FC2ブログ






[月読宮]へ行ってきました 19/08/26

この日は朝から
[外宮]( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3088.html )
[内宮]( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3089.html )に参拝し・・・
朝早い“おはらい町”界隈を散歩し・・・
( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3091.html )
[猿田彦神社]に参拝して・・・
( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3092.html )

そこから歩けば15分くらいだけど、
その区間のほとんどは陽射しを避けられる所が全くないので、
体力温存を兼ねて、今回はバスで次の停留所まで乗って・・・

190826-月読宮 (1)

190826-月読宮 (2)

[月読宮]へやって来ました。

190826-月読宮 (3)

森の中を歩いて、手水舎を過ぎると・・・

190826-月読宮 (4)

道は二手に。
右は式年遷宮前までお社があった方、
今は正面へ進むと・・・

190826-月読宮 (18)

こんな感じで4つ、
同じ形のお社が並んでるんですよね。

最初は右前の・・・

190826-月読宮 (9)

190826-月読宮 (10)

[月読宮]、次は右端・・・

190826-月読宮 (11)

190826-月読宮 (12)

[月読荒御魂宮]、そして左隣の[月読宮]を飛ばして・・・

190826-月読宮 (7)

190826-月読宮 (8)

[伊佐奈岐宮]、最後に左端にある・・・

190826-月読宮 (5)

190826-月読宮 (6)

[伊佐奈彌宮]の順に参拝。

個人的に、ここは好きな雰囲気でベンチとか茶屋があったら、
しばらく落ち着いてしまいたい所なんですけどね・・・

190826-月読宮 (17)

せめて参道の森の中をゆっくり歩きながら、
いっぱい深呼吸して出てきました。

ここから15分ほど歩いて近鉄電車の五十鈴川駅へ出て、
今回の伊勢市駅→外宮→内宮→おはらい町→猿田彦神社→月読宮と
巡ったお伊勢さん参りは終了です。

スポンサーサイト



[ 2019/08/26 18:04 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

[猿田彦神社]へ行ってきました 19/08/26

この日は朝から“外宮”と“内宮”に参拝し・・・
([伊勢神宮“外宮”]へ行ってきました http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3088.html )
([伊勢神宮“内宮”]へ行ってきました http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3089.html )
朝早い“おはらい町”界隈を散歩して・・・
( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3091.html )

190826-猿田彦神社 (3)

190826-猿田彦神社 (1)

190826-猿田彦神社 (2)

こちら[猿田彦神社]へやって来ました、
いつも外宮→内宮とたどり、ここへ来るのがコース。
と、いう事は、それと同じく、来たのは17年末だった訳で・・・
ちょっとご無沙汰でしたね。

190825-猿田彦神社 御朱印

参拝して、御朱印をいただいて・・・

190826-猿田彦神社 (4)

190826-猿田彦神社 (5)

来る時にくぐった鳥居の脇にある
[佐瑠女神社]にご挨拶。

一緒の境内にあるのは、夫婦だったからなのかな。
そうでなくても「みちひらき」と「良縁」、
ご利益あるといいんですけどね。
[ 2019/08/26 18:03 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

[内宮]の門前[おはらい町]界隈へ行ってきました 19/08/26

この日は朝から“外宮”と“内宮”に参拝してきました・・・
([伊勢神宮“外宮”]へ行ってきました http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3088.html )
([伊勢神宮“内宮”]へ行ってきました http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3089.html )

内宮を出てきて・・・

190826-おはらい町 (1)

門前の“おはらい町”にやって来ました!
観光コースだと、ここでご当地グルメを、みたいな流れですけどね・・・

190826-おはらい町 (2)

さすがに朝の8時過ぎ、開いている店は無いんですよ。
毎年のように来ているけど、店が開いている時には来てないんですよね・・・
店が開いていて人で賑わっている頃に来たのは、いつ以来だろう。
でも、人が居ないからこそ、その街並みを堪能する事も出来ます・・・

190826-おはらい町 (4)

190826-おはらい町 (5)

190826-おはらい町 (6)

190826-おはらい町 (7)

190826-おはらい町 (8)

飲食店やお土産屋さん、地元グルメの店、
いろんなお店があるし、開いていれば賑わう通りなんですけどね・・・

190826-おはらい町 (9)

190826-おはらい町 (10)

地元銀行のATMですよね。

190826-おはらい町 (13)

190826-おはらい町 (12)

[赤福]さん、ここだけは朝早い時間でも開いていてくれます。
早朝からお伊勢さん参りをしてきて、小腹も空いていたので・・・

190826-おはらい町 (14)

一盆。
ここで食べる作りたては、特別おいしいです。
疲れを少し癒やして・・・

190826-おはらい町 (15)

さらに通りをくだっていき・・・

190826-おはらい町 (16)

190826-おはらい町 (17)

190826-おはらい町 (18)

もう一つの地元銀行と郵便局のあたりまで来ると・・・

190826-おはらい町 (19)

まもなく観光地としての通りはおしまいになります。

一時期、寂れていた通りを[赤福]が主導して、
昭和初期の街並みに復元したんですよね。
伊勢神宮の門前という立地に合う風情のある街並み、
人が少ない時間に、ゆっくり歩けるのは贅沢です。

[ 2019/08/26 08:49 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

[伊勢神宮 “内宮”]へ行ってきました 19/08/26

この日は朝から[伊勢神宮“外宮”]に参拝した後・・・
(こちらに書いてます→ http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3088.html )
“外宮前”からバスに乗って、20分弱。
終点の“内宮前”で降りると、目の前に・・・

190826-内宮 (1)

個人的には「おなじみ」の標識・・・

190826-内宮 (3)

190826-内宮 (2)

ここは国道23号線、伊勢街道の終点。
標識の手前を左へ歩いていくと・・・

190826-内宮 (4)

見えてきました[内宮]への入口、[宇治橋]です。

190826-内宮 (7)

橋の上には誰もおらず、まさに独り占めしながら[宇治橋]を渡ります・・・

190826-内宮 (8)

下を流れる五十鈴川、今日は穏やかな流れです。

190826-内宮 (9)

橋を渡って右へ・・・

190826-内宮 (10)

190826-内宮 (12)

[神苑]の中を歩きますが・・・先に行った[外宮]と同じく、
玉砂利を踏みしめる音と、鳥の鳴き声だけ・・・静かでいいというか、
こんな中を歩けるのは本当に嬉しいですね。

