『 こう 』は冗長系なん?

以前、某所で書いていたブログを停止してこちらに引継ぎ。

【THE ALFEE】 シングル引取り 

発売日から送れること・・・幾日(汗

Innocent Love.JPG

[THE ALFEE]54枚目のシングル[Innocent Love]
ちゃんと引き取って来てますよ♪(遅

[Innocent~]は・・・まぁ、いいとして ←え?(汗

やっぱり『こー』としては、前にも書いたけど・・・
c/wのONEが気になってました。

今年1年、ずー~~~~っと歌われてきたこの曲・・・
改めて聞いてもても、やっぱいいです♪
こっちの方が3人さんらしいとも思えてしまう。
・・・最初に好きになったのが[ラジカル・ティーンエイジャー]やから、
余計にそう思えるかも知れないねぇ。

欲を言えば・・・
ライブでやっている、曲の最後での桜井さんの独唱。
これが欲しかったとは思うけど・・・
逆に言えば、それはライブでだけのお楽しみ♪と言う事で。

あとは、去年のc/w[ZeRoになれ!]と今年の[ONE]
出来れば、この2曲を続けて聞いてもらいたいですね。
スポンサーサイト
( 2006/10/30 00:00 ) Category THE ALFEE | トラックバック(-) | コメント(-)

山手の丘発、シーバス経由、ベイクウォーター行。 (4) 

この日は、近場までちょっとお散歩して来ました。
て言うても・・・
前日の、早朝から学園祭の仕事、午後からはライブとカラダを酷使したので、
起きたのがお昼で(汗
午後から、のーんびりお出かけした感じです。
デジカメを持って行かなかったので、画像はありません(凹
地図を見ながら「こんなトコ歩いたんや」て追ってみて下さい。


横浜駅ビルの地下で、遅い昼ご飯を食べてから移動します。

最初に行ったのは、リクエストがあった[山手]の丘。
最寄駅はJR石川町駅、そこから山を登る事10分・・・
以前にも紹介した[外交官の家・ブラフ18番館]のある[イタリア山庭園]へ。
マピオン参照

ここは、イメージされる観光地の横浜からは少し離れているので、
休日でも余り人が居ない所・・・やったはず(汗

この日はハロウィンと言う事で、ウォークラリーが開催されていて、
いつもの20倍の人出でした(『こー』比)
それでも『知れてる程度』の混み具合なのでゆっくり見て回われました。

山を下り[元町商店街]へ。
マピオン参照 地図を拡大するとお店の名前まで見られます。)
ここの雰囲気は大好きです♪
・・・『こー』が買えるモノは少ないけどね(笑

元町を抜けて[山下公園]へ。(マピオン参照
出発が遅かったので、ここに来た頃には陽が沈んでました。
[マリンタワー]と[MM21]の夜景を見ながら寛ごうかなぁ・・・
と思ったけど、お腹空いたので目の前のデニーズへ(笑
まぁ、歩きつかれたのもあったからね、ちょっと休憩。
パンケーキ&紅茶で元気回復させて・・・

ここから先のコースを3つ提案します。

 ・バスでMM21方面へ出る
 ・歩いてMM21方面へ出る
 ・その他(笑

リクエストを聴くと・・・「その他」との事(汗
さて、どうしようか(考
チャイナタウンがすぐの場所にあるけど、さっきご飯食べたばっかやし、
今、デザート食べたばっか(汗
何か食べに行くという気分でもないし、
何か見ると言う点から行く所でもない。

で、ちょっと調べてみると
横浜駅までのバスがちょうどいい時間に出港
する事が判明。
それに乗る事にします。

・・・バスやのに出港てヘンな表現。
と思った方は、目の付け所がいい(笑

山下公園から横浜駅東口まで、シーバスと言うものが出ています。
この日に少しだけ出てきます
それに乗って、横浜駅まで行く事にしました。

普通のバス(市バス)なら210円の所を600円なんで、
料金はちょっと高いけど・・・
それでも、差額には変えられない景色を見る事が出来ます。
港ヨコハマを海から見ると・・・
それは、もう♪いい景色ですよ、お勧めです。
昼間でも十分いい景色やけど、夜がお勧めですね。
『こー』的にイチバンいいと思うのは、冬の夕暮れ時です。

途中で、今年の[THE ALFEE]夏イベの会場やった[赤レンガパーク]
(ちなみに夏イベの様子は こちらこちら
そして、MM21を経由し30分かからない程度で、
横浜駅東口に到着です。

そこは、今までなら下船しても何も無かったけど・・・
新しく[ヨコハマベイクウォーター]と言う、
ショッピングモールが出来たらしく、結構賑わってました。
食べ物屋さんが中心の5階建て、
海方面はMM21の景色も見えます。
[横浜そごう]から連絡通路で繋がっているので、横浜駅からもすぐです。
が・・・場所としては、その裏になるので、
とーってもわかりづらいですね(汗

でも、今までの[シーバス]は、山下公園から人を運んでくるばっかで、
その折返しには人がほとんど乗ってなかったけど、
そっちにも人が集まる場所が出来たコトで、
山下公園への便も、賑わってくるんやないかと・・・思います。


半日くらいで横浜を回るなら、
こんなコース(逆向きでも可)はいかがでしょう(笑


ちなみに山下公園から横浜駅東口までの位置関係は・・・
港ヨコハマ.jpg
こんな感じです。


2006年10月31日 23時07分 初回UP
最終更新時にカテゴリー変更


( 2006/10/29 00:00 ) Category よこはま | TB(0) | CM(0)

[ウルフルズ] @日大 藤桜祭 (2) 

と、言う訳で・・・

10/28.JPG

行って来ましたー
[ウルフルズ]の学園祭コンサート@日大 湘南校舎 藤桜祭
まさか、まさかですよ・・・
8月のヤッサ以降に[ウルフルズ]のライブが観られるとは思わんかったし・・・
メッチャ嬉しかったー♪
おまけに場所も『こー』ん家から近かったし(笑

