームで(笑
すぐ傍では・・・

090612-御霊神社 (20)

蝶がお休みしてました。
小さい神社だけど、谷戸の一番奥にあるし
すごく静かで、空気も雰囲気も凛としていて気持ちよかったです。

ここから、さらに歩いて[長谷観音]へ行ったけど、
既に10時を回っていた事もあり、すっごい人出、
境内に入るのに順番待ちをしている様子・・・
それを見て立ち寄るのをあっさり諦め(笑
代わりにすぐ近くにある・・・

090612-光則寺

こちらの「光則院」へ。
拝観料を払って中へ入ると・・・

090612-光則寺 (1)

ここは小さな庭園になってます。
ここでは・・・

090612-光則寺 (2)

090612-光則寺 (4)

090612-光則寺 (6)

090612-光則寺 (8)

090612-光則寺 (10)

090612-光則寺 (12)

090612-光則寺 (14)

090612-光則寺 (16)

090612-光則寺 (19)

090612-光則寺 (38)

鉢植えだけど、
両手両足じゃ全然足らないくらいのアジサイを見る事が出来ます。
(途中まで数えてたけど、あまりの多さに数えるのを諦めた/汗)
もちろん・・・

090612-光則寺 (54)

090612-光則寺 (43)

おっきいのも、ちゃんとあります。
ここの裏手・・・

090612-光則寺 (23)

この階段の奥に・・・

090612-光則寺 (29)

土牢の跡があります、
ここは鎌倉時代に日蓮のお弟子さんが閉じ込められていた場所。
小学校の時に社会の授業で見に来た事があります・・・
思えば月に1回は必ず、市内のどこかへ行ってた気がします(汗
普段の授業で身近な歴史の勉強が出来ていた訳で、
今となっては、ありがたい事です(感謝

この土牢に来る間も・・・

090612-光則寺 (25)

090612-光則寺 (34)

090612-光則寺 (26)

090612-光則寺 (27)

090612-光則寺 (28)

小さいアジサイがいっぱいでした。

ここでは花だけでなく鳥にも会う事が出来ました。
もちろんカラス・スズメ・ハトという様な都会に居る様な鳥じゃないです(汗
ここで一番聞けたのはウグイスとホトトギス、
どっちもキレイな鳴き声で『出てこないかなぁ。』なんて思っていたら・・・

090612-光則寺 (45)

出てきてくれました♪
2羽居たので、きっと「つがい」なんでしょうね~。

あとは・・・

090612-くじゃく (1)

090612-くじゃく

クジャクが居ました(網目から頑張って撮ってみました/笑)
たまに「クケーッ!」とか「クワーッ!」なんて
『ヘンな鳴き声がするな~』と思っていたら、これでした。
で、たまに「ピヨピヨ・・・」という鳴き声も、
良く見てみると足元に・・・

090612-くじゃく (2)

クジャクの雛は初めて見るかも・・・黄色いんですね(笑
卵は全部で6コあって、そのうち2羽が孵っていて、
親鳥の足元でチョコチョコ歩いてる状態でした。


もう少し話は続きます(←クリックすると移動します)


2009年06月15日 10時45分 初回UP
2009年06月16日 10時43分 リンク先変更
最終更新時にカテゴリー変更


[ 2009/06/12 00:00 ] かまくら | TB(0) | CM(0)

今年2度目の鎌倉へお出かけ (その1:成就院のアジサイ)

この日は朝早くから出かけてきました。
横浜駅から30分・・・

090612-江ノ電 藤沢駅

090612-江ノ電 藤沢駅 (1)

藤沢駅から[江ノ電]に乗り、やってきたのは・・・

090612-江ノ電 極楽寺駅

090612-江ノ電 極楽寺駅 (4)

極楽寺駅です、谷戸の落ち着いた風情の中にある静かな駅・・・心が落ち着きます♪
朝の8時に着いていたんですけど、途中まで通勤・通学の人がたくさん乗ってました、
20数年前は『 こー 』もその中の1人だったんですけどね(汗
さて、何でこんな早くから鎌倉へ?・・・

090612-成就院

それは、この右の階段を上った所にある[成就院]が
空いている時間に来たくて、頑張って早起きしました。
さっそく♪・・・

090612-成就院 (1)

090612-成就院 (4)

090612-成就院 (6)

ここは、近年ではアジサイで有名になっている場所です。

090612-成就院 (3)

この先に下りの階段があるんですが、そこまで行くと・・・

090612-成就院 (8)

090612-成就院 (11)

見晴らしが良くなります、
見えているのは材木座海岸(奥)と由比ヶ浜(手前)です。
短い参道ですけど、両側にアジサイがいっぱい植えられているだけでなく、
その向こうに海が見える・・・この景色が有名になっています。
アジサイが咲く頃は人出も非常に多く、
「平日でも昼間は身動きもままならない」
と、鎌倉在住の古くからの知合いに警告を受けていまして(笑
朝早く来てみました。

090612-成就院 (14)

7分咲きと行った所でしょうか、海から吹いてくる風も心地いいです。
見晴らしのいい景色を見るなら見下ろした方がいいけど、
アジサイを見るなら見上げた方が良さそう♪
と思った『 こー 』は・・・

090612-成就院 (20)

とっとと下ってきてしまいました(笑
改めて、ここから上りながらアジサイを見て行こうと思います・・・

090612-成就院 (24)

090612-成就院 (36)

090612-成就院 (26)

090612-成就院 (54)

090612-成就院 (58)

090612-成就院 (41)

090612-成就院 (44)

090612-成就院 (30)

090612-成就院 (47)

この参道は上のほうが階段になっているんですけど、それが108段、
そして参道の両側のアジサイは262株と、仏教に由来する数になっているそうです。
それにしても、むせてしまいそうなほどのアジサイの香りがします・・・

090612-成就院 (31)

090612-成就院 (32)

090612-成就院 (34)

090612-成就院 (63)

この様な良く見かける色と形のアジサイもあれば・・・

090612-成就院 (48)