190826-内宮 (15)

3つ目の鳥居の手前に手水舎があるんですが、
個人的にそこは通り過ぎ、鳥居をくぐって二俣に分かれる参道を右手へ行くと・・・

190826-内宮 (16)

[御手洗場]に出ます。
昔はここで禊をしてから参拝したんですよね。
手と口を清め、すぐ脇にある[瀧祭神]へ挨拶(撮り忘れました)した後、
再び参道を歩き・・・

190826-内宮 (17)

190826-内宮 (18)

190826-内宮 (20)

[正宮]の前までやって来ました。

190826-内宮 (25)

190826-内宮 (26)

以前、遷宮する前は、さらに右奥の石段から上がっていったんですよね。
十数年後、またそちらから参拝する機会はあるかな。

190826-内宮 (28)

190826-内宮 (21)

・・・それにしても、神職の方しか居ないし、
前を歩いていた人は居ないし、後ろから歩いてくる人すら居ない。
神様と一対一ですか、何というか畏れ多い気持ちになってしまいそう。
石段からは撮影禁止、カメラをしまって、
深呼吸をしてゆっくり石段をのぼり、ひとり静かに参拝をして来ました。

この後・・・

190826-内宮 (41)

190826-内宮 (38)

190826-内宮 (39)

[荒祭宮]、
さらに・・・

190826-内宮 (42)

橋を渡った向こう側にある・・・

190826-内宮 (48)

190826-内宮 (46)

190826-内宮 (47)

[風日祈宮]にも参拝。

190826-内宮 (53)

190826-内宮 (54)

来た時に渡った橋のそばにあった“もみじ”が鮮やかでしたね。
来た道を戻った所に社務所があるので・・・

190825-内宮 御朱印

御朱印を・・・

190825-お伊勢さん御朱印

[外宮]と[内宮]で見開きに並ぶと嬉しいですね。

190826-内宮 (55)

帰り際に[宇治橋]を下から見て・・・

190826-内宮 (56)

最後は橋の上から五十鈴川の下流の様子を見て、出てきました。

[外宮]と同じく、昨年は来られなかったので
来られて良かったし、さらに静かな中で参拝する事ができる・・・
本当に良い機会に恵まれました。
今回は行程上、来るのは難しいと思っていたけど、
出発直前に机の奥からヘソクリが見つかったり(笑
わりと近い所のホテルに宿泊予約を入れることが出来たり、
復路に余裕が出来たりと・・・
何となく「あ、これは呼ばれたな。」と感じる事があったのも嬉しかったです。
次は、あまり長い間を空けずに来られる縁があると嬉しいんですけどね。
[ 2019/08/26 08:12 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

[伊勢神宮“外宮”]へ行ってきました 19/08/26

前日[伏見稲荷大社]→[大神神社]→[住吉大社]と巡り、
夕方から大阪城ホールでコンサートを見て、そのまま松阪駅まで来て宿泊。
この日は朝から・・・

190826-外宮 (3)

伊勢市駅へやって来ました。

190826-外宮 (4)

駅前にある鳥居から延びる道は
[外宮]への参道になります・・・

190826-外宮 (2)

誰も同じ方向へ歩く人がおらず、
すれ違う人も居ないまま・・・

190826-外宮 (5)

5分ほど歩けば見慣れた風景・・・

190826-外宮 (6)

[火除橋]を渡り、左手に手水舎があります。
その先・・・

190826-外宮 (7)

190826-外宮 (8)

境内に入ってからは、ここが最初の鳥居になりますね・・・

190826-外宮 (9)

まだ少し薄暗い森の中を、
玉砂利を踏みしめる音と、鳥の鳴き声しか聞こえない中を進み・・・

190826-外宮 (10)

パッと景色が開けますね。

190826-外宮 (11)

190826-外宮 (12)

手前のこちらは、以前[正宮]があった所。
次の式年遷宮では、再びこちらに移られます。
この奥・・・

190826-外宮 (13)

いまはこちらに[正宮]があります、
17年の年末以来の参拝、ちょっとご無沙汰でした。
この日は、ほんとに誰も居なかったんですよね・・・
ひとり静かに参拝する事ができて嬉しかったですね。

この後・・・

190826-外宮 (16)

石段を登った先にある・・・

190826-外宮 (19)

190826-外宮 (18)

[多賀宮]に参拝し、さらに・・・

190826-外宮 (21)

190826-外宮 (22)

190826-外宮 (23)

[土宮]、そして・・・

190826-外宮 (27)

190826-外宮 (25)

190826-外宮 (26)

[風宮]にも参拝。

個人的には、これでひと通りの参拝を終えて、
少しだけ散歩した後・・・

190825-外宮 御朱印

御朱印をいただいて、
来てから1時間弱ですかね、[外宮]を後にしました。

昨年はついに来られなかったので
今回は「また来られて良かった・・・」という安堵感もあったけど、
静かに参拝する事ができて本当に良かった。

このあと行くのは・・・

190826-外宮 (29)

ここしかないですよね。
続きます→( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3089.html )
お時間がある時にでも。
[ 2019/08/26 06:47 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

[住吉大社]へ行ってきました 19/08/25

この日は早朝から
[伏見稲荷大社](こちらに書いてます→ http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3085.html )
さらに[大神神社](こちらに書いてます→ http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3086.html )と辿ったあと、
三輪駅→桜井駅へ出て近鉄電車へ乗り換え、
難波駅へ出て、さらに南海電車へ乗り換えて・・・