以下セットリストと、カンタンな感想です。
ちなみに・・・本編中盤のセットリストについては、思いっきし入り込んでたので、
全く自信がありません(汗
歌った曲と曲数に間違いはないです。





会場は体育館。
パイプ椅子が並べられていました。
おおよその席数にして1700くらいか。
会場10分前には2階のバルコニー席も含めて満員。
『まだ?まだ?(浮』て感じで『こー』は落ち着きがありません(笑

定刻から5分押して恒例のSEが流れます。
それをきっかけに『知ってる人』は席を立ちメンバーを出迎える準備。

やがてステージ上手からメンバー登場!
サンコン・ケーヤン・ジョンB・ミッキー・・・トータス、
それぞれが定位置に着きます。
トータスが場内を見渡して「ニチダーイ!!」
場内は大歓声。

愛がなくちゃ
 OPにこの曲
 「♪あーいがなくちゃ!」『あーいがなくちゃ!』
 C&Rで盛り上げます。

それが答えだ
 独特の振付けがある曲で、ファンかそうでないかがバレます(汗
 ステージ上から踊れてる人を見つけては
 「あいつはファンやな♪」て思ってたんやと思う(笑
 この日に初めて[ウルフルズ]を見る人が大半と思うけど、
 この曲は知れてる曲(やろう・・・。)と言う事もあって、
 さらに盛り上がります。

MC:トータス
 まずは招聘元へのお礼。
 そして、2ヶ月ぶりのライブ(8月のヤッサ以来)と言う事で緊張してる事と、
 学祭ツアーをやろうとしてたけど「ツアーはお断りして行きたい所だけにした」話を。
 確かに・・・普段は学祭やらない人たちやからねぇ(汗 
 そして「日大と言えば・・・」と言う話から、
 10年前に同じ日大でも下高井戸(しもたかいど)で学祭ライブをやったらしく、
 その時のライブで最後に電源が落ちた事を話す。
 最後に「今回はその時のリベンジ!」だと話し、場内は盛り上がります。

 そこから続いたのは・・・
 「金の切れ目は」『縁の切れ目ー!』
 ライブでは定番中の定番のC&Rです♪

 「金の切れ目は」『縁の切れ目ー!』
 「オーケー!しゃっきんだいおー!!」

借金大王
 [ナニワ金融道]のテーマになっていて、広く知られてる曲ですね。
 場内の異様な盛り上がりはなんでしょう(笑

 この曲の途中でトータスが「ヒトコト」言うんですけど、
 今日のそれは・・・
 最前列で警備する学生さんが、客席に背中を向けてステージを見てたらしい(汗
 トータスは、それがとても気になってらしく、最前列を指差して・・・
 「目の前の君、そうそう君、警備っちゅーのは本来、前(客席)向いてるのが仕事や(笑」
 「見たいのは分るけど耳だけで楽しんでてくれ(笑」
 の様な事を言って、ツッコんでました。

ワルツ
 この曲は(ファン以外なら)知らない人の方が圧倒的に多いと思うけど、
 やはりお決まりの
 「♪~お嬢さん」『おじょーさん』
 のC&Rで盛り上がりました。

 ちなみに・・・曲調は[ワルツ]ではありません(汗

MC&メンバー紹介
 ケーヤン(EG:ウルフルケイスケ)
 焼きそばがおいしかったとお礼を。

 サンコンJr(Dr:サンコンJr)
 楽屋の隣の部屋にトレーニングマシーンがあった事と、
 それは「自分の為に用意してくれたんだ(笑」と笑いを誘います。
 トータス曰く「ドラマーは後ろに居るから何とかしてその存在をアピールしたい」と。
 そして2つ人種が居て
  1.ドラムを要塞の様に囲んでアピールする
  2.自らの筋肉(特に腕・上半身)をアピールする
 のに分けられるらしい。
 上のトレーニングマシーンの話は、サンコンJrが2に由来するであろう(笑
 との事からの話でした。

 ジョン・B(B:ジョン・B・チョッパー)
 ヒトコト目にいきなり
 「ホコリっぽいです、僕ねハウスダスト(のアレルギー)なんですよ。早く帰りましょう。」
 場内、大爆笑(笑
 トータスが何かとフォローしてました。

 ミッキー(Key:伊東ミキオミッキーフロム熊本)
 カンタンにお礼を言ってたはずです。

 最後にケーヤンが「魂揺さぶるオトコ、Mrソウルマン!」と
 トータス(Vo:トータス松本)を紹介。
 恒例の「ティー!!(T:両手でアルファベットのTの字を作ってます。)」
 いや、それはファンの人しか分からんやろ(笑
 何とか会場全員に作らせようとしたのか、2度3度繰り返しました。
 「気にせんといて、ちょっと舞い上がってます(笑」とヒトコト。
 
いやんなる
ワンダフルワールド
 バラードが2曲続きます、トータスのVoが響きます。
 客席は声量豊かな声に、ただただ聞き入ってる様でした。

笑えれば
 ここで歌ってしまうかぁ(泣
 ウルフルズでイチバン思い入れのある曲と言えば、これです。
 大阪に住んでた時の、最後の方に聴きこんだ曲で、
 この曲と[コブクロ]の[風]は忘れられヘン・・・泣きそうやった。

サムライソウル
 久しぶりの大ヒットになった曲です。
 OPで場内から歓声があがりました。

バンザイ
 サビで客席みんなで『バンサーイ!』て両手挙げてくれたのが嬉しかったなぁ♪

大阪ストラット
 サビでのC&Rは日替わりなんですけど、
 今日は「おおさかッ!おおさかッ!」→「にちだいッ!にちだいッ!」と続いた後・・・
 生物資源科学部!生物資源科学部!
 ・・・て、言えるかい!!4文字のトコにどうやって11文字も入れんネン!!
 トータスも客席もカミカミやしグテグテやし・・・大爆笑(笑
 結局、客席が「にちだいッ!にちだいッ!」
 で、その後にトータスが「♪~あれもこれもあんで」の所を「♪生物資源科学部~」
 と歌ってましたね。