090612-成就院 (10)

090612-成就院 (16)

090612-成就院 (35)

090612-成就院 (27)

090612-成就院 (28)

090612-成就院 (29)

090612-成就院 (42)

090612-成就院 (22)

090612-成就院 (55)

090612-成就院 (62)

他にも、いろんな色と種類のアジサイがありました♪
と、言う事で・・・

090612-成就院 (53)

090612-成就院 (61)

参道を往復して帰って来ました。
『 こー 』が鎌倉住んでた頃
(一時期はここまで歩いてこられる場所にも住んでた)は
この界隈と言えば、ガイドブックにも小さくしか載らない様な場所だったんですけどね・・・
これだけの数のアジサイが密集していれば、やっぱり見応えありますね~☆
人混みでなけりゃ完璧でしょう(笑

もちろん、参道を往復しただけでは失礼なんで、
ちゃんとお参りもしてきましたよ。
境内におジャマしてる訳ですし、それはマナーというものです♪

帰り道は・・・

090612-成就院 (59)

090612-成就院 (60)

バッタに見送られながら・・・

090612-成就院 (64)

[成就院]を後にしました。
ここからは左手の「極楽寺坂」を下ります。
その途中で[成就院]を見上げてみると・・・

090612-極楽寺坂 (6)

こんな感じ、遠目にも鮮やかです。

090612-極楽寺坂 (3)

崖の中に見つけたヤマユリ、
鮮やかな色と大きさ、キレイなものです♪
下りきると・・・

090612-極楽寺坂

「極楽寺坂」の石碑、昔からず~っとここにあります。

この先へ行くと長谷(はせ)方面に出ます、
『 こー 』もそっちへ行ってみたいと思います。

と、言う事で・・・
話はこちらへ続きます(←クリックすると移動します)


※ 当日は参道を往復しながら多くの画像を撮りました。
  UPした画像は必ずその順番通りではなく若干前後してます ※

2009年06月15日 10時39分 初回UP
2009年06月16日 10時41分 URL変更
最終更新時にカテゴリー変更


[ 2009/06/12 00:00 ] かまくら | TB(0) | CM(0)

16年ぶりに参加します (6)

2002年に解散していたけど、
今年のデビュー20周年を機に復活、
年末までの期間限定で活動を再開している[LINDBERG]

先日までの20周年記念ツアーは
タイミングが合わずに行けなかったけど、
その後、9月に日本武道館でコンサートする事が発表されていて、
それに申込んでみた所・・・
当選しちゃいました♪

思えば、学生だった頃の1993年・・・
「念ずれば花開くツアー」に参加して以来、
実に16年ぶりに[LINDBERG]のコンサートに
行く事になりました(汗
長生きしてると、こんな事もあるんだねぇ・・・。

久しぶりにベスト盤を出してきて聞いてるけど、
学生だった当時を思い出すなぁ(笑


2009年6月10日 23時48分 初回UP
最終更新時に誤字修正しました


[ 2009/06/10 00:00 ] おんがく | TB(0) | CM(0)

伊能忠敬大図を見てきました

先日、横浜[大桟橋ホール]で行われていた
「横浜地図博覧会」に行って来ました。

その時の目玉は、江戸時代に伊能忠敬が作成した日本地図
「大日本沿海輿地全図(通称:伊能大図・伊能図)」全216枚、
おおよそ35m×60mあるものなんですが、
1800年から21年かけて作成されたその地図を
完全復元したものがフロアーいっぱいに拡げられていました。

最初の1歩・・・全体を見渡して、その迫力に驚き、
実際に足元に見て歩いてその精巧さに感動、
気が付けば南から北へ伊能大図を縦断するのに2時間半以上かかってまして(笑
いいものを見せてもらいました。

その時の様子をゴチャゴチャと書いてみました。
お時間がある時にでもお付き合い下さい。


↓ タイトルをクリックすると移動します

伊能大図で日本旅行 (その3)
伊能大図で日本旅行 (その2)
伊能大図で日本旅行 (その1)


[ 2009/06/09 00:00 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

足元がキレイでした

090608-ポスト

090608-ポスト (1)

今日、ちょっとだけ遠出した時に見かけた郵便ポストです、
花の中にポストが立ってました。
引いて見ると・・・

090608-ポスト (2)

こんな所なんですけどね。

個人の敷地に一角に立ってると思うんですけど、どうなんでしょう(笑
面白い所に立ってたんで撮ってみました。

たまに思うけど郵便ポストの立地て統一性ないですよね・・・
面白いところだと、交差点の角とか、
ファミレスの駐車場の入口で見た事があります。


2009/06/08 15:30 初回UP
最終更新時にカテゴリー変更


[ 2009/06/08 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

【ライブ】 年末の城ホールに2回参加したい (4)

馬場俊英さんの秋冬ツアーの日程が少しづつ発表されています。
関東では『 こー 』の誕生日10/17に熊谷
11月に渋谷CC-Lemonでの2daysが発表されてるけど、
そのツアーのファイナルになると思われる日付でもう1本発表されました。
それは・・・12/27 大阪城ホール☆
去年、馬場さんが初めて「アリーナー!!」と叫んだ所(笑
今年もありますね~「城ホール」楽しみです♪

思えば、去年は12/23でした・・・
『 こー 』はライブ後に夜行高速バスで帰浜して、
そのまま12/24は日本武道館で[THE ALFEE]のライブ、
そして12/27には名古屋入りして、
12/28も名古屋から大阪へ行き・・・
再び城ホールで[THE ALFEE]のライブと、
芸能人並みの移動を(←アホ

今年は、どうだろう・・・
まだ3人さんの方の秋ツアーは発表になってないけど、
例年通りなら、馬場さんのライブ後に1・2泊すれば、
もう一度・・・という事になると思うけど、
もしかしたら「城ホール2days」になるかも?
早くも年末が楽しみになってきました♪


[ 2009/06/07 00:00 ] おんがく | TB(0) | CM(0)