190825-住吉大社 (1)
190825-住吉大社 (1) posted by (C)『 こう 』

住吉大社駅へやって来ました。
駅を出て左手、目の前ですよね・・・

190825-住吉大社 (2)
190825-住吉大社 (2) posted by (C)『 こう 』

190825-住吉大社 (3)
190825-住吉大社 (3) posted by (C)『 こう 』

[住吉大社]へやって来ました。
17年の12月に来て以来、ちょっとご無沙汰でした。

190825-住吉大社 (4)
190825-住吉大社 (4) posted by (C)『 こう 』

真っ直ぐ進んだ先にある[反橋]、“たいこ橋”ですよね。
今回も渡ってる途中に空気が変わるのを感じて、
渡りきった向こう側は・・・

190825-住吉大社 (5)
190825-住吉大社 (5) posted by (C)『 こう 』

この景色、左手に手水舎があります。

190825-住吉大社 (6)
190825-住吉大社 (6) posted by (C)『 こう 』

住吉さんの鳥居は円柱ではなく四角柱、ちょっと珍しいですよね。
鳥居の後ろに門が重なっているような感じだけど・・・

190825-住吉大社 (22)
190825-住吉大社 (22) posted by (C)『 こう 』

[幸寿門]、この名前が好きなんですよ。
門をくぐって境内の奥まで行って・・・

190825-住吉大社 (11)
190825-住吉大社 (11) posted by (C)『 こう 』

190825-住吉大社 (10)
190825-住吉大社 (10) posted by (C)『 こう 』

まずは[第一本宮]へお参り。
そこから戻りながら・・・

190825-住吉大社 (13)
190825-住吉大社 (13) posted by (C)『 こう 』

190825-住吉大社 (12)
190825-住吉大社 (12) posted by (C)『 こう 』

[第二本宮]・・・

190825-住吉大社 (15)
190825-住吉大社 (15) posted by (C)『 こう 』

190825-住吉大社 (14)
190825-住吉大社 (14) posted by (C)『 こう 』

[第三本宮]、そして・・・

190825-住吉大社 (17)
190825-住吉大社 (17) posted by (C)『 こう 』

190825-住吉大社 (16)
190825-住吉大社 (16) posted by (C)『 こう 』

[第四本宮]とお参り。
この後、境内の一番奥にある・・・

190825-住吉大社 (7)
190825-住吉大社 (7) posted by (C)『 こう 』

この“夫婦楠”の脇にある・・・

190825-住吉大社 (8)
190825-住吉大社 (8) posted by (C)『 こう 』

[楠珺社]にも参拝し、
そこから戻りながら[侍者社(おもとしゃ)]にも参拝。
自身は、ここまでで何となくコースになっている感じですね。
社務所脇で・・・

190825-住吉大社 御朱印
190825-住吉大社 御朱印 posted by (C)『 こう 』

お朱印をいただいて・・・

190825-住吉大社 (23)
190825-住吉大社 (23) posted by (C)『 こう 』

来た道を逆にたどり、再びの反橋・・・

190825-住吉大社 (24)
190825-住吉大社 (24) posted by (C)『 こう 』

目の前に立つと、けっこう急だし蹴上も高いでしょ?
自身も脛やヒザ下?くらいまで足を上げて渡るけど、
小さい子からお年寄りまで、
渡れる人はみんなここを渡って行きますね。

190825-住吉大社 (25)
190825-住吉大社 (25) posted by (C)『 こう 』

190825-住吉大社 (26)
190825-住吉大社 (26) posted by (C)『 こう 』

上から見たお堀、
いつもなら鴨や亀がいるんだけど、
さすがに暑かったのか、
日の当たる所には出てなかったですね。

190825-住吉大社 (28)
190825-住吉大社 (28) posted by (C)『 こう 』

正面を見ると、阪堺電車が通り過ぎる所・・・
この景色も好きなんですよね。

橋のてっぺんを過ぎると、
また空気が変わったのを感じて、少しさみしくなります。
久しぶりなのに、ちょっと急ぎ足での参拝になったけど、
[住吉大社]の雰囲気は、とても心地良く「合う」気がするし、
また機会をつくって来たい場所。
次は・・・もう少しゆっくりしたいし時間があれば
また阪堺電車に乗って、ここまで来たいですね。
[ 2019/08/25 14:10 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

[大神(おおみわ)神社]へ行ってきました 19/08/25

早朝から[伏見稲荷大社]を参拝した後、
( こちらに書いてます→ http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3085.html )
ふたたびJR稲荷駅へ戻り、
そこから城陽駅→奈良駅と乗り継いで・・・

190825-稲荷→三輪 (1)

190825-三輪駅 (3)

190825-三輪駅 (1)

JR桜井線(万葉まほろば線)の三輪駅にやってきました。
ここから歩いて10分はかからないですね・・・

190825-大神神社 (1)

190825-大神神社 (2)

[大神(おおみわ)神社]へやって来ました。
(書いてある通り[三輪明神]とも呼ばれます。)
16年の年末に来て以来なので、長くご無沙汰してしまいました。

190825-大神神社 (3)

鳥居をくぐって、
真っ直ぐに伸びる参道を歩き・・・

190825-大神神社 (4.1)

石段をあがり・・・

190825-大神神社 (5)

しめ縄をくぐった先・・・

190825-大神神社 (7)

[拝殿]が見えました。
ここが[本殿]や[本宮]みたいに呼ばれないのは、
御神体は後ろにある三輪山そのものだから。
それを拝むための社なので[拝殿]ですね。
日本最古とも言われる神社、心が落ち着きます。

この左脇から抜けていくと・・・

190825-狭井神社 (1)

“くすり道”。
両側には製薬メーカーなどから寄進された石灯籠が立ち並んでいますが、
そこを抜けて行った先にある・・・

190825-狭井神社 (2)

190825-狭井神社 (3)

190825-狭井神社 (4)

こちら[狭井神社]にも参拝。
社殿の左裏には“薬水”という
冷たくて甘くておいしい井戸水が湧いている所で、
病気平癒の神様と言われます。

この社殿の右・・・

190825-狭井神社 (6)

登山口がありますが、
こちら“三輪山”への登拝口。
ここしばらく登ってないので、行きたかったけど・・・
今回も時間の都合で断念。
山の上には“磐座”という御神体があるんですよね、
過去に1度だけ登らせていただいた事があるけど、
片道1時間くらいなんですが、大部分はまったく整備されていない所を
ただただ、ひたすら登って行く事になります。
木の根がむき出しの所や、急斜面の崖の縁を進んだり、
時には湧き水でぬかるんでいる所を歩いたり、
太ももの高さまで足を上げて登って行かなければならない所も数多くあり、
かなりシンドい道のりですけど、
見られた時の感動というのは忘れられません。

この後、戻りながら同じ敷地内にある
[大美和の杜展望台]にも立ち寄ったけど・・・

190825-大美和の杜展望台 (1)