 そして、
 「Come On!Say!Yeah!!」『Yeah!!』
 「Every Body!Say!Yeah!!」『Yeah!!』
 トータスが客席を煽ります。
 そして『オーケー!カモーン!ケーヤン!!
 と続けば・・・

ガッツだぜ!
 誰もが知ってるであろうこの曲で、テンションも最高潮♪ 

トータスの弾語り
 少しのクールダウンを兼ねて、カンタンな弾語り。
 メッセージとしては・・・

 今日は呼んでくれてありがとう。
 若いみんなには夢や希望がたくさんあると思う、それを掴んで欲しい。
 オレらもまだまだ夢を追いかけてます。
 とにかく前へ、ひたすら前へ。
 そしてみんなも前へ、まっすぐ、まっすぐ、まっすぐ・・・
 転ぶ時も前に、倒れる時も前のめりに倒れてくれ。

 最後の曲です、自分を、みんなを全肯定の歌。


の様な事を弾語り・・・

ええねん
 この曲の事は8月のヤッサの感想にも書いたけど、ジーンとくる。
 曲の最後の「ええねん!」を、いつもより長くリピート、良かったぁ(泣


ここで本編は終了。
『エイ!エイ!ピー!(A・A・P)』の掛け声と、
アタマの上でA・A・Pと文字を作りアンコールを促します。
初めて見た人には「何やこいつら・・・」て思われてたのは確かでしょう(汗
でも、せっかく来た[ウルフルズ]のライブです。
これを楽しむのに必要なモノは僅かな勇気、
不必要なのは羞恥心、と常々言いますから(笑

5分ほどしてメンバー再登場

再度のメンバー紹介と、ひと通りの挨拶・お礼。
そして
「大事な合言葉の歌を唄います。合言葉はA・A・P、アホ・アホ・パワー。」

A・A・Pのテーマ
 なーんも考えんと、アホになれる曲です。
 だんだんとハイになっていき・・・
 もう、そのままノリに任せておきたい感じです(笑

 ・・・こんな曲しか歌ってないイメージがあるでしょう(汗
 そんな事ないですからね。

MC:トータス
 締めの挨拶。 

いい女
 曲が終わってトータスだけが下手に下がります。
 そして・・・お決まりの
 「もう1度トータスに会いたいかぁー!!」『Yeahー!』
 「俺たちと一緒に呼んでくれるかー!!」『Yeahー!!』
 ケーヤンの呼び込みも大盛り上がり!
 「トータス!トータス!」『トータス!トータス!』
 後ろ向きで歓声に引っ張られながら登場するトータスは、いつもより嬉しそう♪
 「♪いい!いい!いい!いい!いーいおーんな~~!!」
 
 と歌い切って終了、
 「ありがとー!!」の言葉と共に上手に下がり終了です。


終演が18:50分頃でした。
内容はひたすら濃かったです♪

先に書いた様に、体育館にパイプ椅子が並べられたトコやったけど、
ノリとしてはホールと言うよりは、ライブハウスでした♪
跳ねて、目いっぱい手振って、声出して・・・
途中で着替えたシャツも汗でビッショリでした(笑

ケーヤンも高さはないけど
いつもよりも余計に飛んでたなぁ・・・ノッてた♪
トータスがMCで「久しぶりで緊張してる」を繰り返してたけど、
みんな同じやったんかな。
それを振り払うかの様な、テンションの高さと盛り上げでした。

これで[ウルフルズ]としてのライブは、
『また来年』になってしまうのは残念やけど、
精一杯楽しませてもらいました♪


2006年10月30日 15時59分 初回UP
2006年10月30日 21時38分 若干追記・修正
最終更新時にTB設定(やすべえさん



( 2006/10/28 00:00 ) Category ウルフルズ | TB(0) | CM(0)

【THE ALFEE】 54thシングル発売前日 

[THE ALFEE]
54枚目のシングル[Innocent Love]
10/25に発売されます。

気が付けば・・・発売前日です(汗
いろいろあって、すーっかり忘れてました(大汗
今日なんてCD屋さんの中のベンチに2時間くらい居たのに。。。

注目は・・・やはり、そのc/wのONEでしょう(笑
思えば・・・
05.12/30@大阪城ホール EDSEでお披露目されて
1月には大阪国際女子マラソンのイメージソングとして流れ、おまけに長居陸上競技場でミニライブまで。

4月からの[ONE]Spring Tourでも歌われ
 (5/21@NHKホール
  6/21@神奈川県民ホールに参加)

10月からの[ONE]Autumn Tourでも歌われてきた。
 (10/06@さいたま市文化センター
  10/20@静岡市民文化会館に参加)

今年1年、ずーっと歌われてきたのにも関わらず・・・
どー-------------っこにも音源が無い(笑
(ちゃく歌などは除く)

やー-----------------っと
音源としてリリースになります。
いやぁ・・・かれこれ10ヶ月、良う待ったなぁ(泣

なぜかB面に名曲の多い[THE ALFEE]
この[ONE]も、それに違わずメッセージ性の強いいい曲です、
ココロに重く響きます。
ぜひ[ONE]に注目の上!!
そのついでに[Innocent Love]も聞いてもらえたら、と思います(違?