【ヨコハマ】 歩き倒した150年目の開港記念日

先日06/02は、横浜開港記念日でした。
今年は開港150周年という事で、
例年以上に様々なイベントが行われました。

『150年目の開港記念日を楽しまなソン!』
そんな気持ちで、アチコチ出かけてきたけど、
勉強になる事も数多くあったし、感動する事も多かった、
大満足の1日になりました。

そんな1日を朝から、ダラダラっと書いて見ました。
ちなみにこの日は・・・
[横浜みなと博物館]での企画展を見て、
[象の鼻パーク]のオープンを見て、
ブルーインパルスのアクロバット飛行を見て、
(まだ書いてないけど)大きい地図を見て感動し、
最後は花火大会を見て締めくくりました
もちろん当日の横浜の景色も数多く画像に収めて来ました。

書いていくうちに、文字数の都合上4つに分かれてしまったけど、
お時間のある時にでもお付き合い下さい。

下記は、それぞれタイトルをクリックすると移動します・・・

150年目の横浜開港記念日(その4) 「花火大会」
150年目の横浜開港記念日(その3) 「ブルーインパルス」飛来
150年目の横浜開港記念日(その2) [象の鼻パーク]オープン
150年目の横浜開港記念日(その1)


[ 2009/06/04 00:00 ] よこはま | TB(0) | CM(0)

伊能大図で日本旅行 (その3)

話はこちらから続きます(←クリックすると移動します)


「伊能大図」を九州から順番に見てきているんですが・・・
やっと東北地方までやってきましたー☆
実際には、ここまで来るのに2時間以上かかってます(大笑

090602-伊能図 東北 (6)

こちらは三陸海岸を南から北へ向かって見た所、手前が牡鹿半島です。

090602-伊能図 東北 (3)

今の秋田県にある男鹿半島と八郎潟、
当時の八郎潟は当然・・・まだ干拓はされてないでしょうね。

090602-伊能図 東北 (8)

これは今の青森県付近、補足すると・・・

090602-伊能図 東北 (8)改

こんな感じ、
左が津軽半島、真ん中(カメラを置いてる所)は陸奥湾、右は下北半島
画像の一番下(手前)が八甲田山になる様に撮ってます。
デジカメの大きさや、その向こうに居る人などと比べて、
この地図がどれだけ大きいか・・・何となく伝わると思います。

さぁ!いよいよ津軽海峡を越えて、最後の北海道へ・・・
正直、ずっと這いつくばってた事もあってバテバテです(笑

090602-伊能図 北海道

・・・どこまで続くネンな(汗

090602-伊能図 北海道改

こんな位置関係になりますね。
当時、日本人が進出していた北限が松前と・・・

090602-伊能図 北海道 (1)

090602-伊能図 北海道 (2)

この函館(箱館)辺りでしょうか、
そのせいか、ここより北や東では漢字で書かれた地名が一切出てこなくなります。

090602-伊能図 北海道 (4)

ここは分るかな?

090602-伊能図 北海道 (4)改

今で言う苫小牧と札幌を結んだ辺り・・・

090602-伊能図 北海道 (3)

かろうじて今で言う石狩川の流れから推察したにすぎないけど、
今の札幌市付近・・・と思う。
というのはカタカナの地名ばかりで、今に繋がる地名が殆どないんです。

そして伊能大図の最北端です・・・

090602-伊能図 北海道 (5)

今で言う稚内市や宗谷岬の辺りですが、
現在に繋がる地名がすぐには見当たりません、
唯一見つけたのが・・・

090602-伊能図 北海道 (6)

これ、「ソーヤ」と書かれた所がありました。

ここから東側のオホーツク海沿岸は、
その地形や気候などの為か未踏破の所もあり
「空白」の所が目立ちました。

と、これが「伊能大図」の全容でした。

もう少しだけ・・・
この地図を基にした「中図」と「小図」が存在します(笑
ついでなんで、それも見てもらいましょう♪

まずは・・・

090602-伊能忠敬 中地図

「伊能中図」・・・

090602-伊能忠敬 中地図 (1)

九州から見た所・・・

090602-伊能忠敬 中地図 (6)

北海道から見た所。
縮尺は216000分の1、全8枚にまとめられたものだそうです。
良く見ると縦横に緯線・経線が描かれています。

そして・・・

090602-伊能忠敬 小地図

090602-伊能忠敬 小地図 (1)

これが「伊能小図」
432000分の1、「中図」の半分の縮尺で全3枚にまとめたものだそうです。
が、それでも・・・

090602-伊能忠敬 小地図 (3)

090602-伊能忠敬 小地図 (4)

090602-伊能忠敬 小地図 (2)

これだけの正確さです。

最初にも書いたけど、
あまりにも精密すぎた為に国家機密の扱いになり陽の目を見る事がないまま
原本・副本が次々と失われた、幻の地図になってしまったそうですが、
近年になって原本や副本の写しとか、その写しを写したものなど・・・
いわゆる「コピーのコピー」「そのまたコピー」が見つかり、
それらを集めた事で、ようやく全体像が明らかになったそうです。

実際に見てみるとね、飽きないんですよね・・・
どれも間近で見ると、ただただ素晴らしいのヒトコトで、
埋め立てなんかで海岸線が変わった所以外は
現在の地図とどこが違うのか、パッと見ただけじゃ分らないくらい。
今から200年以上前にこれだけ大掛かりで正確な地図を作成できた事、
さらにその地図は、その後100年近くにわたって実際に使われていた事を思えば、
どれだけの大事業と功績だったのか、容易に想像できると思います。