以前と比べて、かなり木が茂ってきていて、
見晴らしの良い眺望は全く望めなくなっていました。
奈良盆地の南半分が見渡せて良かったんですけどね。

この後、[大神神社]へ戻り・・・

190825-大神神社 御朱印

御朱印をいただいて、後にしました。

いつ来ても、心地よい雰囲気の[大神神社]、
また機会をつくって来たい所です。


この後は[住吉神社]へ向かいます・・・
( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3087.html )
お時間がある時にでもお付き合いください。
[ 2019/08/25 11:25 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

[伏見稲荷大社]へ行ってきました 19/08/25

前夜、横浜駅から夜行バスで出発して、翌早朝、京都駅着。
そこから・・・

190825-京都駅→稲荷駅 (4)

190825-京都駅→稲荷駅 (3)

190825-京都駅→稲荷駅 (5)

JR奈良線ですぐですよね・・・

190825-京都駅→稲荷駅 (6)

JR稲荷駅へ到着。
改札口を出て、すぐ目の前・・・

190825-伏見稲荷大社 (1)

久しぶりにやってきました。
この時期は鳥居と本殿、そして稲荷山を結んだ向こうから朝陽が上るんです、
これを見たくて狙ってやって来ました。
参道を歩いて・・・

190825-伏見稲荷大社 (2)

190825-伏見稲荷大社 (3)

190825-伏見稲荷大社 (4)

190825-伏見稲荷大社 (5)

190825-伏見稲荷大社 (7)

改めましての[伏見稲荷大社]です、
自身は16年12月以来の参拝になります・・・
長くご無沙汰してしまいました。

190825-伏見稲荷大社 (10)

[楼門]をくぐると、すぐに[拝殿]。
その後ろ・・・

190825-伏見稲荷大社 (11)

[本殿]で参拝。
来る途中から、もしかしたら?・・・と思っていたけど、
一人っきりで静かに参拝できたのは、ありがたいです。
この後、左手へ進み・・・

190825-伏見稲荷大社 (16)

画像の右奥へ向かって少し登っていくと・・・

190825-伏見稲荷大社 (141)

ありました、有名な“千本鳥居”の入口です。
周りを気にせず、ゆっくり歩けそうです・・・

190825-伏見稲荷大社 (22)

ここから二手に別れますけど、右手へ・・・

190825-伏見稲荷大社 (24)

長い時間、場所を専有して記念撮影してるような人も居ないですね、
独り占めな景色です♪

190825-伏見稲荷大社 (25)

この先の距離は短いんですよね、
まもなく鳥居を抜けると・・・

190825-伏見稲荷大社 (26)

[奥宮]があります。
こちらにも参拝して、左手・・・

190825-伏見稲荷大社 (28)

こちらは“稲荷山”へと続く参道、
往復すると1時間半くらいだけど、
人も少なかったので行ってみる事に。

190825-伏見稲荷大社 (29)

190825-伏見稲荷大社 (31)

鳥居が、ずっと続いてますよね・・・

190825-伏見稲荷大社 (32)

190825-伏見稲荷大社 (35)

一気に森の中に入っていく感じです・・・

190825-伏見稲荷大社 (36)

途中で石造りの鳥居が何基かあるけど・・・

190825-伏見稲荷大社 (37)

その、どれも古いんですよね。

190825-伏見稲荷大社 (38)

190825-伏見稲荷大社 (41)

鳥居だけじゃなくて、
所々に小さい社もたくさんあるんですよね。

190825-伏見稲荷大社 (42)

190825-伏見稲荷大社 (43)

190825-伏見稲荷大社 (44)

190825-伏見稲荷大社 (45)

190825-伏見稲荷大社 (49)

190825-伏見稲荷大社 (50)

190825-伏見稲荷大社 (53)

190825-伏見稲荷大社 (54)

190825-伏見稲荷大社 (58)

190825-伏見稲荷大社 (61)

190825-伏見稲荷大社 (65)

つづら折れの山道に、
どこまでも鳥居が立ち並んでいるんですよね・・・

190825-伏見稲荷大社 (66)

[奥宮]から、歩いて20分ほど・・・

190825-伏見稲荷大社 (67)

急に景色が開け、“四つ辻”という場所に出ます。
文字とおり、4つの道に分かれています。
1つは、いま登ってきた道。
1つは荒神峰(田中社)へ続く石段。
2つは“稲荷山”へと続く道・・・

190825-伏見稲荷大社 (68)

茶屋を挟んで左右へと別れていますが、
今回は左の下っていく道へ、時計回りで山頂を目指します。

190825-伏見稲荷大社 (70)

190825-伏見稲荷大社 (71)

こちらは、より山深い所で立ち入っていく感じになります・・・

190825-伏見稲荷大社 (72)

190825-伏見稲荷大社 (73)

190825-伏見稲荷大社 (75)

190825-伏見稲荷大社 (74)

すぐ脇に湧き水が流れている所を歩きます。
しばらく、ゆるい下りと平坦な道が続き、
やがて“御膳谷奉拝所”があります。
そこでは“稲荷山”の御朱印が頂けるけど、
9時からしか開いてないので、今回は断念。

190825-伏見稲荷大社 (77)

190825-伏見稲荷大社 (78)

下った分は登らないと行けないんですが、
こちらからの道は、けっこうアップダウンがあるんですよね・・・

190825-伏見稲荷大社 (79)

190825-伏見稲荷大社 (80)

190825-伏見稲荷大社 (81)

190825-伏見稲荷大社 (82)

190825-伏見稲荷大社 (83)

190825-伏見稲荷大社 (84)

190825-伏見稲荷大社 (85)

さすがにまばらになってきたけど、
それでも山奥へと続いていく鳥居。
まもなく、急で真っ直ぐな石段があるんですが、
その手前で・・・

190825-伏見稲荷大社 (87)

朝陽が射し込んで来ました・・・

P_20190825_伏見稲荷大社 (5)

P_20190825_伏見稲荷大社 (6)

P_20190825_伏見稲荷大社 (7)

途中から、ずっと薄暗い中を歩いてきたから、
陽射しで前が照らされるのは、ちょっと嬉しい。
行く道を見ると・・・

190825-伏見稲荷大社 (88)

190825-伏見稲荷大社 (89)

急で真っ直ぐに登っていく石段。
ですが、これを登りきれば!