余談ですけど・・・
このシングルには39作連続オリコンTOP10入り
と言う記録がかかります(歴代2位か3位かな?)
・・・大して説得力ないかな?(汗
確かに、他にもっとすごい記録を持ってる人は居るし、
短期集中で毎月の様に何枚もリリースして記録を伸ばす人とかも居る。
でも[メリーアン(83年)]から数えて38枚のシングルが、
1度も1曲も途切れる事なく、22年間に渡って常にランクインしてる事に、
とても大きな意味があると『こー』は思ってます。
歴代1位の座は譲ったけど、これからも3人さんのペースで
記録を更新して行ってもらいたい。

初動売上の集計に間に合う様に買いに行ってきます。


( 2006/10/24 00:00 ) Category THE ALFEE | トラックバック(-) | コメント(-)

【THE ALFEE】 日本平に行って来ました 

静岡2日目と、前日からの総括を。


10/19から静岡に滞在していた『こー』です。
ちなみに、その日の様子はこちら

日付が変ってからホテルに戻り3時間ほど寝。
朝早くに目が覚めた『こー』は、TV見ながらベッドでゴロ寝。
10時過ぎに支度を始めて、11時にチェックアウト。

静岡駅のショッピングモールで遅い朝ごはんを食べた後、
とある所へ移動する為にバス停を探していると・・・
前の日の夜に、遅くまでご一緒頂いた方とバッタリ(汗
静岡駅の南口駅前にある[る・く・る]に行くみたい。
何も予定がなければ『一緒に行ってもいいですか♪』て感じやけど(笑
この日は、その「とある所」で待ち合せていた人が居るので・・・
泣く泣くお別れです(寂

静岡駅の北口からバスに乗って約40分。
降りた所は・・・

50 日本平バス停.JPG

50 日本平.JPG

日本有数の景勝地[日本平(にほんだいら)]にやってきました♪
ここに来るのは・・・10何年かぶり(汗
[THE ALFEE]を語る上で、絶対に外せない場所です。
バス停からは、来た道を少し戻り・・・

50 ○○への坂道.JPG

案内板に従って、この坂道を下ると・・・

50 エントランス.JPG

こちらは[日本平ホテル]さんです。
目的地(&待合せ場所)は、この向こうにあります。
こちらのフロントで(形だけかも知れないけど)お邪魔する旨を伝え、
敷地内に入らせて頂きます。
建物の中を通り、ホテルの中庭と呼ばれる所へ出ると・・・

50-2 ステージ跡と富士山.JPG

こんな所に出ます。
ここは1987.8/8~9に[THE ALFEE]が
[SUNSET-SUNRISE]と題された
オールナイトライブをやった所なんです。
また戻って来る事が出来て感動(泣

あいにくの曇り空やったけど、それでもあの日に雨に比べたらいい天気です。
だってね・・・

50 ステージ跡と富士山.JPG

富士山も見えてるし(笑

ゆっくりと巡ってみます。
鳥のさえずり以外は何も聞こえない所、
あの時から何も変ってない様に思える。

下って行き、ステージがあった所から客席を見ると・・・

50 客席.JPG

こんな感じ。
狭いと思うかな・・・これだけやと3分の1くらいしか写せてません。

40 客席左.JPG40 客席右.JPG



画像がいびつになってるけど、全体を見渡せば・・・
実際はこんな感じの場所です。

当日はあいにくの雨模様の中、ここにビニールシートを敷いて、
60000人以上のお客さんがステージを見てました。

86年12月、ハマスタでのオールナイトライブが途中で終了してしまって消化不良やったのか、
(騒音問題でしたっけ?明け方にもらったコーヒーが嬉しかったと先輩が話してました。)
その時にタカミーが言ってしまったヒトコト・・・
それは「来年、オールナイト(ライブ)やるぞー!」
弾みで言ったのか、確信犯やったのかは分んないけど(恐らく前者だよね・・・/汗)
良くこんな場所を探したよね、この辺りのスタッフの動きはまさにお見事です。

ここから右(客席から見ると左)に行くと・・・

50 記念植樹.JPG

こういうモノがあります。
[THE ALFEE]の3人さんが記念に植樹した木です。

50 植樹の足元.JPG

この手前には・・・

50 プレート.JPG

3人さんの手形です。
記念樹の看板、そしてプレートの色褪せ感・・・
ここにも、あれから時間が経った事を気付かせてくれます。
良く見れば、その時は小さかった木が大きく育った事、
そして『こー』も、それなりに年を取りました。

そりゃそうです、良く考えれば・・・
来年はこの年に約束してから20年です。
まさか、その時には20年もやってると思わなかったと思う。
その間にはいろいろ変わりました。
売上では若いアーティストには適わないけど、
それでも、未だに年間60本前後のライブと夏イベをやり続けてる。
事実その動員数では、まだまだ負けません。

そして『こー』も、まさか・・・ずっとファンをやってるとは思わんかった(汗
確かに途中でブランクと思われる時期があって、
数年の間は年に1~2本しか行かない時もあった。
それも良かったと思ってるけど、
何よりも『久しぶりにライブ見たいなぁ・・・』と思った時、
以前と変らずにライブをやり続けてくれていた事に感謝です。


いろんな想いを巡らせながら、この場所で2時間近くのんびりしてました。
やがて待合せた人も車で到着。
一緒にもう一度ここをひと巡りしてから、
この日のライブを見に行く為に移動します。


その様子はこちら


ライブが終わると・・・21:50でした(笑
『こー』はといえば、とりあえず静岡駅を目指します。
前もって決めていたのは・・・
『間に合えば乗る、間に合わなければネットカフェで朝までコース。』
その、間に合えば乗ると言うのは・・・最終の東京行新幹線。
まぁ、どちらにしても新横浜駅に止まる新幹線には間に合わないので、
品川駅から折返して来る様になりますけど。

静岡駅に着くと21:04、まだ余裕で間に合う時間でした。
コインロッカーから荷物を出して、自動券売機へ行き・・・

06.10/20かえり.JPG

キップを2枚買います。
左が乗車券。
静岡駅から新幹線経由で品川駅を通り、最後は横浜駅までと言うキップ。
そして、その区間の中で新幹線に乗るので
右の特急券が必要になります、新幹線は静岡駅から品川駅まで。
金曜の夜と言う事もあって指定席を取りました(通常+510円)
乗って1時間しないうちに・・・

品川駅.jpg

品川駅着。
ここから東海道線で横浜駅へ出て、夜ご飯を食べて自宅へ戻って来たのが・・・
25時の少し前でした。


10/19に出発して、夜にはライブ観て、そのまま泊まり。
10/20は日本平へ行って、夜にはライブ観て、帰浜。

と、1泊2日で静岡へ行ってきた訳ですけど、
交通費・宿泊・食費等々を計算しても2万円で十分なお釣りがある、
と言う節約旅行でした。
(2日間のチケット代は除く)
( 2006/10/20 00:00 ) Category THE ALFEE | トラックバック(-) | コメント(-)