この地図展は全国を回っているそうなので、
お近くに行った時には、ぜひ!見てもらいたいと思います。
今の日本地図と比べてもいいし、
自分が住んでいる所や行った所を探したりするのは楽しいですよ。
(神奈川や大阪方面が詳しく書かれているのは、そのせいです/汗)
『 こー 』なんて・・・
東海道沿いには、今の東海道線の駅名に繋がる地名を
大阪から・・・横浜まで、ずっと追いかけちゃいました(笑
大阪(大坂)・高槻・京都・大津・膳所・守山・(近江)八幡・能登川・彦根・米原・
関ヶ原・(尾張)一宮・名古屋(名護屋)・熱田・刈谷・岡崎・豊橋(地図上では吉田)・
浜松・掛川・島田・静岡(地図上では府中)・吉原・原・田子の浦・沼津・三島・熱海・
小田原・平塚・藤沢・戸塚・保土ヶ谷・神奈川・・・
その距離は30m近くあったかなぁ、
ずっと這いつくばったまま追っかけたんで、
辿り着く頃にはヘトヘトでした(汗

あとは・・・沖縄以外の都道府県庁所在地を殆ど回る事が出来ます(笑
札幌は先の画像の様に場所がハッキリしなかったり、
横浜はまだ地名すら登場してないとか、水戸が空白になってる(謎
とかあるけど・・・
それでも形は違えど、今と同じ場所に地名があるのは面白いです♪
千葉は・・・

090602-伊能図 関東 (2)

「千葉新田」の文字しか無かったり、
さいたまは・・・

090602-伊能図 関東 (12)

やっぱり浦和と大宮だったり(笑
長野は・・・

090602-伊能図 北陸甲信越 (6)

この辺り・・・って分ります?

090602-伊能図 北陸甲信越 (6)改

090602-伊能図 北陸甲信越 (7)

まだ「村」だけど、善光寺は当時からあった様だ・・・とか。
あとは鳥海山(山形県)が・・・

090602-伊能図 東北 (2)

当時は噴火していた様だった・・・とか、
こんな感じで、いろいろ見つけて行く事が楽しみになると思います☆


おまけで、こんなのはどうでしょう・・・

090602-伊能図 日本三景

090602-伊能図 日本三景 (1)

宮島・・・

090602-伊能図 日本三景 (2)

090602-伊能図 日本三景 (3)

天橋立・・・

090602-伊能図 日本三景 (4)

松島・・・「日本三景」を揃えてみました(笑


伊能大図で日本旅行(その2)
伊能大図で日本旅行(その1)


[ 2009/06/02 00:00 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

伊能大図で日本旅行 (その2)

話はこちらから続きます(←クリックすると移動します)

という訳で・・・

090602-伊能図 関西 (1)

「伊能大図」の旅も関西までやってきました(笑

090602-伊能図 関西 (1)改

この様な位置関係になります、
大阪湾岸を北上してみようと思います・・・

090602-伊能図 関西 (3)

貝塚・岸和田など今でもある地名が見られますね、
今はこのへんに関空があったりする訳です。
さらに北へ・・・

090602-伊能図 関西 (4)

今に繋がる海岸線が見て取れます、真ん中に・・・

090602-伊能図 関西 (4)改

大和川があります、その南側にあるのは・・・

090602-伊能図 関西 (5)

今の堺市、大和川の北側には・・・

090602-伊能図 関西 (6)

「住吉社」の文字が見えます、今の住吉大社です。
そして・・

090602-伊能図 関西 (7)

今の大阪市がある辺りです、さらに拡大して・・・

090602-伊能図 関西 (8)

この辺りが大阪市の中心街という感じ・・・

090602-伊能図 関西 (10)改

右端に大阪城が描かれています、この頃は天守閣が無かったんです。
天満橋・天神橋など、今でも残る橋の名前がありますし、
西・東本願寺も今も残ります。

090602-伊能図 関西 (9)改

天王寺・難波などの地名も見られます・・・

090602-伊能図 関西 (11)

この辺りは一時期『 こー 』が住んだ港区がある辺りです(笑
石田・田中・市岡は今でも港区内に残る地名です、
その西(画像の左)に、今では南港がありますけど、
当時はもちろん海の中でしょう。
さらに西へ行けば・・・

090602-伊能図 関西 (14)

今の神戸市辺りです、生田・長田・兵庫などの地名が見られます、
左下は和田岬です。
拡大してみると・・・

090602-伊能図 関西 (15)

生田神社がありますね。

ここまで沿岸ばっか見てるので内陸も見てみましょうか・・・

090602-伊能図 関西 (16)改

今で言う大阪市から奈良市にかけての地図です。
黄色い円内は・・・

090602-伊能図 関西 (17)

生駒山です、
大阪と奈良で車で走っていて道に迷った時には目印にしてました(笑

090602-伊能図 関西 (18)

こちらが今の奈良市付近、春日大社がありますね。
ここから北に行けば・・・

090602-伊能図 関西 (19)

今の京都市・大津市になります。
京都の南にある大きな池は巨椋池ですね。
この右には・・・

090602-伊能図 関西 (21)

琵琶湖があります。

ここから北上して北陸地方へ、
そこにある特徴的な地形と言えば・・・

090602-伊能図 北陸甲信越 (4)

能登半島と・・・

090602-伊能図 北陸甲信越 (5)

佐渡島でしょうか。
南へ下ってきて、ちょっと前後するけど・・・

090602-伊能図 東海

こちらは志摩半島、そして・・・

090602-伊能図 東海 (1)改

こちらは今で言う愛知県の辺り。
伊勢湾の一番奥の付け根は・・・

090602-伊能図 東海 (3)改

こんな感じ、下の赤丸は・・・

090602-伊能図 東海 (4)

「熱田社」の文字がありますね、今の熱田神宮です、
当時はすぐ目の前まで海だったんですね~。
そして、上の赤丸は・・・

090602-伊能図 東海 (5)

今の名古屋市付近、名古屋城が描かれてます。

090602-伊能図 東海 (6)

関が原を撮ってみました、街道が交わる交通の要衝だった様ですね。

090602-伊能図 東海 (8)

浜名湖と・・・

090602-伊能図 東海 (10)

こちらは今の静岡市付近、そして・・・

090602-伊能図 東海 (11)

富士山があって、さらに・・・

090602-伊能図 東海 (12)