190825-伏見稲荷大社 (90)

190825-伏見稲荷大社 (91)

急な所を登りきって、少し緩やかになってきた頃
“四つ辻”から30分くらいですかね・・・

190825-伏見稲荷大社 (92)

190825-伏見稲荷大社 (93)

P_20190825_伏見稲荷大社 (8)

“一ノ峰”にある[上ノ社]に着きました。

190825-伏見稲荷大社 (95)

「山頂」ですね(笑
標高233mあるそうです。
また来られた事に大満足!

少し休憩して下山する事になるんですが、
ここまで登ってきたという事は・・・

190825-伏見稲荷大社 (99)

もちろん、その分だけ下る事になりますよね。

190825-伏見稲荷大社 (102)

190825-伏見稲荷大社 (110)

190825-伏見稲荷大社 (113)

190825-伏見稲荷大社 (116)

急な坂をくだりながら、自然と急ぎ足になり・・・
15分くらいで、先程の“四つ辻”へ戻ってきました。
これでグルッと一周してきました。
が・・・

190825-伏見稲荷大社 (117)

さらに下っていかないと行けないですよね、
地味に足にくるんだよね・・・

190825-伏見稲荷大社 (101)

改めて振り返ってみると、けっこう急ですよね、
降りていくのが惜しいような・・・

190825-伏見稲荷大社 (123)

190825-伏見稲荷大社 (128)

190825-伏見稲荷大社 (130)

さらに下って15分ほど、[奥宮]の所まで戻ってきました。
まったく混んでなかったので、こちらへ戻ってきたけど、
混んでいる時は違う道へ誘導されますね。

P_20190825_伏見稲荷大社 御朱印 (2)

来る時は開いてなかった
[奥宮]の社務所で御朱印をいただいて
鳥居をくぐって行きます・・・

190825-伏見稲荷大社 (131)

・・・誰も居ないですね。
と、いう事は?
振り返ってみると、もしかして・・・

190825-伏見稲荷大社 (135)

狙った通りの景色でした。

190825-伏見稲荷大社 (138)

人が増え始めたのを後にしてさらに進み、
来る時はまだ開いてなかった
[本殿]の近くの社務所で・・・

P_20190825_伏見稲荷大社 御朱印 (1)

こちらの御朱印をいだいて・・・

190825-伏見稲荷大社 (143)

出てきました。

ここまで2時間ちょっと、
“稲荷山”への登拝はちょっと急ぎ足だったけど、
混み始める前の静かな時に参拝できたし、
それこそ”同じ方向に歩く人がめったに居らず、
すれ違う人もチラホラ・・・
いい時に来る事が出来ました。


この後は[大神神社]へ向かいます・・・
( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3086.html )
お時間がある時にでもお付き合いください。
[ 2019/08/25 08:32 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

松田町[西平畑公園(松田山ハーブガーデン)]の河津桜を見に行ってきました 19/03/05

190304-松田山 河津桜 (1)

神奈川県松田町で行われている“まつだ桜まつり”にやってきました。

190304-松田山 河津桜 (3)

会場はこちら、小田急線の新松田駅から歩いて15分くらいの所にある[西平畑公園]、
園内に[松田ハーブガーデン]が併設されている所です。
遠目に見ると一面がピンク色になっているんですが、
行ってみると・・・

190304-松田山 河津桜 (8)

190304-松田山 河津桜 (12)

満開の見頃に間に合ったようです。

190304-松田山 河津桜 (13)

190304-松田山 河津桜 (15)

前日までの2日間、
しっかり雨が降っていたせいか、散りはじめてもいるけど・・・

190304-松田山 河津桜 (17)

しばらくは桜の木の下を登っていきます・・・

190304-松田山 河津桜 (20)

190304-松田山 河津桜 (31)

190304-松田山 河津桜 (168)

途中からは、河津桜の下に葉の花も・・・

190304-松田山 河津桜 (165)

見上げてみると、青空も含めて黄色・ピンク色・青色のコントラスト。

190304-松田山 河津桜 (32)

190304-松田山 河津桜 (33)

190304-松田山 河津桜 (36)

190304-松田山 河津桜 (43)

190304-松田山 河津桜 (45)

190304-松田山 河津桜 (46)

190304-松田山 河津桜 (48)

190304-松田山 河津桜 (49)

190304-松田山 河津桜 (52)

散策路も全体の3分の2を過ぎると、
木の上に出る所も増えてきます・・・

190304-松田山 河津桜 (58)

190304-松田山 河津桜 (61)

190304-松田山 河津桜 (66)

木々の間から、眺望がひらける所も・・・

190304-松田山 河津桜 (67)

190304-松田山 河津桜 (71)

上にだけあった桜の木が、下に多く見えるようになると・・・

190304-松田山 河津桜 (72)

190304-松田山 河津桜 (74)

散策路も終点・・・

190304-松田山 河津桜 (76)

190304-松田山 河津桜 (80)

ここは富士山を望む絶好の場所でもあるけど、
ちょっと雲が多いですね。
もう少し散歩でもしましょうか・・・

190304-松田山 河津桜 (87)

190304-松田山 河津桜 (89)

この眺望台から見る景色もいいんですよ・・・

190304-松田山 河津桜 (93)

190304-松田山 河津桜 (92)

左右には木彫りの天使がいますね。
正面を見ると・・・

190304-松田山 河津桜 (95)

桜の上から足柄平野を一望・・・
快晴なら、その先には相模湾、さらに伊豆大島まで望めます。

190304-松田山 河津桜 (97)

190304-松田山 河津桜 (98)

反対側に見えたのは、こちら[松田山ハーブガーデン]。
建物の下はイベントスペース、この日は屋台村に。
建物の中は喫茶店やお土産屋さん、建物の向こう側はハーブ園になっています。

190304-松田山 河津桜 (111)

190304-松田山 河津桜 (109)

散策路の下の方では花が散りはじめていたし、
緑の葉っぱも目立っていたけど、
上まで来ると、まだ散りはじめてない木がほとんど、
まさに「満開見頃」、いい機会を得られました。
しばし満開の河津桜に見惚れながらの散歩、
青空にピンクが映えますね。
休憩も含めて1時間ほど、ぶらぶらしていると・・・

190304-松田山 河津桜 (130)

190304-松田山 河津桜 (131)

雲が切れてきて、富士山がかなり見えるように・・・

190304-松田山 河津桜 (135)

190304-松田山 河津桜 (149)

190304-松田山 河津桜 (171)

190304-松田山 河津桜 (179)