【THE ALFEE】 06年秋ツアー@静岡 

PIC_0034.JPG

PIC_0035.JPG

THE ALFEE [ONE] Autumn Tour
2006.10/20 静岡市民文化会館

行って来ましたー!!
『こー』は今ツアー初日の さいたま市文化センター 以来2度目の参加。
併せて、静岡で見るのは・・・10何年ぶり(笑
もう思いだせヘンくらい前の事です(汗
その時と全く変らない会場、懐かしいです♪
そして1人参加、気兼ねなく盛り上がるつもりです(v

とにかく、いろんな気持ちが混ざって・・・
静岡ー!!キャー!!(訳分らん/苦笑)

こんな感じで会場入りしました。
ちょっとだけ個人的な事を書くと、
この日に会場入りする時点で、
10/18から計算して4時間くらいしか寝てなかったんで、
要するにナチュラルハイやった、
と言う事も、影響していたと思います(笑

入場してロビーにあるソファーで寛ぎ・・・Zzz(寝
開演5分前に係員のお兄さんに起されました(汗

席に着いて開演を待ちます。
18:30定刻開演・・・
OPのSEが鳴り、ステージ後ろのスクリーンに映像が流れ・・・

-中略-

この日が「My初日」やった人が大多数と言う事で、
客席はノリにノッてたし、大いに盛り上がりました♪
・・・初日のセットリストのまんまなら、
ここまでは盛り上がらなかった。と思えるほど(汗

そんな、この日のセットリストや『こー』の感想は、
こちらのページにUP してます、下線部をクリックすると別窓で開きます。
またネタバレも含みますので、ご注意下さい。

2006年10月21日 14時50分 初回UP
最終更新時にライブレポへのリンクアドレス変更
( 2006/10/20 00:00 ) Category THE ALFEE | トラックバック(-) | コメント(-)

[コブクロ] 更新済:@静岡市民文化会館 (9) 

[コブクロ]Way Back to Tomorrow. Tour
待望のMy初日でした♪

06.10/19静岡.JPG

ツアーでは初上陸になる静岡、
ちょっと異様な盛り上がり方を見せていました(汗

客席の内訳として、初参加という方が会場の半分以上ですかね、
やはり多かったです。
そして3分の2近くが静岡県から参加。
その次に多かったのは・・・中京方面(愛知・岐阜・三重)からの遠征組。
実際に『こー』が紹介される方、「久しぶり」と挨拶する方、「初めまして」と挨拶する方、
そして・・・『こー』にド突かれた人(笑
みんな、その方面からの遠征組でした(汗

これは今回のツアーで、関東・東海の日程を見た時・・・
ホール公演というのが静岡でしかない、この事が原因のはずです。
昔からのファンである方ほど、
「アリーナは避けたい、ホールで見たい。」という傾向もあるので、
ある意味、静岡のチケット争奪戦は激しかったです。
何でホールがいいのか・・・と言う点については、
個々それぞれの意見があるけど、
『こー』は、そのくらいの大きさでないと
『コブクロならではの良さ』が発揮されにくいと感じます。


ここからは今日のライブについての『こー』的な感想を。

セットリストについて、選曲は十分。
ただ、中盤にやや間延びした感が。
それは、ここ1年くらい同じパターンになってしまっているからかも。
あと、「コブクロドットコムー!」の掛け声がきっかけにならないと
メリハリが付かないのも、そろそろ・・・。
この点は、次やそれ以降を見据えた上での改善点になると思います。

メンバー紹介のタイミングが絶妙やった。
実は、本来のメンバー紹介のタイミングと間違えたらしい。
でも、それがいいタイミングに思えたけどなぁ・・・
今日のでいい様な気がします。

MCは全体にちょっとグテグテ気味に感じました。
てか、その前にちょっとお勉強不足?(汗
これについては少しでも予備知識や情報を、
周りが前もって入れてあげていれば解決できたかも?
後は、もう少し短く切り上げてもいいんじゃないかと。
特に最後のMC、後半はネタを引っ張りすぎて飽きた。
その時間で1・2曲足してくれた方が嬉しい。

照明演出が、前ツアー以上にシンプルになってた気がする。
でも、これは逆に好感。
ノリのいい曲でも、曲に合せてシンプルと言う域を出てない感じやけど、
それで十分やし、それがいい。
ただ・・・1曲だけ『うわー、もったいない。。。』て思う曲があった。
この日のアンケートはそれを書いただけで記入欄が埋まってしまった(凹

セットリスト上のシングル曲は、2曲を除いて
ほとんどベスト盤(シングル)Verに思えました。
(細かく聞き比べてないので断言は出来ません。)
いつもはライブVerの曲を、久しぶりに「そのまんま」で聴くのも新鮮。
この2パターンを、うまく使い分けて欲しい。
そして、変った2曲のうちの片方・・・これがメッチャよかった(泣
『こー』が思い入れのある曲という事もあってか、
最後のアカペラは・・・もうボロ泣き。
あの演出はホールクラスの会場でしっかりと見届けたい。


ザッと思いついたままに書きました。
「悪く言ってる」「批判してる」と思う方もいるでしょうけど、
今ツアーについて、アチコチでの感想を見てみると、
とにかく「いい」「よかった」としか言われてないので、
あえて逆の事も書きました。
まぁ、1ファンが勝手に思った事なんで。
いろんな見方があっていいはずです、その辺は差し引いて下さい。


セットリストと細かい感想は明後日以降、別のページにUPします。
詳しい事はそこまで待って下さい(謝


2006年10月20日 2時54分 初回UP
2006年10月20日 09時04分 少しだけ文脈などを手直し。





セットリストとカンタンなレポをUPしました。。。
何度も書き直したけど・・・今回はグチっぽくなってしまいました。
こちらのページにUP してます、下線部をクリックすると別窓で開きます。
またネタバレも含みますので、ご注意下さい。