伊豆半島と、特徴的な地形を挙げてみました。
そしていよいよ・・・

090602-伊能図 神奈川

今の神奈川県です☆
右が三浦半島、左下のちょっと突き出してるのは真鶴半島、
画像の左下に伊豆半島が続いてる位置関係です。
海岸線を行くと・・・

090602-伊能図 神奈川 (1)

江ノ島がありました(笑
という事は、そのすぐ近所には・・・

090602-伊能図 神奈川 (2)

『 こー 』が幼少期に暮らした鎌倉がある訳です、
その真ん中に鶴岡八幡宮もあります。
海岸線には稲村ヶ崎(稲村岬)、由比ヶ浜(由比ケ濱)とか、
今でも残る地名が見られます。
で、当時の横浜は?と言えば・・・

090602-伊能図 神奈川 (5)

こんな感じ、捕捉すると・・・

090602-伊能図 神奈川 (5)改

当時は東海道から外れた所だっただけでなく、
横浜(横濱)の地名すらありませんが、
戸部(地図上では戸邉)・野毛・本牧・根岸・滝頭・磯子などの地名は
今の横浜市にも残っています。

090602-伊能図 神奈川 (9)

こちらは保土ヶ谷(ほどがや)の次の宿場だった神奈川、
現在のJR東神奈川駅付近、当時は海岸線に面していた様ですね。

そして、さらに行けば・・・

090602-伊能図 関東

江戸、今の東京がある訳です。

090602-伊能図 関東 (3)

房総半島を撮ってみました、やっぱり大きすぎて入りきらない(笑
画像の右上、ちょうど光ってしまっている辺りが・・・

090602-伊能図 関東 (4)

今の銚子市付近・・・

090602-伊能図 関東 (5)

河口に銚子湊の文字と、犬吠崎の地名も見えます。


さて、やっと東北地方へ!という所ですが、
文字数の都合で次へ続きます(←クリックすると移動します)


[ 2009/06/02 00:00 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

伊能大図で日本旅行 (その1)

06/02、横浜の開港記念日だったこの日・・・

090602-大桟橋 くじらのお腹入口

[大桟橋]にある[大桟橋ホール](通称「くじらのお腹」)で・・・

090607-横浜地図展

「横浜地図博覧会」の第1弾が行われていました。
その中で、伊能忠敬が作成した日本地図「伊能大図」全216枚を
復元したものを公開しているとの事で・・・

090607-横浜地図展 (1)

行ってきちゃいました☆

正式名を「大日本沿海輿地全図」と言います、
縮尺は36000分の1
1800年から測量を開始して、完成したのは1821年となっています。
この全図は当時の江戸幕府に献上され後、所有権が明治政府に移った様ですが、
明治初期の火事によって原本を消失、伊能家にあった副本も後の関東大震災で消失、
これにより「伊能大図」は幻の地図となり、復元は不可能と思われていたが・・・
2001年にアメリカ議会図書館で207枚の写本が発見されたのをきっかけに、
(当時の日本軍が測量基本図として写本したのを所有していたらしい)
国立図書館や国立歴史民俗博物館、果ては海保の倉庫などから数枚づつ見つかり、
全216枚が揃い、復元が可能になりました。

まぁ、細かい事はおいといて、
216枚を拡げると・・・

090602-伊能忠敬地図 (1)

こんな感じ、大よそ35m×60m・・・
大きすぎて画像にも視界にも全部が入りません(笑

南から北に向かって並べられているので、
その通りに行ってみましょう☆
まず足元に現れるのは・・・

090602-伊能地図 屋久島・種子島 (1)

090602-伊能地図 屋久島・種子島

種子島と屋久島です・・・
大きさが実感できない?

090602-伊能図 九州 (1)

これならどうだろ、
左が薩摩半島、右が大隈半島、画像の上が霧島くらいだけど・・・
鹿児島県ですら全部入らない(笑
これでも仰け反って、頭の上まで手を挙げて撮ってるんですけどねぇ(汗
ちなみに手前に置いた『 こー 』の足が25.5cmです。

この時点で全体を撮るのがいかに無謀か・・・
という事を分ってもらえないでしょうか(笑

ここからは特徴的な地形や場所などを追いかけてみたいと思います。

まずは・・・

090602-伊能図 九州

まずは九州最南端の佐多岬から、
そして・・・

090602-伊能図 九州 (2)

こちらが錦江湾になります、真ん中にあるのは桜島です・・・

090602-伊能図 九州 (2)改

測量当時はまだ地続きではなく(黄矢印)「島」だったんですね~♪
この対岸(赤丸)にあるのが・・・

090602-伊能図 九州 (3)

今の鹿児島市です。
続いて・・・

090602-伊能図 九州 (6)

これは別府湾です、ここからは・・・

090602-伊能図 九州 (6)改

この2ヶ所を取り上げてみましょう・・・

090602-伊能図 九州 (7)

府内とは今の大分市、そして・・・

090602-伊能図 九州 (8)

別府もあります、当時から温泉地だったんでしょうか。
続いて・・・

090602-伊能図 九州 (16)

これ分るかなぁ(汗

090602-伊能図 九州 (16)改

答えを書き込むと、こんな感じ、
有明海とその周りを撮ってみました。

090602-伊能図 九州 (4)

今の熊本市・・・

090602-伊能図 九州 (9)

佐賀市・・・

090602-伊能図 九州 (10)

長崎市になります。
ちょっと離れて・・・

090602-伊能図 九州 (17)

対馬へ行って、こちらは・・・

090602-伊能図 九州 (11)

博多湾、海の中道が特徴的ですね・・・

090602-伊能図 九州 (12)

もちろん福岡もあります。
こちらは・・・

090602-伊能図 九州 (13)

関門海峡・・・

090602-伊能図 九州 (14)

小倉、今の北九州市ですね。

090602-伊能図 中国

関門海峡から本州をみた様子です。
さらに沿岸を北上してみます・・・

090602-伊能図 中国 (2)

ここは・・・

090602-伊能図 中国 (3)

今の広島市です、当時から川が多かった所みたいですね。
山陰側に行ってみると・・・

090602-伊能図 中国 (5)