やっぱり・・・満開の河津桜と一緒に、富士山を撮りたかった。
天気予報や雲量予報を見ながら『もしかしたら見えるかな・・・?』と思っていたけど、
粘りがちです(笑

ここから来た道を折り返し、帰路につきました。
昨年はタイミングが合わず来られなかったので、
2年ぶりに来たけど、今回もいいタイミングで来られました。
某テレビ局の天気カメラがハーブガーデンに設置されていて、
見頃になると天気予報などで紹介してくれるので、
分かりやすいのも、ありますけど。
やっぱり満開の時に見に来たいですよね、
また来年も機会を合わせて来ようと思います。
[ 2019/03/05 11:18 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

静岡県唯一の“国宝”[久能山東照宮]へ行ってきました 19/01/05

こちらから続いています→( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3008.html )
よろしければお付き合いください。

この日は、朝から[日本平ホテル]と[日本平夢テラス]から富士山の絶景を望みました。
次に向かう所は・・・

190105-日本平ロープウェイ (3)

こちら[日本平ロープウェイ]に乗って・・・

190105-日本平ロープウェイ (1)

190105-日本平ロープウェイ (2)

ここ、“日本平”の向こうにある“久能山”を目指します。

190105-日本平ロープウェイ (4)

190105-日本平ロープウェイ (11)

ロープウェイに乗って5分ほどでやってきたのは・・・

180110-久能山東照宮 (143)
(18.01/10 本人撮影)

ここは人が多くて、うまく撮れなかったので画像を差し替えますが・・・

190105-久能山東照宮 (1)

こちら[久能山東照宮]です。

190105-久能山東照宮 (2)

「東照大権現」、徳川家康を祀り、そのお墓がある所です。
見えているのは[楼門]、その先も急な石段を100段ほど上り・・・

190105-久能山東照宮 (7)

正月だけは、正面にある[唐門]をくぐり参拝できます。

190105-久能山東照宮 (15)

190105-久能山東照宮 (10)

190105-久能山東照宮 (18)

190105-久能山東照宮 (19)

190105-久能山東照宮 (20)

壮麗豪華は[唐門]をくぐると[拝殿]、
その後ろに重なるように[本殿]があるんですが・・・

180110-久能山東照宮 (80)
(18.01/10 本人撮影 )

この日はさすがに人が多くて、
うまく撮れなかったので昨年の画像で差し替えますが・・・
実は、境内が狭いので
こんな形でしか撮れないんですよね。
正面からは[唐門]に重なる、脇からだとこれ以上は下がれない・・・
非常にもったいないと来るたびに思うんですが・・・

190105-久能山東照宮 (36)

190105-久能山東照宮 (21)

190105-久能山東照宮 (37)

190105-久能山東照宮 (38)

190105-久能山東照宮 (39)

1617年に完成した社殿は、“権現造”という様式の最初。
17年後の1634年に[日光東照宮]は、
ここの造りを踏襲して大改修を施しています。
[本殿]の左側へ行くと・・・

190105-久能山東照宮 (24)

こんな景色・・・

190105-久能山東照宮 (22)

“孔雀”と・・・もうひとつは“雉”?だったっけ・・・

190105-久能山東照宮 (23)

さらに“獅子”ですね。
そして、この奥に・・・

180110-久能山東照宮 (93)
(18.01/10 本人撮影)

[廟門]があるんですが、そこには・・・

190105-久能山東照宮 (25)

190105-久能山東照宮 (26)

これは“牡丹”・・・
先ほどからの孔雀、雉、獅子、そして牡丹、全部意味がありますね。
急な石段を上がって先へ進むと・・・

190105-久能山東照宮 (27)

190105-久能山東照宮 (30)

見えてくるこれ・・・

190105-久能山東照宮 (31)

[神廟]といい、徳川家康公のお墓になります。
よく「日光東照宮にある」と言われるんですが、
日光には“墓”や、それを示す“廟”とつく建物が全くないんですよね・・・
墓と言われているのは“塔”となっています。
本来、墓に塔とは名付けないんですよね・・・
この点は、ほとんど話題にならない所なんですが、面白いですよね。

話がそれちゃいましたが、
[神廟]から道は来た道を折り返し。
混んでいる中だったので、いい画像は撮れないまま・・・

190105-久能山東照宮 (47)

190105-久能山東照宮 (48)

こちらは[楼門]のすぐ右下、
徳川家康の手形があるんです。
いつも自身の手と並べたり合わせたりするんですが、
それほど大きくないんですよね。

190105-久能山東照宮 寒桜 (3)

190105-久能山東照宮 寒桜 (4)

その、すぐ向かいにある“寒桜”・・・

190105-久能山東照宮 寒桜 (5)

190105-久能山東照宮 寒桜 (9)

何度か1月に来ているけど、いつもチラホラと咲いているんですよね。
今年も、今年始めての桜の花見はここになりました(笑

ロープウェイで“日本平”へ戻る前に、
ちょっとだけ“参道”を歩こうと思い、
石段を100段ほど下って[一ノ門]まで。
そこを出ると・・・

190105-久能山東照宮 (55)

眼前にはこのような広い景色・・・
太平洋の水平線が一望できます。

190105-久能山東照宮 (52)

190105-久能山東照宮 (53)

ビニールハウスがびっしりと、
このあたりの名産“石垣いちご”のものですね。
で・・・

190105-久能山東照宮 (57)

真下を見ると、こんな感じ。
石段がずーっとつづら折れになって続いているのが見えると思いますが、
[久能山東照宮]の参道は、この1本、
[拝殿]前まで1159段あります。
この日も、こちらからの参拝を考えたのですが、
交通手段の時間が合わず断念。
ロープウェイでショートカットしたけど、
また石段を上って参拝をしたいですね。

昨年は1159段の石段を上がって参拝をしています、
興味があれば、そちらの様子もお付き合いください。
2018年1月10日[久能山東照宮]へ行ってきました
( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-2924.html )


[ 2019/01/05 11:34 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

静岡“日本平”の新展望施設“夢テラス”から富士山の眺望 19/01/05

こちらから続いてます→( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3007.html )
URLをクリックすると移動できます、よろしければお付き合いください。

この日、最初に立ち寄った[日本平ホテル]を後にし、
歩いて10分はかからないですね・・・

190105-日本平夢テラス (33)