今回『My初日』と言う事でライブを観に行くのを
楽しみにして行ったはず・・・やったけど、
実際に行ってみたら、それよりも コブファミさんに会いに行く
その事が主な・・・と言うよりイチバンの目的になってました(笑

まずは、行く機会を譲ってくれた方・・・
この日のチケットを譲って頂いた方に、
誰よりも最初にお礼を言わないといけません、
ホンマありがとうございました。

そして『初めまして』の挨拶をする事が出来た方、
いつもお世話になってる方にも、ありがとうございました。
あとは・・・そうそう、お互いが連れた人どうしが、
その場で挨拶出来るのもいいね。
そうやって横の繋がりが拡がっていくのは嬉しい事です♪

次は武道館最終日に参加です。
そこでも、様々な形で挨拶できます事を。


この項、最終更新時に追記。


( 2006/10/19 00:00 ) Category おんがく | TB(0) | CM(0)

[コブクロ] やってしまった・・・か? (2) 

知ってる人なら、読んでて・・・

思わず笑らけてしまいそうな、
「ニヤリ(笑」としてしまいそうな、
「うんうん♪」と頷いてしまいそうな、
呆れてしまいそうな、
くだらないと思いそうな
もしかしたら怒られそうな?

そんなコンテンツを こちら で公開し始めました。

いや、作った本人はいろいろ考えながら作ったし、
マジメな意図から作ったんやけどね、
実際にUPしてみると・・・『何とも言えんなぁ(笑』

ちなみに試作段階で計13人の方に見て頂きました。
10人の方からお返事があって、その反応は・・・意外と好評で、
それを見た『こー』は・・・正直『ホンマに?(汗』て感じ。
お返事の頂けなかった方も居たけど、
少なくとも公開に反対と言う声は無かったんで、大丈夫と判断し公開しました。

内容は こちら 見てのお楽しみ。


( 2006/10/16 00:00 ) Category おんがく | TB(0) | CM(0)

【THE ALFEE】 ニューアルバムのタイトル発表 

11月22日発売される
[THE ALFEE]のニューアルバムのタイトルが
少し前に発表されました。

タイトルは・・・
 ONE -Venus of Rock-

3年ぶりのオリジナルアルバムです。
まぁ、良う待ったなぁ・・・自分(笑
つくづく、そう思う。

まだ収録曲は発表されてないけど、
ONE Autumn Tour で聞けてる2曲、
10/25発売のニューシングル[Innocent Love]
そして、その[Innnocent Love]のc/w[ONE]
ここまでは、多分入るよね。

残りは6~8曲くらい?
どんな曲が入るのか楽しみです♪


それにしても・・・ここでも[ONE]
昨年末に発表になった[ONE]([Innocent Love]c/w)
そして今年を通してのツアータイトル[ONE]に続いて
3つ目の[ONE]

[Innocent Love]c/wの[ONE]は
昨年の[ZeRoになれ!]に掛けて[ONE]
ツアータイトル[ONE]は
昨年の[Starting Over]に掛かってるよね、きっと。
アルバム[ONE]はどこに掛かってくるんやろ、ちょっと気になる。
( 2006/10/15 00:00 ) Category THE ALFEE | TB(0) | CM(0)

[コブクロ] チケット届く! その2 (6) 

この日に書いた事の続く『その2』になります。

[コブクロ]Way Back to Tomorrow. Tour
2ヶ所目のチケットを受取ってきましたー!!(嬉
この日に書いたキャンセル待ちではなく、定価で譲って頂けました(泣
譲ってくれはった方に感謝♪

ちなみに、その場所とは・・・

sf2.JPG

昨日の[THE ALFEE]に続き某所です(笑
まぁ、[コブクロ]と[THE ALFEE]で2Daysになる所ですから、
少し探ればバレますけど(汗

[コブクロ]Way Back to Tomorrow. Tour については、
いまの所、某所と11/07@日本武道館の2ヶ所に参加です。

「どうせセットリスト変らんし1ヶ所でいいんじゃないの?」
「その分を他の人に譲ってあげたらいいのに。。。」
なんていう声が聞こえてきそうです・・・(汗
それも一理あり。

でもね、東日本に住んでる者から言わせると・・・
西日本やと東日本ではやらない事をやってる。
ステージ上で特別な何かをやる訳ではないけど・・・
『それ』は、やっぱり大きな魅力です。
少なくとも『こー』は、そう感じます。

これは西日本東日本の両方で見た事がある人にしか分かりません。
西日本だけでしか観た事がない人にとっては、それはあって当たり前。
東日本だけでしか観た事がない人にとっては、それはなくて普通。

何が西日本東日本なのかは、あえて語りませんけど・・・
そこに気付けば「西ではできるけど、東では出来ない。」と言う事が分ると思います。
そして、それは仕方のない事です。
東日本は既にSMA○・槙○敬之さんと契約されているので、
これ以上アーティストとの契約を増やすとも考えにくいですし、
DENPOに関しても、既に他のアーティストの楽曲が使われています。
「西でやってる事を、東でもやってほしい。」と言うのは現状では無理です。

これらの事から、どーしても『それ』を見たければ西へ出向くしかありません。
これが、『こー』が常々[コブクロ]のライブの度に言う
『西と東で1ヶ所づつ参加』と言う事に繋がります。
(最近ではこの辺で書いてます。

そんな訳で、今回も『それ』に負けました。
弱い『こー』を許して下さいな。

ちなみに、その会場は2階席でも近くにステージが見える規模のホールです。
お2人やバンドメンバーの一挙手一投足、
ステージ上から伝わってくる緊張感や満足感を、間近で感じられるはずです。
そして、そこは今回が「初」となる所です。
ただの初めての場所ではありません、
人気と知名度が拡がった後・・・と言う、このタイミングで「初」となる所です。
ステージ上ではいつも以上の緊張感、そして高揚感なんていうのもあると思います。
そして初めての場所での客席の盛り上がり具合・・・見て来たいと思います。