宍道湖と中海があります、もちろん畔には・・・

090602-伊能図 中国 (6)

今の松江市があります。
再び瀬戸内へ・・・

090602-伊能図 四国 (6)

今ならば瀬戸大橋がある辺りです、北側は・・・

090602-伊能図 中国 (4)

今の岡山市があって、南側の四国には・・・

090602-伊能図 四国 (5)

今の高松市ですね。
四国にある特徴ある地形と言えば・・・

090602-伊能図 四国

ここじゃないでしょうか・・・

090602-伊能図 四国改

左上は今で言う大分県の国東半島、
左下は佐賀関半島、対岸の右にあるのが愛媛県の佐田岬半島、
その間は豊後水道(黄矢印)です。
非常に複雑な海岸線の佐田岬半島も・・・

090602-伊能図 四国 (1)

この精密さ、すごい事です☆
四国の東にあるのは・・・

090602-伊能図 関西

淡路島と大阪湾です。
画像の左下にあるのは・・・

090602-伊能図 四国 (8)

鳴門海峡です、当時から「うず潮」が見えられたんでしょうか。
紀伊半島を南から見ると・・・

090602-伊能図 関西 (22)

こんな感じ、何せ大きすぎて何を撮ってるんだか分らん(笑
位置関係を書いて見ると・・・

090602-伊能図 関西 (22)改

こんな感じになりますよね、左上に・・・

090602-伊能図 関西 (2)

和歌山があります。
ここから大阪湾岸を北上して行こう!
と思うのですが、文字数の都合で・・・


話は長々と次へ続きます(←クリックすると移動します)


2009年06月08日 19時03分 初回UP
最終更新時に一部画像入替


[ 2009/06/02 00:00 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

【ヨコハマ】 150年目の横浜開港記念日(その4) 「花火大会」 (2)

話はこちらから続きます(←クリックすると移動します)


横浜開港記念日のこの日、
朝からアチコチ見て回ったけど、次が最後のイベントです。
こんなものを用意してみました・・・

090602-クルーズ乗船券

乗船券です、「横浜開港祭」のメインイベントとして、
最後の花火大会があるんですけど、それを海から見てみる事にします。

090602-乗船場所

この場所から・・・

090602-出航 (2)

この船のアッパーデッキに乗船しました。
途中・・・

090602-出航 (7)

こんな景色を見ながら5分ほど行けば・・・

090602-出航 (16)

こんな景色になります。

定刻から花火が打ちあがり始めました・・・

090602-花火 (13)

090602-花火 (55)

090602-花火

090602-花火 (11)

090602-花火 (24)

090602-花火 (31)

090602-花火 (39)

090602-花火 (61)

090602-花火 (64)

090602-花火 (78)

090602-花火 (95)

090602-花火 (99)

090602-花火 (104)

090602-花火 (125)

090602-花火 (138)

090602-花火 (142)

090602-花火 (143)

090602-花火 (144)

090602-花火 (145)

090602-花火 (146)

090602-花火 (154)

090602-花火 (63)

こんな感じで40分ほど、
打上げ場所からさほど離れてないし、
大きいものは真上で開く感じ、迫力満点でした☆

気が付けば・・・

090602-帰航 (4)

新港埠頭に停泊していた3隻
(手前から[海王丸]「しらゆき」と一番奥がメキシコの。)
全部がイルミネーションで飾られていました♪

帰りは・・・

090602-帰航 (13)

090602-帰航 (17)

こんな景色を見ながら、途中・・・

090602-帰航 (7)

立ち上がると頭をぶつけそうな所を通って・・・

090602-帰航 (18)

帰って来ました。


この日は朝から・・・
[横浜みなと博物館]での企画展を見て、
[象の鼻パーク]のオープンを見て、
ブルーインパルスのアクロバット飛行を見て、
(まだ書いてないけど)大きい地図を見て感動し、
最後は花火大会を見て締めくくりました。

今年の横浜開港記念日は、
『150年目の開港記念日を楽しまなソン!』
そんな気持ちで、アチコチ出かけてきました。
勉強になる事も数多くあったし、感激する事も多かった、
大満足の1日になりました。


下記は、それぞれタイトルをクリックすると移動します・・・

150年目の横浜開港記念日(その3) 「ブルーインパルス」飛来
150年目の横浜開港記念日(その2) [象の鼻パーク]オープン
150年目の横浜開港記念日(その1)


[ 2009/06/02 00:00 ] よこはま | TB(0) | CM(0)

【ヨコハマ】 150年目の横浜開港記念日(その3) 「ブルーインパルス」飛来

話はこちらから続きます(←クリックすると移動します)

[象の鼻パーク]のオープンを見届けてから・・・

090602-大桟橋入口

[大桟橋]へやってきました。
上へ行けば・・・

090602-大桟橋から象の鼻

さっきまで居た[象の鼻パーク]と・・・

090602-大桟橋から横浜三塔

その奥には「横浜三塔」を見る事が出来るけど、やっぱし有名なのは・・・

090602-大桟橋からMM21 (3)

この景色ですかね(笑

090602-大桟橋からMM21 (5)

海保の巡視艇が出てきました、
横浜開港記念日には「体験乗船」をしているんですけど・・・

090602-大桟橋からMM21 (6)

後甲板は人でいっぱいでした。

景色を見るためだけにここに来た訳じゃありません、
時間は13:00、それは轟音を響かせ・・・

090602-ブルーインパルス

090602-ブルーインパルス (1)

来ました☆

090602-ブルーインパルス (2)

090602-ブルーインパルス (3)

横浜港を低空で横切ります・・・

090602-ブルーインパルス (19)

090602-ブルーインパルス (18)

空自のアクロバットチーム「ブルーインパルス」☆
横浜で見られるとは感激です!

