節分 = 恵方巻き は定着したか? (2)

節分です。
関西では、この日に太巻き寿司を恵方を向いて「まるかじり」する
そんな習慣があります。

こっち(横浜)ではどうか?と言えば、
つい最近まで、だ~~~~~~~~~れも知りませんでした(汗
どんな様子やったかと言えば・・・以下、
去年書いた日記へ(笑
リンク先は、去年の同じ日の『こー』のブログです。
こっちでの恵方巻きについてや、感じた事を書いてます。
別窓で開きますので、そちらをどうぞ。


こっちでもやっと認知されてきた恵方巻きを食べる習慣。
1月半ば頃からは・・・

えほう (1).JPG

こんな広告やチラシを数多く見る様になりました。
コンビニやスーパーのチラシには・・・

えほう (2).JPG

えほー.JPG

えほー2.JPG

大きく紹介される様になりました。
さらには・・・

えほう.JPG

明らかに便乗する動きも「普通に」見られるように。

それでも『こー』が大阪に住んでた時には、
20cm位ある「恵方エクレア」や、
フランスパンに切れ目を入れて具をたくさん挟んだ
「恵方サンドウィッチ」なんて言うのがあったので、
それに比べたらまだまだですけどね(笑

恵方巻きが買えるかどうかで悩んでいた数年前に比べれば、
今は、いろんな種類が売られる様になって、
『何を買おうか』と悩める様になりました。
恵方巻きの習慣が、こっちでも定着してきたと言う事でしょうか。






えほー3.JPG

3ヶ所回って、いろいろ見たけど・・・
結局は、去年と同じ所で買いました。
売場は去年の半分やったけど、
バックヤードから売場に品物が運ばれていく傍らから、
無くなってました。

去年の1月13日に[ミツカン]さんがリリースした資料によると
その前年(2005年2月時点)のアンケート結果によると、
関東でも8割程度の人が「恵方巻きを知っていて」、
実際に5割程度の人が「恵方巻きを食べた」との事でした。

(以下詳細な資料
http://www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2006news/060113.html )

いろんな食べ方が言われているけど、共通するのは

1.太巻きを食べる
2.太巻きは切らないでまるかじりする
3.恵方を向いて食べる

の3つですね。
1.太巻きを食べる
これを食べるのは = 円(縁)を巻き込む。と言う意味からです。

2.太巻きは切らないでまるかじりする
これは、円(=縁)を切らない様に。と言う意味からです。
1・2は、太巻きの断面が「円」である事に掛けてのシャレですね。

3.恵方を向いて食べる
恵方を向いて食べるのが習わしです。
「歳徳神」と言う、その年の福を司る神さんが居る方向が恵方で、
毎年、居る所が違うらしく・・・今年は北北西みたいです。
(北北西・南南東・東北東・西南西のどこかで、干支によって変わる。)

まぁ、他にもいろいろと言われてますけど、
難しいことは抜きにして『縁起担ぎ』と思うて、やってみましょうよ♪


2007年2月3日 1時22分 初回UP
最終更新時に画像入れ替え


スポンサーサイト
[ 2007/02/03 00:00 ] たべもの | TB(-) | CM(0)