当日の会場で一緒になるたくさんの方々、よろしくです(v


( 2006/10/12 00:00 ) Category おんがく | TB(0) | CM(0)

【THE ALFEE】 06年秋ツアー@さいたま 

やっとこさ帰ってきました(泣

南浦和から京浜東北線の桜木町行き
(これが横浜駅で終電に接続する)
に乗って帰ったはいいけど・・・
実は、金曜の夜の遅い時間て事で、
『なーんかイヤ~~な予感。。。』がしててん。
したら案の定、途中で防護無線を受信したとかで
数分の運転停止、そしてさらに数分の徐行運転。。。
これで横浜駅での終電接続がなくなり(凹
横浜駅から深夜バスでやっと帰ってきました。

そんな訳でヘトヘトです。
レポは明日中にUPします。
更新したらタイトルに 更新済 と記入しますので、
ちょっとお時間を下さい。


とりあえず、と言う所では、
初お披露目の曲は計3曲、タイトルなどは未発表のままです。
あとは・・・
定番曲として十分に盛り上がる曲をプログレ風にアレンジしてみたり、
同じく定番として盛り上がる曲をアコースティックVerにしてみたり。
中盤以降に関して『ん?』『え?』と感じる事が多かったです。

『こー』の率直な感想としては・・・
所々(部分部分とでも言いましょうか)だけを取り上げれば
満足できる流れもあったけど・・・
全体としてはイマイチ盛り上がりきれなかった。という感じです。
賛否分かれるセットリストと思います。





以下、更新分です。

そんな訳で、改めまして・・・

おもて.JPG

うら.JPG

正面.jpg

THE ALFEE [ONE] Autumn Tour
2006.10/06 さいたま市文化センター

行って来ました!

そこでのセットリストや感想をここではなく、別ページにUPしました。
ネタバレを含みますので、ご覧になる時にはご注意下さい。


アルフィーが秋ツアー開始 (ニッカンスポーツ)
http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20061006-100241.html
アルフィー 初日は快感 (デイリースポーツ)
http://www.daily.co.jp/gossip/2006/10/07/0000131955.shtml
アルフィー全国ツアー開始 (スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061007-OHT1T00050.htm
アルフィー22曲熱唱 (中日スポーツ)
http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20061007/spon____hou_____003.shtml

( 2006/10/06 00:00 ) Category THE ALFEE | TB(0) | CM(0)

[コブクロ] ひとりひとりが出来ること 

明日の広島からツアーが始まる[コブクロ]
既にゲネプロ(通しリハーサルとでも言いましょうか。)も終わり、
お2人さんとバンドメンバーは
既にホテルでお休みになってる事と思います。

今回の[Way Back to Tomorrow]Tour
コブクロ史上最大の動員になるのは間違いないと思います。
今まで何度も通ってる人も居れば、
今回が初めてと言う方も居ると思います。

新しいファンの方が増えるたびに
「ルール」や「マナー」と言われる事が取り上げられるんですけど、
それは一体なんでしょう?

そこで、僭越ながら・・・
特にコンサート・ライブと言うものに始めて行く。
と言う方を主な対象として、
コンサートでのルール・マナー]なんていうものを作っています。

これは『こー』と気象予報士の八兵衛さん、
他、多くの方からの意見や提案を元にして作成したもので、
春ツアーの直前にはドットコムのBBSでも掲載させて頂いたものです。
(ドットコムBBSでは抜粋したものを載せました。)

全7ページに渡ってますけど、
難しい事は書いてないと思います。
あえて厳しい書き方をしている所もありますが、
意図としては『こうして欲しい』とか『ルールを守りましょう』ではなく、
会場に足を運ぶ方、そのひとりひとりが
ちょっとだけ気を付けたら、もしくは気付けば・・・
それで済む事ばかりで、「ひとりひとりが出来る事」として書いてます。
もちろん感じ方はひとりひとり全て違うはずですが、
いい意味に捉えて頂ければ(解釈してもらえれば)と幸いです。

時間がある時に、参考程度に見て行ってもらたら
それでいいと思います。

今回、参加される方・・・
特に初めて参加される方には、いい思い出が残ります様に。

では、八兵衛さんに天気予報をお願いするとしましょう♪


( 2006/10/05 00:00 ) Category おんがく | TB(0) | CM(0)

【THE ALFEE】 さんまのまんまSP 出演 

[さんまのまんま]スペシャル2006
珍しく3人揃って出てました(笑
『こー』は、仕事の〆をそっちのけで『じ~~~~ッ』と見てました(笑
3人そろって地上波に出るのって、何時以来やろ(泣

まぁね、全く出てない訳やないんですよ。
タカミーだけとか、王子だけ・・・とか(汗
それも、ただ出てるだけでは飽き足らずコーナーを持ってたり、
ゲスト押しのけて「ワンショットで」大写しになってたり。。。
たまには、坂さんが出てたり。
ちなみにビジュアル的には桜井さんの出番はありません。。。

まぁ、とにかく久しぶりに3人さん勢ぞろいですから・・・
それだけで嬉しかったですよ(嬉

坂さんがAG持ってるのは『いつもの事』やけど、
タカミーも持って来てましたね。
AG Verの[メリーアン]と[星ディス]を少し歌ってました。
初めて見た、と言う方も居ると思いますけど・・・
なかなか新鮮でしょ?
そして、さんまさんに提供した[真っ赤なウソ]も歌ってました。
[真っ赤なウソ]・・・この曲て88年でしたっけ、懐かしい(懐

CM入りの時にも[真っなウソ]流れてたの気付きました?
思わず笑らけてしまった(笑
余談ですけど、この曲と[YELLOW SUNSHINE][いタメイキ]
を合せてです(笑
これらの曲はタカミーが提供した曲で、
既に廃盤になってる、さんまさんの・・・

こういう自分がSUKI.JPG

[こういう自分がS・U・K・I]と言うアルバムに入ってます
(実は持ってたりする/笑)