編隊飛行を見せてくれた後・・・

090602-ブルーインパルス (4)

この様な航跡が現れました、2機で作っているんですけど・・・

090602-ブルーインパルス (5)

こんな感じ、その跡を辿ってみると・・・

090602-ブルーインパルス (5)改

「ハート」でした♪
これはいくつかの種類があって、例えばハートの中に1機飛び込めば
「ハートを射止めた」模様になるそうです。

090602-ブルーインパルス (14)

090602-ブルーインパルス (16)

090602-ブルーインパルス (17)

何パターンかの編隊飛行を見せてくて、最後は・・・

090602-ブルーインパルス (21)

これから、どんな風になるかと言えば・・・

090602-ブルーインパルス (22)

あまりにも大きすぎて、けっこう広角の『 こー 』のカメラでも収まらない(笑

090602-ブルーインパルス (23)

090602-ブルーインパルス (24)

これは「桜」をイメージしたものだそうです、
まさに「大輪の花」・・・すっごい迫力☆
都合20分くらいだったけど、メチャクチャ楽しかった♪
プロペラ機を使った曲芸飛行は何度か見た事あるけど、
ジェット機のは初めてでした、カッコ良かった(v


せっかくなんで、もう少し景色でも。
先ほどは方角で言うと北側の[みなとみらい21]地区を見たけど、
反対側は・・・

090602-大桟橋から山下公園方面 (1)

こんな感じ、緑いっぱいの景色になります。

090602-大桟橋から山下公園方面 (2)

[氷川丸]と[横浜マリンタワー]
手前の緑は[山下公園]、奥の緑は[港も見える丘公園]です。

この左手には・・・

090602-大桟橋から山下公園方面 (11)

[横浜ベイブリッジ]も見えます・・・

090602-大桟橋から山下公園方面 (12)

ここが先日行った[スカイウォーク]と[スカイラウンジ]です。
ここからは横浜港を一望する事が出来ます。


話はもう少しだけ続きます(←クリックすると移動します)


09.05/23 [スカイウォーク]まで行って来ました
 ( ↑ クリックすると移動できます)


[ 2009/06/02 00:00 ] よこはま | TB(0) | CM(0)

【ヨコハマ】 150年目の横浜開港記念日(その2) [象の鼻パーク]オープン

話はこちらから続きます(←クリックすると移動します)


と、言う訳で、
開港記念日の06/02 12:00に全面開放される・・・

090602-象の鼻 昼 (13)

090602-象の鼻 昼 (1)

[象の鼻パーク]までやって来ました。
この左が小高い丘になっているんですが、そこからの景色を・・・
ちなみに1番乗りでした(笑

まずは・・・

090602-象の鼻 昼 (3)

左側[赤レンガ倉庫&パーク]方面、
この右側は・・・

090602-象の鼻 昼 (2)

[大桟橋]方面、「象の鼻」の由来になった波止場が見えます。
この右手、海とは反対側になるんですが・・・

090602-象の鼻 昼 (4)

こちらはJR関内(かんない)駅方面、別の場所から見てみると・・・

090602-象の鼻 昼 (6)

090602-象の鼻 昼 (12)

こんな感じ。
[赤レンガ倉庫&パーク]と[大桟橋]や[山下公園]を結ぶだけでなく、
横浜の官庁街や関内駅方面にも繋がる結節点になりました。

ここは元々、横浜港発祥の地で、
開港当初に波止場が作られた所の1つなんだそうです。
少し前までは倉庫と雑居ビルが立っていた場所で、
一般の人は立入る事が出来なかったんですが・・・

090602-象の鼻 昼 (11)

090602-象の鼻 昼 (32)

この様にキレイに整備されました、
高い建物も近くにはないし、とても開放感のある場所になっています。
唯一・・・

090602-象の鼻 昼 (10)

今は遊歩道になっている昔の貨物線跡、
これが高い建物だけど、それも景色の一部として溶け込んでいます。

ここを整備する過程で見つかったものがあります、それは・・・

090602-象の鼻 転車台

090602-象の鼻 転車台 (1)

こちらの「転車台」
「象の鼻」の波止場が発展して行く形で、隣に[大桟橋]が出来るまでは、
船は沖合いに停泊していました。
そこで積荷を小船に載せ換えて、ここから荷揚げしていたそうですが、
荷揚げした荷物を貨車などに載せて送り出す時に使ったのが、この転車台、
貨車の方向などを変えるために使っていたものだそうです。

090602-象の鼻 転車台 (3)

090602-象の鼻 転車台 (4)

線路も石造りの路盤も当時のまま、歴史が感じられます。

090602-象の鼻 昼 (28)

「象の鼻」の波止場の入口まで来ました
横浜港発祥の地から[みなとみらい21]地区を見る・・・
ちょっと不思議な感覚です。
一番先まで行って振り返ると・・・

090602-象の鼻 昼 (27)

こんな感じ。
陸側を見ると・・・

090602-象の鼻 昼 (22)

この方向に先ほどの「転車台」があります、その後ろをズームしてみると・・・

090602-象の鼻 昼 (23)

「ハマスタ」の照明塔(逆三角の鉄塔がそれ)が見えます。
その後ろにはJR根岸線と関内駅があるんですが、
当時はそこに川(現在は首都高)があって関所が設けられていたそうです、
海から川までの間が外国人居留地だった訳なんですけど、
そこは関所の内側なので「関内」と呼ばれていて・・・
これが「関内」の地名の由来です。

090602-象の鼻 昼 (24)

すぐ隣にある[大桟橋]、
これが出来た事により沖合いで小船に積み替える必要がなくなり、
直接荷揚げする事が出来る様になりました。

090602-象の鼻 昼 (21)

ちょっと見づらいけど、海の中に石垣が沈んでいます、
これは関東大震災で崩れてしまった当時の波止場の石垣なんだそうです。
整備する過程でこの様な石が多く見つかったそうなんですけど、
それらも多く活用されたそうです。

余談ですが・・・

090602-象の鼻にたねまる (1)

090602-象の鼻にたねまる

[たねまる]も来てましたよ。


ちなみに夜、この場所に行ってみると・・・

090602-象の鼻 夜 (2)

090602-象の鼻 夜 (7)

この様なライトアップがなされます、
時間によって色が変わるんですけど、幻想的でキレイですよ♪


話は次へ続きます(←クリックすると移動します)

- おことわり -

当日は何度も時間を変えて訪れたので、
同じ昼間の画像でも撮影時間は若干前後しています。


[ 2009/06/02 00:00 ] よこはま | TB(0) | CM(0)

【ヨコハマ】 150年目の横浜開港記念日(その1)

06/02、横浜は開港記念日・・・

090602-桜木町駅前

いい天気になりました♪
今日はあちこちでイベントがたくさん行われます、
その一部を巡ってみたいと思います。

まずやってきたのは・・・

090602-みなと博物館

090602-みなと博物館 (2)

[日本丸]の満船飾です、鮮やかです♪
この日は小学生は入場無料という事もあり賑わってました。
ちなみに、この中に・・・

090602-たねまる旗

裏返しになっちゃったけど[たねまる]の旗もありました(笑

で、『 こー 』がやってきたのは、この向かいにある・・・

090602-みなと博物館 (3)

[横浜みなと博物館]ここでは・・・

090602-みなと博物館 (4)

「横浜開港祭展」と称した企画展をやっていて、
開港当時・開港50周年・100周年の時の横浜の様子を紹介しています。
普段は何ヶ所かの施設にバラバラに展示されているものを
ここでまとめて見る事が出来ます。
展示物などは撮影する事は出来ないんで、詳しく紹介する事は出来ないけど、
常設展と併せて、横浜港や船に関するものが多く展示されていて、
かなり見応えのある所になっています。
50・100・150と50年毎の節目を感じられるのは今年しかありません、
「開港150周年」というのきっかけに足を運んでみるのもいいと思います。

ここから・・・

090602-汽車道

090602-汽車道 (1)

[汽車道]を歩いて、「Y150」会場前までやってきました。
平日なんですけど、横浜市内の学校は休みと言う事と、
全国からの修学旅行などで多くの人出(汗
ここから左に行くと[サークルウォーク]があります。
そこからは・・・

090601-新港に3隻

3隻の船が泊まっているのが見られました。
(ここからの画像は06/01撮影のもの)
左から・・・

090601-新港 海王丸 (2)

090601-新港 海王丸 (6)

090601-新港 海王丸 (4)

こちらは[海王丸]
普段は富山に居る帆船で、横浜に係留されている[日本丸]の姉妹船です。
毎年「開港祭」には横浜にやってきてくれます♪
続いて・・・

090601-新港 メキシコ帆船+護衛艦

ここでは左側、全体画像では真ん中に泊まっているのは・・・

090601-新港 メキシコ帆船+護衛艦 (5)
(後ろは[海王丸])

090601-新港 メキシコ帆船+護衛艦 (7)

海自の護衛艦「しらゆき」
隣は・・・

090601-新港 メキシコ帆船+護衛艦 (1)

はるばるメキシコから来てくれました・・・

090601-新港 メキシコ帆船+護衛艦 (3)

090601-新港 メキシコ帆船+護衛艦 (2)

(ここまでの画像は06/01撮影)
「クワウテモック」です。
先日から一般公開が行われていたんですが、多くの人で賑わっていました。

この脇にある[赤レンガ倉庫&パーク]を抜けて・・・

090602-象の鼻 昼

こちらへやってきました。
この日の12時に全面オープンされる・・・

090602-象の鼻 昼 (13)

[象の鼻パーク]までやって来ました。

という所で、文字数の都合で次へ続きます(←クリックすると移動します)


[ 2009/06/02 00:00 ] よこはま | TB(0) | CM(0)

【ヨコハマ】 150周年です

今日は横浜開港記念日、
開港したのは1859年の6月2日(旧暦)です。

日本の長い歴史の中だと、150年は短いと言う人も居るけど、
開港して西洋文化が一気に入ってきて、
横浜からに日本中に広まっていったものも数多くあります。

例えば・・・
 電話(電信)・近代上下水道・ガス・鉄道
などインフラに関係するものから・・・
 ビール・アイス・パン
など食べ物に関するもの・・・
 日本語での日刊新聞・クリーニング・近代理髪店・歯医者
など生活に欠かせないものや・・・
 テニス・競馬
など娯楽に関するものまで、実に様々。

関東大震災や太平洋戦争で大きな被害を受けた事もあったそうで、
決して順風満帆ではなかった様だけど、
一地方の都市には留まらず、日本の歴史に大きな影響を与えた事を考えれば、
開港5港の中での存在感は一番だと思います。

横浜では毎年、開港記念日に併せて「開港祭」と称して、
大小さまざまなイベントが行われます。
これから、お出かけしてこようと思います♪



[ 2009/06/02 00:00 ] よこはま | TB(0) | CM(0)

09年カレンダーも6月です

と、言う訳で・・・
月に一度のお楽しみにしてる、カレンダーめくりです(謎

今年の『 こー 』は・・・

イコちゃんカレンダー

この[カモノハシのイコちゃん]の
着せ替えカレンダーを使ってるんですが(呆

昨年の12月は「サンタ」
1月は「はかま姿」
2月は「スノーボーダー」
3月は「お内裏様」
4月は「新入社員」
5月は「行楽シーズン」をテーマにしていたイコちゃん、
6月は・・・

イコちゃんカレンダー6月 (1)

イコちゃんカレンダー6月

梅雨の時期という事で、雨カッパを着てました♪
カモノハシが雨カッパて・・・(笑
まぁ、和む(脱力するとか、気が抜けるとも言う?)からOKです。

次は07/01のお楽しみです。


↓ 過去の分です、タイトルをクリックすると移動します。

5月分 09.03/01 09年カレンダーも5月です
4月分 09.03/01 09年カレンダーも4月です
3月分 09.03/01 09年カレンダーも3月です
2月分 09.02/01 09年カレンダーも2月です
1月分 09.01/01 09年カレンダーです


[ 2009/06/01 00:00 ] きゃら/いろんなぐっず | TB(0) | CM(0)