190105-日本平夢テラス (5)

こちら[日本平夢テラス]にやってきました。
オープンしたのが昨年の11月、
まだ出来て間もない施設です。
1階から入ってみると・・・

190105-日本平夢テラス (7)

いきなり目についたのが、この面白い光景。
上を見ると・・・

190105-日本平夢テラス (8)

吹き抜けの空間に、木をふんだんに使った温かみのある造り。
1階は“日本平”の案内や今に至るまでの歴史の紹介。
2階には眺望抜群のカフェが併設されました。
そして3階は展望フロアになっていて・・・

190105-日本平夢テラス (9)

テラスからは庭園を挟んだ向こうに富士山を望むように。
ちなみに右側は桜なんですよね、春はキレイな景色が見られそうです。

190105-日本平夢テラス (14)

外側も木をふんだんに使っていますね。
展望フロアから回遊できる形での展望デッキが続いていて・・・

190105-日本平夢テラス (15)

[夢テラス]の後ろから富士山を見てみると、こういう感じ。
見えている景色は東側になります。
北側を見ると・・・

190105-日本平夢テラス (17)

この景色、画像でいうと左側は今までこの界隈からは見られなかった景色で・・・

190105-日本平夢テラス (19)

190105-日本平夢テラス (20)

静岡駅方面の市街地が見られます。
夜間営業の時など、ここから見る夜景はキレイなんだと思います。

190105-日本平夢テラス (21)

西側の景色、下に見えている建物は[日本平ロープウェイ]の日本平駅。
海は太平洋で・・・

190105-日本平夢テラス (22)

その先には焼津市や御前崎まで見えています。

190105-日本平夢テラス (23)

190105-日本平夢テラス (30)

この大きな送信塔の周りを1周できる形で回遊デッキがあるんですけど、
以前のここは静岡のテレビ各局の送信塔が立ち並ぶ所でした。

20090104-日本平山頂 (3)
( 09.01/04 本人撮影 )

“地デジ化”で、いまも残る塔に集約され、
その後はしばらく手付かずでしたが、
富士山の眺望を活かした観光施設として整備されました。

この回遊デッキと接続する形で・・・

190105-日本平夢テラス (26)

こちら、“日本平”の山頂に行くことが出来ます。

190105-日本平夢テラス (27)

190105-日本平夢テラス (28)

富士山がキレイですね、
ほんと天気に恵まれて良かった。

190105-日本平夢テラス (29)

距離も近いので、ほんの少しズームをするだけで、こんな景色。

190105-日本平夢テラス (35)

回遊デッキを下から見ると、こんな感じ。
鉄骨組みだけど、それを覆うように木が使われていて、
金属の冷たい印象は皆無です。

190105-日本平夢テラス (44)

[夢テラス]とは反対側の下から見ると、こんな感じ。
以前と比べると・・・

110104-日本平 (1)
( 11.01/04 本人撮影 )

印象が大きく違いますね。

ここ“日本平”は、富士山を望む景勝地として有名・・・な、はずなんですが、
文字とおり「景色を望む」だけの印象で、
長い時間はとどまる所ではなく、通過点や折り返し点という感覚でしたが、
[夢テラス]が出来たことでイメージが変わると思いますし、
すぐ近所のあって、これから整備が進む
[日本平ロープウェイ]の日本平駅がどうなるのか、
さらに期待をもたせてくれる事になると思います。


この先は、ロープウェイで静岡県唯一の国宝[久能山東照宮]を目指します。
( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3009.html )
↑ クリックすると移動します、お時間がある時にでもお付き合い下さい。
[ 2019/01/05 10:01 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

19/01/05 [日本平ホテル]の庭園から望む富士山

P_20190105_052212

青春18きっぷを使って、日帰りでちょっとお出かけして来ようと思います。

P_20190105_052144

横浜駅から東海道線に乗り、2度の乗り換えを挟んで・・・

P_20190105_080930

P_20190105_080921

朝の8時過ぎの静岡駅に到着。
ここから・・・

P_20190105_081057

路線バスに乗って40分ほど、やってきたのは・・・

190105-日本平ホテル (2)

こちら[日本平ホテル]さん。
この向こう側にある庭園が、最初の目的地になります。
正面玄関からロビーに入ると・・・

190105-日本平ホテル (3)

190105-日本平ホテル (4)

この景色。
ロビー階は2階にあたるんですが、
下の階から吹き抜けた空間全体をフレームに見立てて鑑賞できるような造りなんです。

外に出てみると・・・

190105-日本平ホテル (7)

190105-日本平ホテル (8)

広い庭園の向こうに富士山が見えるんですね。

190105-日本平ホテル (26)

190105-日本平ホテル (27)

少し違う角度から見ると、芝生の向こうに富士山。
この日は、吹き流すような笠雲つき、
キレイに見えていました。

190105-日本平ホテル (10)

冬は富士山が一番キレイに見られる時期なんですが、
それ以外にも、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉と一緒に
富士山が見られるのもおすすめの場所です。


この先は、“日本平”山頂にできた展望施設[夢テラス]と、そこからの眺望を見に行きます。
( http://50u1710.blog.fc2.com/blog-entry-3008.html )
↑ クリックすると移動します、お時間がある時にでもお付き合い下さい。



[ 2019/01/05 09:45 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

万国博覧会展@美術愛住館へ行ってきました

P_20181125_141829_1

今日は、四谷三丁目駅の近くにある、
[美術愛住館]という所までやってきました。
こちらで行われていた・・・

P_20181125_141856

“万国博覧会”展を最終日に見てきました。
タイミングよく、2日前に2025年大阪万博招致が決定した後という事で・・・

P_20181125_141928

招致ポスターに「開催決定!!」のステッカーが貼られていますね。

P_20181125_142040

エントランスと、展示室には
当時の60年大阪万博で使われたホステスさん(=いまでいうコンパニオン)の
制服も展示されていました。

イチバン目を引いたのは・・・

P_20181125_180329

このジオラマ・・・

P_20181125_180422_PN

P_20181125_143226

P_20181125_142318

万博中央口から見た所です、
左手前のオレンジ屋根が、万博中央駅。
その先にある・・・

P_20181125_143413

P_20181125_170343

P_20181125_143348

“太陽の塔”ですね。
当時はここに大屋根がかかっていたんですよね。

P_20181125_170648

P_20181125_170709

P_20181125_142913

P_20181125_143112

P_20181125_171226

P_20181125_170002

ペーパークラフトで作られたとは思えないんですが・・・
精巧さ、この大きさ、迫力満点!
大阪の某所で展示されていたのは知っていたのですが、
これを、気軽に行ける所で見られるとは思わなかったですね。
保存や運搬の苦労話、
さらなるジオラマの増設も目指している事など、
作者さんとも、少し話をする事もでき楽しい時間を過ごす事もできました。

この日は・・・

P_20181125_141842

会期中に行われていた堺屋太一さんの講演会も、
この日が最終回・・・

P_20181125_150236

整理券30席分は、配布からほどなく終了したとの事。
それに招待者さんや、立ち見でプラス40人ほどでしょうか、
最終回という事や、2025の大阪万博招致が決まったという事もあってか、
このフロアが人でいっぱい。
講演は予定時間を15分ほどオーバーするだけでなく、
その後も即席サイン会で、さらに30~40分・・・大盛況でした。

大阪では、大阪万博招致決定で盛り上がっているけど、
こっちでは残念ながら全く・・・という状況。
これから、このような展示が数多く行われ、
少しでも感覚の差が埋まって、
2025年大阪万博が盛り上がるきっかけになれば、いいんですけどね。
[ 2018/11/25 23:09 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

帆船“ドラえもん”丸?と[大桟橋]の立入禁止区域


横浜[大桟橋]にやって来ました。
今日は普段立入禁止区域になっている所がイベントで開放されているので、
ちょっと散歩ついでに・・・と思ったんですが、
最初に見えたのが・・・

180225-帆船ドラえもん (1)

180225-帆船ドラえもん (2)

この帆船。
“ドラえもん”の映画とタイアップしたもので、
2度目の横浜入港です。

180225-帆船ドラえもん (3)

180225-帆船ドラえもん (4)

180225-帆船ドラえもん (5)

180225-帆船ドラえもん (6)

マストなどに“ドラえもん”の帆や旗が。
当日は、船内の一般公開も行われていましたが
その整理券を求める長い列が出来ていて、乗船は断念しました。
・・・まぁ、小さいお友達が優先ですし(汗

もうひとつ、[大桟橋]の立入禁止区域とは・・・

180225-帆船ドラえもん (14)

ここの事。
定期的にイベントが行われている場所ですけど、
ここは停泊した船への荷揚げなどに使われるエリア。
乗客は2階の客船ターミナルから直接PBBで乗船・下船しますが、
荷物などはこの1階の“エプロン”、いわゆる“岸壁”を使います。

180225-帆船ドラえもん (19)

開放されていたエリアの一番奥まで行って、
振り返ると、こんな見え方。

180225-帆船ドラえもん (20)

客船ターミナルの下に入り込んでみると、こんな感じ。

180225-帆船ドラえもん (15)

180225-帆船ドラえもん (17)

この日は山下公園側が開放されていたけど、
目の前には[氷川丸]と[横浜マリンタワー]、
普段は客船ターミナルの上から見てるけど、
ちょっと見え方が変わりますね。


[ 2018/02/25 13:05 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)

“京急”開業150周年記念乗車券

[京浜急行]が、その前身となる路線が開業してから
120周年を迎えたという事で、
その記念企画がいくつか告知されていました。

ラッピング列車やイベント列車の運行などは・・・
まぁ、鉄道ファンにとっては、ある意味「既定路線」。
記念企画=鉄道ファン中心・・・みたいな印象が強いんですが、
京急は、そんな事ありませんでした。

中でも、大きな話題になっていたのが・・・

180225-京急 記念乗車券 (4)

これ。
京急無料乗車券と、グループ優待券の無料配布。
その数、なんと120000セット!!

乗車券・・・ではなく、
正確には“優待”乗車証は・・・

180225-京急 記念乗車券 (8)

こちらの2枚セット。
京急全線で使えるもので片道分✕2枚。
ちなみに、イチバン料金が高いのは羽田空港国際線ターミナル駅→三崎口駅間の1030円(片道)。
距離が長いのは泉岳寺駅→三崎口間、ここだと930円(片道)。
仮に、120000人分✕2枚の全部が、
イチバン高い所を往復で利用したとすれば・・・
最大で247000000円分を無料にした事になります。

180225-京急 記念乗車券 (6)

優待証を入れていた袋の表面、横にして撮ってます。
上には大師(現、川崎大師駅)・稲荷橋(現、穴守稲荷駅)、
下には品川・蒲田・川崎・鶴見・新子安の文字が読み取れます。
社史を見てみると、当時は品川駅から南端は神奈川駅だった様で、
横浜駅までは開業していなかった頃です。
後に横浜駅へ乗入れ、さらに南側にあった他社線へと乗入れ、
現在イメージされる路線を形造る事になります。

180225-京急 記念乗車券 (7)

裏面も、今回だけの特別パッケージです。

180225-京急 記念乗車券 (5)

こちらは優待券。
系列のホテルの宿泊料金割引、
百貨店やストアー、ショップでの割引や購入特典、
レジャー施設の割引券や特典など。
金額ではかなわないけど、
種類や使える場所の多さは、株主優待券とくらべても遜色ない内容だと
個人的には思います。

これらの無料配布は、駅や沿線の百貨店やストアー、合計10ヶ所で行われました。

自身は横浜駅で頂きましたが・・・

180225-京急 記念乗車券 (10)

駅改札口や配布場所には、このポスターが。
さらに・・・

180225-京急 記念乗車券 (3)

ちょっとビックリしましたが、
横浜駅は一番配布枚数が多かった事もあったせいか、
配布開始前に長い行列になっていた様です。
10:20頃に配布場所へ行って、
行列に並ぶのを覚悟していたんですが・・・

180225-京急 記念乗車券 (16)

180225-京急 記念乗車券 (18)

案内に誘導されるがまま、歩いて行き・・・
実は立ち止まる事なく、5分ほどで受け取れました。

誘導されている社員さんは・・・

180225-京急 記念乗車券 (12)

こちらのネームプレートをしていましたね、
記念に欲しかったです(笑

この水引を使ったデザイン、
先のポスターやHPなどでも使われているけど、
これを用いたグッヅがあれば・・・と思います。



[ 2018/02/25 10:31 ] おでかけ | TB(-) | CM(0)