このアルバムには[My Sweet Home Town]も入ってます。
この曲、当時「なんで、こんなイイ曲を人にあげちゃうんだー!!」
と騒動を巻き起こしたとか起さなかったとか・・・?
実際、メッチャいい曲です。
今では[THE ALFEE]のライブには欠かせない曲です。
ちなみに[THE ALFEE]Verの[My Sweet~]は
アルバム[Promised Love]に収録されています。

春ツアーでも歌われたけど、その時に連れた方は、
その桜井さんの歌声と照明演出に、半ば呆然とする感じで感動してました。
(いいすぎか?/汗)


番組は・・・と言えば、ひとしきり盛り上がった後に
[さだまさし]さんもいっしょにご出演。
この人たちが揃えば・・・
まじめな音楽に関する話は、ほとんどなく(汗
まぁ、みんなお話には長けた方々なんで、
爆笑トークの連続でした。

何があっても大目に見よう(汗
とは思ってたけど・・・
でもね・・・さださんが差し入れで持って来た[すだち]を、
まさか、まさかタカミーがね、
ミカンの様に皮むいて食べ始めるとは思わんかったよ(汗

こんな天然で、決めようと思っても素で決まらない王子様を見たければ、
[THE ALFEE]ライブへお越し下さいませ。
( 2006/10/04 00:00 ) Category THE ALFEE | TB(0) | CM(0)

[コブクロ] チケット届く (4) 

この日に『チケットが届かない』と書いたチケット、
やーっと届きました。。。(凹
仕事に行くのに家を出ようとしたら、クロネコさんが居った(汗

PIC_0016.JPG

[コブクロ]Way Back to TOMORROW.
11/07 日本武道館 分のチケット、
今ツアーでの関東のファイナル公演です。

1階席 南東 と言う場所なので、
高さはステージとほぼ同じ・・・いや、5月と同じなら見下げるな。
そしてステージを『やや右斜め』から見ると言う位置です。

当日の客席でいっしょになるたーくさんの方、よろしくです。
5月の武道館に負けないくらい、盛り上げましょう!


[コブクロ]に関しては、もう1ヶ所のチケットを待っています。
そちらは公演日が近づいてるので、ちょっと焦ってます。


( 2006/10/04 00:00 ) Category おんがく | TB(0) | CM(0)

[コブクロ] あなたが一番好きな曲は? (7) 

先日発売された[コブクロ]のシングルベスト番
[ALL SINGLES BEST]

その収録曲で「あなたが一番好きな曲はどの曲ですか?
と言う投票がYahoo!さんで行われてます。
( http://livetalk.yahoo.co.jp/polls/result.html )
明日のライブトークに合せた企画なんやけども、
その途中経過を見てきました。
・・・もちろん投票もしてきましたよ(汗

1位は・・・予想通り[] 総投票数の16%の票を獲得。
2位は[ここにしか咲かない花] 15%

この2曲はドラマの主題歌にもなって、
全国区に広がっていった過程でのヒット曲やったし・・・
順当でしょうね。

そして3位に 15%
4位に[永遠にともに
ここまでが得票率10%以上。


注目したいのは3位に入ってる[
発売当時はシングルチャートTOP20にも入らんかった曲が3位?
・・・あ、そか、これは(アルバムの)CM効果か(汗
なんて勝手に納得してみたりするけど(笑
この曲、アルバム[ALL SINGLES BEST]のTVCMで使われてます。
それも、盛り上がっていく場所~サビと言う実にいい場面が(嬉
(TVCMはこちら http://wmg.jp/kobukuro/cm.html )

この[風]
02年2月発売されてるけど、その当初から曲の中で歌われる季節感とも相まって、
当時の大阪ではFM各局のパワープレイを押しのける
そんな勢いで、『とにかく!』どこのFM曲を聴いても必ず流れてた曲です。
(この当時の『こー』は大阪在住)
それでも・・・全国チャートでは最高25位と言う厳しい現実(寂
当時、この曲がこれほどまでに売れない』『注目されない』、
少なくても東京で全く知られていない感じやったとは、
1ファンとしては全く想像もしなかった(泣

それが、今回の[ALL SINGLES BEST]のTVCMや、
昨日のオムニバスドラマでもテーマとして取り上げられ、
今のこの時に一部のファン
(発売当時からファンとか、ここ数年からでも[風]に着目した。)
と言う方々を除くと・・・
俄かに注目されてる、と感じます。

一過性でも、俄か(にわか)でも・・・
昔の曲にスポットが当たるのは、とても嬉しい事です。
(ホンマは俄かであって欲しくないけどさ。。。)
[コブクロ]は、デビュー曲の[轍]がTOP10入りしたけど、
それからは、なぜか右肩下がりで・・・
[轍]の次にシングルチャートでTOP10入りする曲と言うのは、
実に[永遠にともに/Million Films]まで待たなくてはならないほどでした。
02年~04年までのシングルに関しては、
ファンや一部の関係者を除けば
『さっぱり(注目されない・売れない)。。。』と言う表現でも
間違いないほどでした。
その02年~04年に発売された曲、悪いとは思えません。
YOU][願いの詩][宝島][DOOR]・・・
知ってる人が聞けば「え!?この曲が?」て感じでしょ?
そんな風に思うのは『こー』だけ?(汗
ただ・・・ただ、その当時の時勢や時代とは合わなかった、と思いたいです。

ここ2年の[永遠にともに][ここ花][桜]の陰に隠れて(?)
注目されないまま埋もれてしまってる感のある曲に
いま一度、注目するきっかけとして。
そして昨日も書いたけど、そんな曲達も含めて
[コブクロ]を知る・聞くきっかけとして、
今回の[ALL SINGLES BEST]がその役割を担えれば、
大成功ではないかと思います。
逆に言えば、それが出来ないと意味がない(汗

週明けのウィークリーチャートに注目です。


2006年10月01日 14時34分 初回UP
最終更新時に誤字・文脈などを若干修正


( 2006/10/01 00:00 ) Category おんがく | TB(0) | CM(0)
カウンター(累計)
よく見られてるページらしい
月別アーカイブ
検索フォーム
管理人へメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文: